関西vs.東日本の路線闘争か 集団的自衛権で割れる公明
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140522-00003984-sbunshun-pol

『集団的自衛権の行使容認を巡る安倍内閣と公明党の綱引きが熱を
 帯びてきた。焦点は公明党の支持母体、創価学会の意向。そこで永
 田町・霞が関の目をひいたのが、5月17日付朝日新聞朝刊の1面だ。

 学会が、集団的自衛権の行使容認は憲法改正を経るべきであるとの
 見解を示したことを報じたのだ。

 自民党の石破茂幹事長は早速、「公明党の判断に主体性がなくなり、
 支持母体の言うままということもないだろう」とけん制。自民党幹部も
 「自衛権行使に反対する朝日が、創価学会とタッグを組んでつぶそうと
 しているんだ」と苦虫をかみつぶす。

 事実、学会内には反対論が強い。特に強硬なのは、日常的な活動の
 最前線に立つ婦人部だ。婦人部は選挙でも中心的な役割を担い、池
 田大作名誉会長の「親衛隊」との自負が強い。公明党・学会でタカ派
 路線への反対が強まってきたのは、池田名誉会長の病状が少し回復
 してきたとされるのと軌を一にしており、今回の学会広報室見解を、政
 府筋は「反戦平和の原点に戻る勢力の意思表明だろう」とみる』



別に公明党に期待する訳ではない
 創価学会あっての政党であるから
  背後の宗教法人創価学会の意向が
   気になるだけであるし。。
創価学会の
    唯一評価出来るのは、平和主義!!

     たったこれだけ!反自民・反タカ派
      にとって、それだけが頼りなのだ




『この勢力の代表格とされるのが正木正明創価学会理事長と、学会が
 強い影響力を誇る関西だ。集団的自衛権の与党協議の責任者である
 北側一雄党副代表は大阪選出。かつて小沢一郎氏と蜜月の関係を
 築いた関西方面の学会内部には、「自民党にすべて従って2009年の
 総選挙で惨敗した。あの失敗を繰り返してはならない」との声が充満
 している。

 一方、自民党政権と近い勢力の代表と目されるのが谷川佳樹創価学
 会副会長・事務総長と東日本側だ。公明党の井上義久幹事長は、ど
 ちらかといえばこちらのサイドに属している。集団的自衛権を巡る問題
 にはこの2つの勢力の主導権争いの側面があり、山口那津男代表は
 双方に目配りしながら方針を決めていかなければならず、自民党議員
 は「池田名誉会長の方針がハッキリ打ち出されない限り、山口代表に
 決めきれるワケがない」と分析してみせる。

 一方、今回の学会見解が「広報室」見解であることに、「学会全体の意
 向ではないのだから、進めようがある」(同前)との見方もある。また党、
 学会にも「連立離脱」の声はほとんどない。最終的には、落としどころを
 みつけて安倍政権に従うしかないとの見方が大勢だ。この軋轢(あつれ
 き)をどう決着させるのか、山口代表の手腕が問われそうだ』



圧倒的な集票力で
 自民党の選挙を一手に支える

  その創価学会にして
   このところのだらしなさ。。


どうにも納得がいかなかったが
 学会内部が割れているということか
  それなら、納得も出来よう。。


考えれば、総帥池田大作氏が
 病に倒れて数年。。
タガが緩まない
  方がオカシイのであって。。

   未だ威力を何とか保つ学会は
    スゴイ!と逆説的に感心する



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪創価学会・公明党の極めて残念な言動があった≫<期待したのが間違いだった>【やっぱり、安倍政権と悪しき政治をのさばらせてきたA級戦犯だ】

創価学会・公明党は
 大阪都構想に必ずしも
  反対ではなかったのか


大阪都構想。。その延長の
 道州制こそは、地方自治を潰す
  市町村制をキッチリ固めること
   都道府県制・政令指定都市も
    要らない!そんな大きなエリア
     管理不能。。統治するヤツが不在


しかし、公明党は”政権””主役”に
 なる訳にはいかない、ようである
  宗教政権誕生に対する風当たり
   これが恐いに違いない!!


