TPP・西川氏/教育改革・遠藤氏 本命? 変わる論功行賞 集票より政策重視

『安倍晋三首相が9月上旬にも行う内閣改造で、教育や農業など安倍政権の
 看板政策を支えた自民党議員への「論功行賞」が注目されている。政策実
 現に向け入閣待望議員を党の重要ポストに配置し、推進役になってもらう“安
 倍流”人材登用。ただ、ニンジンをぶら下げた格好でもあり、改造でぞんざい
 に扱えば「反安倍」の急先鋒(せんぽう)になりかねない。(水内茂幸)』

『訪米した自民党の西川公也TPP対策委員長は15日(日本時間16日)、ワ
 シントンで米通商代表部(USTR)のフロマン代表と会談し、難航する日米間
 の関税交渉で米側の譲歩を促した』

『維新との連携を模索したい自民党の思惑もあって、自公の与党協議は紛糾。
 両党の間で奔走したのが、自民党教育再生実行本部長の遠藤利明氏だ。

 遠藤氏は当選6回で、首相とは初当選が同期。従来の教育長と教育委員長
 を統合する「新教育長」ポストをつくり、首長に任免権を与える新たな教育委員
 会制度を考案。教育委は引き続き教育行政の執行機関と位置づけた』

『「今回(の内閣改造)はあくまで政策の精通度が物差しだ」。首相周辺はそう語
 る。第1次内閣では総裁選の「票」が論功の対象だったが、次は「政策」が基準
 になるというのだ。

 集票力でなく、政策調整力で判断できるのは、政権基盤が安定しているからこ
 そ。ただ、「入閣適齢期」の議員が多くいるだけに、論功行賞の行方次第で党内
 の不満が一気に噴き出しかねない』



相も変わらず。。御用新聞・御用ジャーナリズム
 によるプロパガンダ・提灯記事が紙面を飾っている


昭和の香りがプンプン
 論功行賞?
だいたい、政策は官僚が100%
  制度を作ったのも間違いなく省庁だ。。ウソ書くな


こんな内閣。。こんな首相に尻尾振り
 大臣になれなきゃ、選挙に通らない連中が
  数十人、いやほんとは百数十人いる訳で
   あとは、大臣に任命に及ばない当選回数の 
    議員ばかりだから、致し方ないが。。




クールビズの次は電柱廃止 小池百合子入閣アピールに躍起〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140720-00000002-sasahi-pol

『秋にも行われる内閣改造の女性入閣枠を巡り、熾烈なバトルが繰り広げられて
 いる。

 安倍政権は成長戦略で「2020年までに指導的地位に占める女性の割合を3割
 にする」とうたっている手前、次の組閣では女性議員を優遇せざるを得ない。18
 人の大臣枠の約3割となると女性議員5~6人を入閣させなければならないという。

 「最多は小泉政権時代の5人なので下回る訳にもいかないでしょう。最有力候補
 として小渕優子の名前が挙がっているが、首相が少子化担当相の再登板を打診
 したら、固辞したそうです。総務会長の野田聖子は安定感がありますが、首相の
 悪口を最近、言ったことが災いし、入閣は絶望視されています」(官邸関係者)

 自民党の女性議員は衆参合わせて40人で、1回生議員を除く、23人での争奪戦
 となる。

 高市早苗政調会長、安倍首相を信奉している丸川珠代、片山さつき参院議員ら
 の名前も囁かれる中、環境相、自民党総務会長などを歴任した小池百合子広報
 本部長が、猛アピールを開始したというのだ』



大臣にならないと
 選挙に通らない。。
  議員内閣制廃止せよ!
   国会議員は立法機関
    での活動に専念すべきだ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪都知事選造反の人気議員・大物議員には一切お咎め無し≫<本当に上辺だけの力も無くなった>【劣化・落日の自民党=ただの肥大化政党に】


都知事選「造反」の進次郎氏は“無罪放免”!!自民が「処分」見送り

『自民党執行部は二月九日に投開票された東京都知事選をめぐり「都内在住支援
 者100人名簿」提出の“指令”に従わなかった国会議員の「処分」を検討し
 ていたが、結局、具体的なペナルティーを課すことは見送ることにした。執行
 部が名指しで「けじめ」をつけさせる可能性を示唆していた小泉進次郎復興政
 務官も“無罪放免”となった。やはり党内随一のホープ、人気者は軽々に裁け
 ないということか…。
 先の都知事選の際に自民党執行部は、当選した舛添要一氏を支援するため、所
 属国会議員(都連所属除く)に、それぞれ最低100人の都内在住支持者の名
 簿を提出するよう指示した。

 ところが選挙戦序盤からマスコミ各社の世論調査で「舛添氏が圧倒的優位」と
 いう状況が続いたことで危機感が足りなかったのか、議員の名簿提出の出足は
 鈍かった。このため、石破茂幹事長が未提出者に対し「自らの選挙との自覚の
 もと、全党を挙げて戦い抜く」とする督促文を送付したほどだ』



まず。。都知事選で
 都内在住100人名簿
  提出させることこそが
   無我夢中・必死だった訳で


党本部が情報確保して
 いてしかるべきだったと思うが


その指令に従わなかった議員
 が存在したというのはより情けない



『舛添氏が「自民党候補」といえども、進次郎氏にとっては敬愛してやまない父
 親の「敵」である。むろん援護射撃するわけにはいかず、党執行部からの支援
 者名簿提出の指示を拒否せざるを得なかった。都知事選をめぐって執行部に事
 実上「造反」した形だった。

 自民党関係者によると、センセイたちの困ったときの常套句である「秘書が…
 」と“過失”で支援者名簿の提出を失念したと説明した議員も複数いた。一方
 で確信犯的に名簿を提出しなかったとされる議員には、進次郎氏のほか「脱
 原発」の急先鋒たる河野太郎衆院議員も入っていたという』



小泉進次郎を上回る得票数
 河野太郎も公然と造反なのか


面白い!
 小泉進次郎・河野太郎
  神奈川選出。。人気議員の双璧


彼らを叩き出したら
 自民党は、人気議員ほぼ皆無
  の若手未熟議員中心の肥大化政党



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大臣にもなってない。。入閣など
 当分無さそうなのに、全国最高得票
  河野太郎議員。。絶大な信頼を勝ち
   取っている、ということなのだろう。。


今のところ。。動きが注目されるのは
 この河野太郎、そして小泉純一郎一派
  の尖兵としての小泉進次郎ぐらいか。。

関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/958-e977d452