池田大作SGI会長が「沖縄慰霊の日」に安倍首相へ「解釈改憲異論あり」のメッセージ
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140705-00039758-gendaibiz-bus_all&p=2

『安倍晋三首相が強く拘ってきた集団的自衛権の行使容認に向けた憲法
 解釈変更の閣議決定が7月1日に強行された』

『実は、「解釈改憲」という文言が公明党及び支持母体の創価学会にとって
 “悩みの種”である。「護憲・平和」を創党の理念とする公明党は、今年の
 11月に結党50周年を迎える。その前の9月21日には党大会が予定されて
 いる。

  「護憲政党」の立ち位置からすると、連立与党として「解釈改憲」を許容し
 たと支持者や学会員に受け止められ、変節したのではないかと言われるこ
 とだけは、何としてでも避けたい。出来れば「憲法解釈の変更」という文言
 で周知徹底して欲しいと、官邸側に要請したとされる。

 公明党にとって連立離脱の選択肢は端からなかった。それは年初の山口代
 表の記者会見での発言からも分かっていたことだ。結党50周年を与党として
 迎えたいが最初に有りきであったのだ』

『しかし閣議決定の前日夜、酒食を共にした元外務省分析官で作家の佐藤優
 氏から以下のような事を聞かされ、筆者は、今後の集団的自衛権行使に向
 けた関連法案改正など法整備の行方に依然として高いハードルが待ち受け
 ていると思わざるを得ない。

 同氏の指摘。6月23日、沖縄県主催の「沖縄全戦没者追悼式」(通称「沖縄
 慰霊の日」)が開催され、安倍首相も出席した。

 同日の県紙『琉球新報』と『沖縄タイムズ』(各朝刊)に創価学会インターナシ
 ョナル(SGI。会長・池田大作創価学会名誉会長)が一頁の全面広告を出稿し
 たのだ。なぜか、全国紙は一行も報じていない。

 池田会長の顔写真が掲載された同記事広告は、沖縄慰霊の日記念特集と
 銘打ち、「地球革命へ―価値創造の万波を」のヨコ見出しを掲げ、同会長が
 1月26日の「SGIの日」に寄せて発表した平和提言の趣旨を紹介したものだ
 った。

 佐藤氏の指摘した池田会長の提言の件は、次のようなものである。

 「(前略)特筆すべきは、こうした面での安全保障を高めることは、軍事力を強
 化する場合に生じる『安全保障のジレンマ』――ある国が軍備を増強すると、
 他の国が脅威と受け止めて対抗措置をとるといったように、軍拡がさらなる軍
 拡を呼び、かえって不安や緊張が増すという負の連鎖に拍車がかかる状況―
 ―を招く恐れがないという点です。」』




公明党の支持母体
 創価学会の総帥であるはずの
  池田大作名誉会長は
   今年の年初時点で健在なのか!


それだけでなく、明確に
 集団的自衛権行使容認に
  反対意向を示しているのは間違いない


公明党の委員長以下、各議員や
 創価学会幹部はこれをどう受け取るのか

  
池田名誉会長は、二度と復帰は無い
 復権は無理と踏んで、無視するつもりか
  それともこのニュースを知らないか?

   そんなはずなど絶対に無いのだ

ならば。。明確な背信行為ではないか
 創価学会の現時点での本尊ともいえる
  池田大作氏への下克上的裏切りである


側近たちは、公明党を説き伏せるか
 言うことを聞かなければ。。即刻切捨てよ
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/931-b625ec4b