fc2ブログ
「自公の間が離れ政界再編、国民が期待」みんな・浅尾氏

『■浅尾慶一郎・みんなの党代表

 野党の中でどこの政党がどうくっつくかということよりも、集団的自衛権などの政策
 理念で自民党と公明党の間が離れて、そこで大きな政界再編が起きるとするなら
 ば、むしろそうした政界再編の方が国民の期待感が大きいのではないか。この意味
 での再編は、ちゅうちょすべきではない。

 多くの自民党の議員が選挙で公明党の支援をもらっている構造はある。しかし、一
 般の有権者からすると自公が離れるということへの期待感というのは、今回の日本維
 新の会の分党をはるかに超える関心と期待感を持っている保守系の人がいるのは間
 違いないと思う。(都内で記者団に)』



みんなの党浅尾代表。。
 米国大学院の洗練され過ぎた
  頭脳では。。
日本のドロドロの政界
   理解出来ないのではないかね?(笑)


有権者・国民の思うようには
 絶対にならない!
これが日本の政治
  なぜならば。。官僚機構と大新聞政治部
   これらが絵を描いているからである


そりゃ、自民党と公明党が割れる
 こんな興味深いことは無い訳だよ

  自民党が単独政権なんていつ振りだ?
   20世紀に戻らないといけないのであるから


しかし、そうなれば。。自民党
 衆議院で300近い議席が
  どこまで減るか。。
次回総選挙
   次回参院選挙全く計算が立たない




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪公明党・創価学会よ。。自公連立から離脱しても孤立などしない≫【現在の野党各党が合併の際には合流せよ】


公明党よ。。安倍晋三とは
 どこまで行っても、絶対に合わない


連立から離脱すべきなのだよ

しかし、公明党・創価学会には
 政権に居続けることが、極めて
  魅力的に映っているようである


政権に物言える政党公明党そして
 創価学会の現世利益。。つまり
  信徒の商売にも好影響があるから?


しかし、現状。。全く何も
 要求通っていないではないか


公明党が自民党・民主党と
 三党合意でゴリ押しした消費税増税
  それで信徒たちの生活も窮地に陥る

全て洗いざらい懺悔して
 間違いは間違いと悔い改め
  連立から離脱すれば。。道が開ける


国民が許さない?悪いけど
 公明党に投票するのは
  創価学会信徒と彼らに頼まれた
   人々だけなのは、明らかであり


創価学会という偉大なる固定票
 実質これのみでしょ?創価学会と
  一心同体というより一部・下部組織


統一地方選などそれほど恐くないはず
 国民が許さない、というなら消費増税
  など、絶対やれなかったはずなのだよ


小生も。。現状みる限り
 安倍政権にズルズル引きずられると
  思うが。。何故なのか理解に苦しむ


選挙協力を断ち切られると
 困るのは。。いや瞬時に終わるのは
  自民党なのは確実であり。。
   公明党・創価学会は自民と絶縁して
    もそれほど困りもしないはずだが。。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つまり。。公明党という小党
 の後ろに隠れた巨大教団創価学会

  この集票投票能力。。これが自民党を
   この20年間支え続けているという訳だ


野党再編とか政界再編とか。。
 議員政党の組み合わせ変えても
  日本の政治は1ミリも動かない

   しかし、官僚機構が糸を引く
    反国民政治。。非国民的議決
     これが思うようにならない可能性


10か月も前に言ったことだが。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<政界野党再編>【政策・方向性一致を重視せよ】<政党と政党の合流は要らない>≪「大マスコミ政治部記者クラブ」が描く≫『現有議席数での足し算』には【全く賛成出来ない】


野党再編で強調される「バラバラ感」厳しい野党再編への道〈AERA〉

『局面転換したい維新の橋下代表も、「自民党に対抗する勢力をつくらな
 きゃいけない」と気炎を上げる。

 現状勢力では、民主、維新、みんなの3党の衆参両院の議員全員が集ま
 っても214人。対する自公は461人。そもそも共産、社民なども含めた全
 野党の共闘が実現したとしても、衆院で3分の1、参院で半数にも満た
 ない。が、それでも2大政党の一角としての“受け皿”は必要だ』



2大政党の一角
 としての受け皿が必要?


2大政党なんて要らない

中央府省庁
 天下り法人
  特別会計へ切り込み
   行革断行・財源捻出


こんな勢力が
 政界の半分になるなど
  到底考えられない


それならば
 日本政界ここまで
  官僚主導にはなってない


記者クラブも残ってない



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


日本の政治が政治議員主導
 政党政治が見事に成立する
  とは、中々思えない訳であるが


連立与党を割るには、公明党が
 抜けるのを待っていてもそれは無理

  背後の創価学会が隠れられる器を作れ


公明党よ。。連立から離脱して
 野党が合併の際には、合流すべきだ


創価学会の巨体を隠せる
 器なら。。小沢一郎氏が
  用意してくれるから安心したまえ


恐れているのは、宗教法人課税だろう
 それぐらいしか、恐いものはないはずなのだ


しかし、考えてもみたまえ
 自民党側にも多くの宗教勢が支援している
  安倍政権のタカ派政策で、今でも。。
   宗教勢とギクシャクというウワサもある


宗教法人課税など絶対に出来ない
 自民党は、もはやそれほど弱体化である


そんなことをすれば。。やぶへびになる
 天下り法人・特別会計にメス
  世界最大の政府資産700兆円にも
   矛先が向かうから、財務省も出来ない
    ことは、間違いの無いことなのである

関連記事
スポンサーサイト



TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/881-2c90aae5