日朝間の説明が食い違う重大原因とは?
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140706-00042002-toyo-pol&p=1

『2006年以降、日本が独自に行ってきた北朝鮮への経済制裁の一部解除が7月
 4日、決定された。解除に踏み切ったのは、今年5月29日の日朝局長級会談で
 示された合意内容の一つである拉致問題の再調査に関する特別調査委員会を
 北朝鮮が設立し、その構成メンバーを日本側に提示、それを日本が受け入れた
 ためだ』



日本の拉致被害者家族が
 訝しがっているのも理解出来る


安倍政権が、先手先手で制裁解除の構え
 如何にも手練手管・百戦錬磨の北朝鮮に
  あまりにもお人好しの手法。。
そうでなければ
   結果が既に判っている茶番かも知れない


いや、拉致被害者が帰ってくるのなら良い





『■ 北朝鮮は「拉致被害者」よりも「残留日本人」が先

 ただ、日朝双方が発表した説明文に、微妙な違いがある。たとえば、特別調査
 委員会内に設置される分科会が記された順番だ。

 日本側の説明文では、「拉致被害者」、「行方不明者」、「日本人遺骨問題」、
 「残留日本人・日本人配偶者」の順番で分科会を設置することが記されている。
 一方、北朝鮮側が発表した文書によると、まず「日本人遺骨」、次に「残留日本
 人および日本人配偶者」、「拉致被害者」、「行方不明者」の順番となっている。
 大事なことを最初に書くものと考えれば、日朝間で優先順位がすでに食い違っ
 ているということになる。

 これについて、北京の北朝鮮情報に詳しい中国人研究者は、日本の一部メディ
 アが最近、二ケタの人数が掲載された日本人のリストが北朝鮮から日本に手渡
 されたと報道したことを踏まえ、「リストがあるかどうかは不明だが、二ケタという
 人数が仮に正しいとすれば、記されているのは残留日本人や日本人配偶者がほ
 とんどではないか」と指摘する。それは、「5月の日朝合意で『すべての日本人を
 対象』とした段階で、拉致被害者、特定失踪者よりは相対的に出しやすい残留日
 本人で数を水増して、日本側を納得させようとの意図が北朝鮮には最初からあっ
 たのではないか」と推察する』




拉致被害者家族や我々日本人は
 北朝鮮に拉致されたとみられる
  日本人が大挙帰国という快挙しか
   イメージしていないし。。それ以外は
    成果とは言い難いのは当然だ


しかし、北朝鮮側提示の人数
 日本人遺骨。。に次ぐ順番の
  残留日本人と配偶者が殆どだと!?


そして、北朝鮮に日本政府・安倍政権が
 まんまと騙されたか。。
もしや共謀とは
  まさか、考え難い。。
それは絶対通らない!




『さらに目を引くのが、日本側の文書にある数行分の文章が、北朝鮮側には抜け
 落ちていることだ。それは、日本側では「各分科会の活動」について、「5月の合
 意にしたがって調査を行い、協議し、対策を立てる。以下の内容(編集部注:各分
 科会の活動内容のこと)は現時点での考えであり、今後日本側と協議しながら
 修正していくこともあり得る」という文章が、北朝鮮側にまったく記されていない。
 これでは、「日本側がそう思っているだけで、今後の協議も修正も北朝鮮側は意
 図していない」ということにならないか。

 また、調査形式と方法については、「関係者に対する面談および証言聴取、関係
 場所に対する現地調査などの方法で行う」と北朝鮮側に記されているが、日本に
 はない。これには4日、北朝鮮の宋日昊(ソン・イルホ)日朝国交正常化交渉担当
 大使が平壌で会見した際に「互いの関係者への聴取、関係場所への訪問が含ま
 れる」と述べ、北朝鮮の担当者が日本を訪問して調査を行うことに意欲を示してい
 る。だが、日本側の文書にないことを考えると、調査に対する日本側の意欲が北
 朝鮮側が思っているほどではないとの誤ったシグナルを送ってしまうことにならな
 いだろうか。

 日本側の対応もおかしい。7月4日、外務省アジア大洋州局の伊原純一局長は、
 自民党や民主党、拉致問題支援団体などに説明を行った。会場では「北朝鮮側
 から出された文書はないのか」との質問に対し、伊原局長は「北朝鮮側が読み上
 げたメモを聞き書きした」と答え、聞いた内容は北朝鮮側が発表した通りだ、と答
 えている。外交というのは記録を残すのが普通で、それはお互いが文書化して交
 わすものが基本だが、その基本を踏襲したものでもなさそうだ。また、「北朝鮮側
 が発表した通り」なら、なぜ日朝間の文書で相違点が数カ所も出てくるのか』




ズバリ!欠陥交渉の日本政府
 北朝鮮にいとも簡単にアッサリと捻られる
  安倍政権の姿を想像してしまうが。。


それ以上に、文書を残して
 両国で照合して証文を取り
  間違いのない確実な国家間交渉
   が全く出来ていないのか!と呆れる


まさか、安倍首相や日本の大新聞社は
 これで、拉致被害者がズラリと帰国する
  とでも淡い夢を抱いているのだろうか?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪北朝鮮拉致問題・・・40年に亘る長期化の原因≫<ひとえに、日本政府・警察の無力と外交オンチ>【米欧露戦後世界秩序は、全て知っていて別次元で無関係装う】

