<維新>分党の経緯、議員懇で説明

『日本維新の会は30日午後、国会内で両院議員懇談会を開き、党所属
 国会議員に分党に至った経緯を説明した。同党は29日の執行役員会
 で、石原慎太郎共同代表と橋下徹共同代表による二つの党に分かれる
 ことを決めたが、両党以外への参加を事実上封じたことに一部議員から
 反発が出ている。

 懇談会前に開いた党国対会合では、中田宏国対委員長代理が「二つだ
 けに分けるのはおかしい」と表明。執行部は分党に伴う混乱を警戒して
 いる。松井一郎幹事長(大阪府知事)は30日、大阪府庁で記者団に「新
 たなグループは認めていない。どちらかに所属してもらうのが筋だ」と引
 き締めた』



日本維新の会。。表面上
 分党という建前の
分裂いや
  予想通りの空中分解となった


橋下徹と石原慎太郎の
 2派に分かれる
のかと思いきや
  第3派誕生の可能性もあるらしい

松井一郎。。新たなグループ
 は認めないって。。
それでは
  みんなの党渡辺喜美と同じではないか




維新分党 松井氏「分党は認めない」、橋下氏「第三の道を行くならそれもあり」

『松井氏は「石原新党か橋下新党以外の政党ができることを決定したわけ
 ではない」と強調。「今の時点ではどちらかに所属してもらうのが筋だ」と
 語り、分党を機に別の新党をつくる動きを牽制(けんせい)した。

 一方、橋下氏は「分党した後で離党するなりして自分たちのグループをつ
 くればいい」と指摘し、「僕や石原さんとは違う第三の道を行くならそれも
 あり。僕がとやかく言う立場にはない」と話した。市役所で記者団の取材
 に答えた』


結局。。政党助成金。。
 つまり、カネの分け前が
  少なくなるゆえに。。牽制


橋下徹が分裂どうぞ
 これで更なる空中分解の
  可能性だけは残った訳だ


ただ。。石原・橋下以外の
 華々しさを持った幹部はいない
  第三派結成は極めて難しいだろう


もしも出来れば少しは
 面白くなるのであるが




維新分党 みんなの党に飛び火…東京・大阪間で“ねじれ”も

『石原慎太郎、橋下徹両共同代表が率いてきた日本維新の会の「分党」が
 思わぬところに飛び火している。みんなの党内では大阪の議員が橋下氏
 率いる大阪維新の会と大阪府議会で統一会派を組み協調路線をとる中、
 東京の党本部の国会議員は近く誕生する「石原新党」との合流に意欲を
 燃やす。東西間で突如“ねじれ”が生じた格好で、大阪の議員は党本部
 と足並みをそろえるべきか、維新との関係を保つべきかで頭を抱えている』



みんなの党は、渡辺喜美代表末期
 橋下維新を飛び越え、石原維新。。
  旧太陽の党と接近。。。
橋下憎しが
   極まった結果とはいえ、落ちるとこまで
    落ちてしまった。。ねじれ?関係無い


むしろ。。安倍政権に距離置く
 自民党反主流派。。リベラルと
  言ってしまっていいのか!?の
   非主流派に誘い水か?自民党を
    空中分解へ向かわせる可能性すら


小生としては、維新の第三派
 メンバーにもよるが、少しだけ
  ほんの僅かに期待だけしてみる


石原慎太郎一派には何も無い
 また、橋下大阪組も完全に色褪せ
  期待など出来ない。。
いずれにせよ
   大阪維新の会登場当初のイメージ
    を取り戻すことは絶対に不可能だが




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自民党安倍派」【創生日本】は、『維新と合体して。。突っ込んでいくべき』だよ・・・≪その後どうなるか≫(笑)


自民党安倍派創生日本
 そして
  日本維新の会石原慎太郎
それで良い
 公明党と連立解消して
  ともに突っ込んでいくが良い



対米従属さが足りない安倍政権の対中外交

http://www.amakiblog.com/archives/2013/01/post_2242.html

『安倍外交の下での日米関係は野田民主党政権の時よりも危うるのである。
 なぜか。
 それは対米従属に徹底した野田民主党政権に比べて安倍自民党政権の
 対米従属さが足りないからだ』



外交評論家元外務省の
 天木直人氏


[対米従属さが足りない]

素人の小生も、プロの評論家
 天木氏のその見解には大いに追随する


安倍政権の憲法改正路線
 対中・対韓を想定は間違いない


それは、米国政府の
 意向に大きく背いている


属国未満日本

安倍政権の路線は
 従来の自民党本流とは
  著しく異なっている


それで良いのなら良い
しかし、戦後日本保守
 従米・追米・隷米
  に背いて生きていけるのかね?


