<滋賀県知事選>県政巡る論戦低調 「国政の代理戦争」に

『◇支持広げた三日月氏の訴え「琵琶湖の環境を守る」

 国政選挙が当面ない中、与野党が対決した滋賀県知事選は「国政の
 代理戦争」の様相を呈した。選挙戦では、県政を巡る論戦は低調で、
 集団的自衛権の行使を容認する閣議決定などに多くの時間が割かれ
 た。重要課題を性急に進める安倍政権に、有権者が慎重な判断を求め
 る結果となった』



昨夜。。通常の選挙に比べて
 当確が出るのが遅かったようだ
  それだけ接戦でもあったのだ


当初から嘉田前知事後継の三日月氏
 が優勢だった訳ではなく、一週間前まで
  は自民・公明推薦候補と拮抗・互角だった


恐らく、投開票当日が全てを決めた
 といえる選挙だったのではないだろうか




『三日月大造氏は民主党の推薦を断り、草の根選挙をアピール。後継指
 名した嘉田由紀子知事と、元知事の武村正義元官房長官が選挙戦を
 支えた。2人とも自民系の現職を破って知事に就任し、環境保護に取り
 組んだ実績を持つ。それを継承し、「経済成長より琵琶湖の環境を守る」
 という三日月氏の訴えは支持を広げた。三日月氏を支えた武村氏は「多
 数を占めるとすぐ傲慢になる。安倍政権はその典型。国も県も同じだ」と
 県政に結びつけて批判した。

 小鑓隆史氏は元経産省官僚の経歴を前面に出し、「アベノミクス」の成果
 を訴えた。1300件の企業・団体推薦を得て、後援会員も3万5000人に
 上った。

 自民党の石破茂幹事長は13日夜、今後の政権運営への影響について
 「我が党が全面支援した候補が敗れたことは重く受け止める。『地方のこ
 とだから』と等閑視するような姿勢は厳に戒めるべきだ」と警鐘を鳴らした』



知名度の差で、と自民党幹部や大新聞
 しかしそれは違うだろう。。自民党幹部や
  現職閣僚も応援に駆けつけたはずなので
   それは当らない。。何といっても注目は


投票率の低さだ!西宮市長選挙を
 思わせて、非常に興味深いといえる


投票率は50.15%。。前回は
 参院選との同日選で61.56%
  投票率は低かった!つまり
   自公断然有利!勝ちパターンのはず
    しかし、投票率が低く。。組織票が
     ものを言うはずの選挙で、自公敗北!!


反既成政党。。反組織選挙
 の投票になったともいえる選挙


いや、公明党の母体創価学会票が
 充分に機能しなかったともいわれる

  むしろ、そのほうが興味深く。。自民
   から創価学会票を引き剥がしたときの
    青写真が透けて見えるという訳だ


それと。。三日月候補は民主党の
 推薦を断っているから、民主党などは
  絶対に勝ち馬に乗ってもらっては困る!


小生。。以前から言っており
 この点には確信があるという訳だ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪間違いなく、自民党安倍政権は。。公明党何よりもその背後の創価学会の離反が恐ろしいはず≫【自民党の選挙という選挙は崩壊し。。安倍政権は一瞬で、もんどりうって倒れる】


集団的自衛権 「創価学会の言うままでないだろう」 石破氏、公明を牽制

『自民党の石破茂幹事長は18日、公明党の支持母体の創価学会広報室が
 集団的自衛権の行使容認には「憲法改正が必要」との見解を示したことに
 ついて「公明党の判断に全く主体性がなくなり、支持母体の言うままだとい
 うようなこともないだろう」と述べ、20日から始まる与党協議に前提条件を
 付けないよう公明党を牽制(けんせい)した。都内で記者団に語った。

 また、高村正彦副総裁も18日、相模原市で記者団に「(行使容認に)かなり
 慎重なのはそれなりに分かっていた」と指摘した上で、「政党同士で話し合っ
 ていくことに尽きる」と強調した。与党協議への影響は「協議に入らないとわ
 からない」と述べた』


それ見ろ!やっぱり痛い!!
 それどころか。。パニックに近い


しかし、肝心の創価学会・公明党
 これが安心出来ないのも確かな訳で


今、現時点では。。安倍政権に
 取って代わる勢力は自民党にも
  野党各党にも出現していない


これが、こんな酷い政権が
 生き延びることを可能にしている
  最大の要因なのである。。
が!!

かといって、このまま手を
 こまねいている訳にもいかない


やがては、野合に過ぎないにせよ
 野党各党の連携も出てくるはずなのだ


公明党よ。。安倍晋三とは
 どこまで行っても、絶対に合わない


連立から離脱すべきなのだよ

しかし、公明党・創価学会には
 政権に居続けることが、極めて
  魅力的に映っているようである


政権に物言える政党公明党そして
 創価学会の現世利益。。つまり
  信徒の商売にも好影響があるから?