小生。。北朝鮮による拉致被害者
 の一日も。。いや一刻も早い帰国
  を待ち望んでいる訳なのであるが


日本政府や安倍政権が
 正義の味方然と振舞う
  ことには大いに違和感抱く


自民党の議員連中は
 二世、三世。。つまり世襲
  いわば自らのお家のための
  ”家業”継いだ連中ばかりである


と考えれば。。何の罪もない一般国民
 が、40年間も外国に拉致されている
  のは。。
自民党議員連中をはじめとした
   政府・警察の無力。。何より外交情報無力
    さの身代わりであり、かつ被害者といえる


物証に乏しく、また児童を含めた日本人の拉致という
犯行利益が不明なことなどから、この一連の拉致事件
は長い間謎とされて来た。冷戦末期の1987年に発生
した大韓航空機爆破事件の際の工作員金賢姫の証言
から疑惑が浮上したが、国会においては1997年までは
国交正常化等の議題になった際に懸案として出る程度
であった。
その後1977年に拉致された中学生横田めぐみ等に関
する実名報道があってから、国会で取り上げられるなど、
報道の頻度が爆発的に増えた。また1997年には拉致
被害者の救出を求める議員連盟が発足し、政府が7件
10人の拉致被害者を認めた。
特に1990年代前半までマスメディアや国民の多くは
拉致事件に無理解・無関心であり、
日本政府も事実上無視していた

                 (ウィキペディア)


日本が、対立している
 中国。。そして韓国にも
  北朝鮮による拉致問題が存在


さらには、中国。。そして朝鮮半島の
 第二次世界大戦後の趨勢
を顧みた場合
  この問題の真相・深層は一体誰が知って
   おり。。まさか、逐一指示を出している
    とまでは考えたくはない、のであるが・・。



日本のマスコミ報道
 国内問題に関しては
  ホントのことを言わないで
   国民世論をミスリード


しかし、国際問題・外交案件
 に関しては、その分析と読み
  全くアテにも何にもならない


そして我々国民も
 雑多に断片的に垂れ流される
  だけの報道に幻惑されていないか


中国・韓国との外交問題
 日本の安倍政権の歴史認識
  で、その関係が悪化して。。
   

それは間違いないながら
 それと北朝鮮拉致問題が
  別個の事象として
   無意識のうちに把握され
    繋がっているなどとは夢にも


北朝鮮の粛清・処刑
 それも政府NO2が
  そしてその側近が。。


これは北朝鮮執行部
 政府・一族だけのことか


あの米国にも
 ミサイル攻撃を宣言した
  北朝鮮だから、当然だろう


しかし、日本の小泉純一郎首相
 が丸腰で乗り込んで、北朝鮮は
  アッサリ、拉致を認め謝罪まで
   不自然だとは思わないか


国際テロ組織・アルカイダ
 ビンラディン。。世界から
  悪党とされ、世界の敵とも
   それが、米国無人機攻撃で
    一瞬であの世へ送り込まれ
     これも不思議な話ではある



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安倍晋三首相及び安倍政権
 そして大新聞社は。。
小泉純一郎元首相
  時代の快挙を成し遂げて、国民的人気
   を得たいと思っているのだろう。。


拉致被害者が帰国してくれれば
 それも一向に構わないと言いたいが


北朝鮮は、ならず者国家でも
 世界に轟いた無法者国家でも
  ないような気がしてならないのだ


米欧露戦後世界秩序代表
 米国の手先であり、繰り出す
  カードとしたならばどうだろうか。。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪《北朝鮮のミサイル発射》。。オカシイ、タイミングが良過ぎる≫<やっぱり、かつての疑いが浮上した>【もしも、南北朝鮮。。中国の背後に。。米・欧・ロシアが控え全てグルだとしたら】


北朝鮮ミサイル
 今回は短距離弾であり
  影響は無いという見通し
   とのことではあるが。。

あまりにタイミング良過ぎないか

安倍政権の右傾化という
 名の
米欧ロシア戦勝国
  が取り仕切る戦後世界秩序
   への挑戦。。反抗的態度


こういう問題が出てくる度に
 北のミサイルが発射されないか?


そういえば。。
 中国の日本への挑発
  もそういえなくもない


中国は国家規模・国土の広さ
 経済情勢から、米国代行として


韓国は、米国の東アジアの
 軍事同盟国・属国として
  米国の意のままになる重要国


そして。。
 あの北朝鮮の言動、動向。。


米国の意を受けたもの
 である可能性も大いに


石頭の日本政府・
 日本マスコミには
  信じ難いことだろうが 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もしかしたら。。何人かの拉致被害者の帰国
 あるのかも知れない!
そうでなければ
  残留日本人や配偶者だけの帰国で誤魔化す
   ような魂胆なら。。
安倍政権は吹っ飛ぶからだ

そして、拉致被害者の帰国という快挙が
 成し遂げられたならば。。
それは米国の
  指令による北朝鮮側の決断であって。。


集団的自衛権行使容認決議
 に対するご褒美のエサなのか

  いや、それ以上にいえることは
   拉致問題解決というお土産を貰って
    その返礼にTPPでゴッソリやられる


というシナリオさえ想像出来てしまう。。


関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/932-63677367