安倍政権が倒れたら
 いったいどうするの?

代わりはいくらでも
 何人でもいるのです



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

石原慎太郎一派に田母神氏合流のウワサ
 これは無条件で、手続きも無く入れるだろう


そして、安倍政権主流と石原一派が
 合体するのが非常にお似合いである


その反動で、自民党が分裂に向かえば
 元々国会議員なんて。。起立して議決
  それだけの仕事だ。。名門のボンは
   そんな役得の下らん仕事でも許される


ただ。。国民世論的には
 似通った存在がくっつく方が
  望ましいのはいうまでもない




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪橋下徹よ。。政界に生き残る方法はたった一つ≫<自民党安倍政権打倒に舵を切れ>【再び若き颯爽とした挑戦者に戻れ】

橋下徹。。大阪都構想
 実現が行き詰まり、
  市長選目論むも、各党
   が乗らず窮地に立っている


小生。。基本的に
 大阪都構想は勿論
  道州制。。一切不要と考え
  都道府県制・政令指定都市制
   も不要で廃止すべきだと考える


理由は、人材である
 そんな広いエリアを
  管理統括出来る人間が
   いないということである
    市町村制を固め直すべし


ただ。。大阪府民・市民
 いや国民はそんなことは考えない
  政策など、よほどでなけりゃ別に
   どうでも良い、といって問題無い


たとえば、安倍晋三首相の
 掲げる政策・路線。。
  大政翼賛会残党といって良い
   タカ派・軍国主義・欧米への
    挑戦。。これはよほどの部類


では。。かつて橋下徹が
 一世を風靡した理由は何か
  颯爽とした若き挑戦者の姿
   それだけといって良いはずだ


大阪維新の会を率いて
 既存政党に挑戦し、破壊者
  既成概念の打破に期待した
   中味はどうでも良かったのだ
    その程度なのは確実なのだよ
 

大阪府市統合本部
 かつていた古賀茂明
  他のブレーンもそれに
   期待して、裏切られた


ならば。。今、何がダメなのか
 権威を笠に着て、府民・市民は
  騙して選挙に持ち込めば勝てる
   それが透けて見えている訳だ


何より、自民党と同類・別働隊
 これもハッキリ言ってバレている


橋下徹。。本来自民党ではないはず
 松井一郎が自民党であり。。国政
  では、石原慎太郎が自民党タカ派


自民党は安倍晋三で政権与党
 それも圧倒的多数占める政権
  そんな安倍政権に尻尾振る
   ヤツに。。そんな橋下徹に
    用は無いということなのだよ


政策として良いものを
 掲げていたのに、今ひとつ
  人気が開花しなかった
   みんなの党。。なぜ
    議席で維新に負けたか?


代表渡辺喜美に 
 颯爽とした挑戦者の姿が
  無かった。。見えなかった
   のが理由。。それも自民に
    擦り寄って完全に終わった
 

日本人は、若き颯爽とした
 挑戦者が好きなのだ
  政策なんか、少々独裁
   でもそんなことは関係無い


橋下徹よ。。石原慎太郎を
 いや何より松井一郎を切れ
  東京都知事選。。小泉純一郎
   が推して、橋下徹なら絶対勝った


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大阪ダブル選に激勝。。
 大阪府市統合本部ブレーン
  を従えて。。
底知れぬ迫力
   を誇った、3年近く前に登場
    した当初の大阪維新の会


あの頃の颯爽とした改革者
 のイメージは二度と戻ってこない
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/866-a664b7f3