維新分党、“踏み絵”で事情浮き彫り…大阪系→石原新党のサプライズも

『議員に迫られた“踏み絵”が党内での立ち位置を浮き彫りにした。日本維新
 の会の分党に伴い、石原慎太郎、橋下徹両共同代表のどちら側に参加する
 か5日、態度を表明した国会議員団。橋下氏の盟友や橋下氏率いる大阪維
 新の会の立ち上げメンバーの一部が石原新党に流れるサプライズがある一
 方、その逆パターンや無所属を選択した議員も。背景には思想信条の違い
 や維新執行部に対する不満など、それぞれの事情があるようだ』



日本維新の会分裂

石原党。。23人
橋下党。。37人

意外だった。。石原新党へ
 予想以上に行った!
やはりカネ?




『橋下氏の盟友も離れた。大阪府市特別顧問を務め、橋下氏のブレーンとして
 活動していた中田宏衆院議員(49)=比例北陸信越=も石原新党を選択。
 中田氏は4日、「維新の欠点は大阪的思いつき運営と、『たちあがれ日本』
 的古(こ)色(しょく)蒼(そう)然(ぜん)人事だ」と執行部を批判。「石原新党
 がここを克服できる可能性を見いだしている」と語った』



石原グループには、今回
 当初から、山田宏が混じって
  いたのが意外だったが。。
それ以上に
   中田宏が合流は非常にビックリした。。


調べてみて。。両名とも
 タカ派政策を掲げていた
  初めて知った訳なのだよ


中田宏は大阪維新の会
 立ち挙げ初期のブレーン
  大阪府市統合本部のメンバー

   
また、石原にも橋下にもつかない
 第三派のリーダーと目されていた

  小生も、僅かにそこに期待したが
   それだけに非常に驚いた訳だ。。




『一方、石原氏に近いとされていた議員が橋下氏側につくパターンも。国会議
 員団政調会長の片山虎之助参院議員(78)=比例=は、石原氏が率いて
 いた旧太陽の党のメンバーだったが、橋下新党への参加を表明。5日の会
 見では「責任者として、参院で結いと組んだ統一会派を拡充させたい」と説
 明した。

 橋下氏は自身の新党を選択した37人について「非常にピュアな顔つきが揃
 っている」と胸を張ったが、約7割が1年生議員。ある国会議員は「これまで
 旧太陽系に頼ってきた国会対応などがおぼつかなくなる」と語り、新党運営
 が厳しくなるとの見通しを示した』



旧太陽の党。。片山虎之助
 が、石原党へ行かないのもビックリだ


完璧に石原慎太郎シンパ
 だと思っていたが。。
片山氏
  は官僚出身議員なんだねぇ
   憲法改正のタカ派ながら
    憲法破棄・自主憲法制定
     には反対なのだろうか。。


小生、結局日本維新の会には最初
 から興味無かったということだ(笑)


国会運営?綺麗ごと言うべきではない
 カネだろう。。石原金脈にぶら下がって
  きたといえるのではないだろうか


これまでは。。石原慎太郎金脈
 徳洲会が表面に出過ぎてきた訳だが



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【元東京都知事≪石原慎太郎金脈≫の追及が本筋である!】<闇金脈ルート解明を>≪前東京都知事猪瀬直樹の徳洲会資金疑惑≫ 

前都知事猪瀬直樹
 徳洲会徳田虎雄から5000万
  うち、500万が新右翼団体へ
   猪瀬証言に矛盾が発生した!!


しかし、この疑惑は
 あくまで小悪に過ぎず。。


徳田虎雄の闇資金
 は、石原慎太郎金脈
  として知る人ぞ知る


小生。。この事実
 把握し、触れたかも。。
  しかし、興味薄かった


首都東京選出の
 テレビ型議員石原慎太郎

  元々作家で、自民党時代
   派閥領袖にもなれなかった


汚いカネ集めは苦手
 それを補ったのが徳洲会
  グループ総帥徳田虎雄か。。


その切れ端の先っちょの・・
 それが猪瀬直樹の5000万
  そのうち、半端が新右翼団体へ


と、すれば。。
 本筋は石原慎太郎金脈
  その行方は? 今、それに
   ぶら下がっているのは


橋下徹と日本維新の会!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この認識にも、修正が必要
 かなり、悪どいことやっている
  とはいっても。。度胸が有る訳
   ではない、のは間違いないようだ


テレビ型、都市型の
 イメージだけが売りで
  作家でスマートな印象だけ

   大きなことは出来ないのに
    金脈は。。相当えげつない


面白いサイトを見つけた

逝きし世の面影 石原慎太郎とカルト宗教(オウム)と暴力団(住吉会)

石原慎太郎東京都知事(Pu

もっとも鋭い石原慎太郎批判を放ったのは本多勝一だと思う


共通項が、いくつもある。。
 ということは本当なのだろうねぇ
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/877-af874c63