しかし、現状。。全く何も
 要求通っていないではないか


公明党が自民党・民主党と
 三党合意でゴリ押しした消費税増税
  それで信徒たちの生活も窮地に陥る

全て洗いざらい懺悔して
 間違いは間違いと悔い改め
  連立から離脱すれば。。道が開ける


国民が許さない?悪いけど
 公明党に投票するのは
  創価学会信徒と彼らに頼まれた
   人々だけなのは、明らかであり


創価学会という偉大なる固定票
 実質これのみでしょ?創価学会と
  一心同体というより一部・下部組織


統一地方選などそれほど恐くないはず
 国民が許さない、というなら消費増税
  など、絶対やれなかったはずなのだよ


小生も。。現状みる限り
 安倍政権にズルズル引きずられると
  思うが。。何故なのか理解に苦しむ


選挙協力を断ち切られると
 困るのは。。いや瞬時に終わるのは
  自民党なのは確実であり。。
   公明党・創価学会は自民と絶縁して
    もそれほど困りもしないはずだが。。


何度も言ってきている

公明党の公約は、
 自民党とは全然違う


何故、自民党に
 くっついているのか


政権・そして政党の器だ
 政党の器。。それは議員数


それさえ担保されれば
 公明党は、いつでも
  政策の違う自民党から離れる


なぜ、消費税増税に
 公明党は加担したのか


小沢一郎代表の目指す
 野党共闘・野党連合に
  なぜ、擦り寄ってこないのか


それは。。以前、小沢代表が
 宗教法人課税を目論んだことが
  ある、というウワサが燻っている


しかし、考えてもみろ
 宗教法人課税。。たかだか4兆円


消費税増税は、年額10数兆円

国家財政再建
 借金1000兆円に
  比べれば、微々たる金額


また何ゆえ、
 政府の無駄遣い
  ヤミ会計で破綻した
   国家財政の穴埋めを
    国民がしなければならんのか?

 
ましてや、整合性
 妥当性考えれば。。
  もっと他に
   取るべきところがある


それは。。
天下り法人解体
 特別会計にメスしか無い


天下り法人解体で
 1説には200兆円


天下り法人の準拠する
特別会計は、19会計
 各会計の重複分
  差し引いても
   年額180兆円


一般会計予算が
 90兆円だというのに


小沢一郎代表
 の手腕しか無い


宗教法人課税
 は引っ込めて
  消費税増税法案凍結


最後の御奉公
 というなら
やはり本丸
 天下り法人解体
  特別会計にメス


これで、
 創☆学会・公明党は寝返る
  他の宗教法人勢力も加わる


どうせ、自民党
 財政危機と言いながら
  国土強靭化で10年200兆円
   使うという。。超巨大公共事業


復興予算を1兆円も
 ネコババした中央府省庁


湯水のように。。天文学的に
 日本列島から吸い上げたカネ
  どうせ、米・欧への上納金に使われる


公明党よ。。連立から離脱して
 野党が合併の際には、合流すべきだ


創価学会の巨体を隠せる
 器なら。。小沢一郎氏が
  用意してくれるから安心したまえ


恐れているのは、宗教法人課税だろう
 それぐらいしか、恐いものはないはずなのだ


しかし、考えてもみたまえ
 自民党側にも多くの宗教勢が支援している
  安倍政権のタカ派政策で、今でも。。
   宗教勢とギクシャクというウワサもある


宗教法人課税など絶対に出来ない
 自民党は、もはやそれほど弱体化である


そんなことをすれば。。やぶへびになる
 天下り法人・特別会計にメス
  世界最大の政府資産700兆円にも
   矛先が向かうから、財務省も出来ない
    ことは、間違いの無いことなのである


一説には。。あの芸能界の
 ASKA逮捕。。政権側による
  目くらまし。。つまり、かなり以前に
   目処がついていたが、ストックして
    ここぞというときに出してきて
     一気に逮捕!!そして四六時中
      テレビ・新聞で流し続ける・・・。


まんざら、無視出来ない
 安倍政権ならそれぐらいの
  いや、背後の官僚機構がついている
   それぐらいやってもオカシクはない
    と思わせられてしまうぐらいインチキ


しかし、公明党・創価学会
 この勢力が離反したならば
  自民党の選挙戦略は崩壊
   安倍政権は一瞬にして
    もんどりうって倒れる訳なのだよ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

反既成政党。。反組織選挙
 に加えて。。反消費税増税がある


そして忘れてはならないのが
 反原発推進・再稼動。。
  集団的自衛権行使容認
   閣議決定への根強い反発は確実


集団的自衛権については
 自公合意内容は、個別的自衛権
  プラスPKOという程度で、今後が
   集団的自衛権に近づいていく正念場


そのときだよ、創価学会・公明党よ
 自民党。。安倍政権と縁を切るべきだ






 
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/948-57625c9e