大阪市長。。橋下徹
 彼が大きく飛躍するのか
  どうかは不透明。。
   よって、まだ大したことはない


しかし、国政は問題である


やはり。。創価学会は自らの巨体
 を隠せる器。。大きな政権・議席
  これが有りさえすれば良いようである


この政治判断は、とてつもない
 また取り返しのつかない大失政である


理屈でいえば。。
 全国数百万票とされる
  巨大創価学会票なのであり


創価学会が従える公明党が
 連立離脱。。自民党への選挙協力
  を止めれば。。即刻、自民党選挙
   が崩壊することは確実なのであり


主導権は、公明党・創価学会
 が握っていると解釈出来る訳だ


しかし!!
 現状はとてもそうは見えない


しかし、近年の公明党
 だらしないなどのレベルでなく
  安倍タカ派政権の暴走許した
   その責任は重く取り返しが
    つかないことを自覚すべき


池田氏不在の間
 公明党の舵取りは
  谷川何某だったのか
   それで合点がいった次第

消費税増税法案可決成立
 自民党・民主党と3党結託
  信じられない思いだった


なぜならば。。創価学会は
 庶民教団。。公明党も
  増税に強硬反対だと
   思い込んでいた訳だが


平和路線。。憲法9条堅持
 の池田路線も虚しく
  集団的自衛権・憲法改正
   論調が罷り通り
    特定秘密保護法案
     もアッサリ国会通過


池田大作。。脳梗塞?
 それとも他の大病?
  いずれにせよ、タガが
   緩み。。安倍自民の言いなり

これでは、政権にもの言える
 という現世利益も叶うまい


小生。。創価を肯定する
 気など無いが。。
  非常に残念な思いだった


みんなの党も、維新も
 都市型浮動票頼みで
  確固たる支持基盤も
   地盤も存在していない


安倍自民は、みんな・維新
 重視でタカ派路線。。
  官僚機構支配政治を
   まっしぐらに突き進む


連立解消せよ
 安倍自民は公明
  創価無しでは選挙も
   戦えないのであるから


毒をもって毒を制す
 という言葉がある

しかし、ここは
 毒をもって害を制す


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


創価学会の巨大な組織
 これを一枚岩に保つ。。
  なるほど困難極まりない


しかし、これも。。平和路線の
 組織と必ずしも主張一致しない
  自民党タカ派との連立政権
   故に、自壊作用が起きている
    と、小生みているのである。。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<毒をもって害を制す!>【庶民政党・ハト派公明党よ、連立解消せよ】≪池田大作復活なら面白い。。反旗翻せ!≫

小生。。当然のことながら
 創価学会員ではない

  我が家は既存仏教
   宗派は真言宗である


創価学会員。。日蓮でも
 法華経でもない、本尊は
  池田大作。。教義・現世利益
   は、日本の政権にもの言えて
    政策を動かすことが出来る


しかし、近年の公明党
 だらしないなどのレベルでなく
  安倍タカ派政権の暴走許した
   その責任は重く取り返しが
    つかないことを自覚すべき


池田氏不在の間
 公明党の舵取りは
  谷川何某だったのか
   それで合点がいった次第


消費税増税法案可決成立
 自民党・民主党と3党結託
  信じられない思いだった


なぜならば。。創価学会は
 庶民教団。。公明党も
  増税に強硬反対だと
   思い込んでいた訳だが


平和路線。。憲法9条堅持
 の池田路線も虚しく
  集団的自衛権・憲法改正
   論調が罷り通り
    特定秘密保護法案
     もアッサリ国会通過


池田大作。。脳梗塞?
 それとも他の大病?
  いずれにせよ、タガが
   緩み。。安倍自民の言いなり


これでは、政権にもの言える
 という現世利益も叶うまい


小生。。創価を肯定する
 気など無いが。。
  非常に残念な思いだった


公明党は、舛添要一と
 関係深かったのか。。
  そんなことは知ったことか


脱原発で、反安倍自民で
 細川護煕当選で良いのだ
  都議会議席占めただけで
   公明党は満足すべきなのだ


みんなの党。。日本維新の会
 が自民党との連立目論む。。
  良いではないか、公明党よ
   連立解消した方が良いのだ


みんなの党も、維新も
 都市型浮動票頼みで
  確固たる支持基盤も
   地盤も存在していない


安倍自民は、みんな・維新
 重視でタカ派路線。。
  官僚機構支配政治を
   まっしぐらに突き進む


連立解消せよ
 安倍自民は公明
  創価無しでは選挙も
   戦えないのであるから


毒をもって毒を制す
 という言葉がある
しかし、ここは
 毒をもって害を制す


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


創価学会の集票力に
 衰えが生じているという
  記事も目にしたことがある


集票力は組織の強固さと
 比例するのは当然であり

  親から子へ。。子から孫へ
   家族愛・親族愛・夫婦愛を
    最大限に活用して巨大化
     した創価学会の戦略も


さすがに、年月とともに
 宗教。。祖先、信仰に疎い
  都会中心の信徒拡大策も
   その家族構成も影響して
    タガが緩むのは致し方ない


むしろ、全く変わらない強固な
 一致団結力で時代を駆け抜ける
   方が気味が悪い訳なのである


しかし、組織の目指す平和路線
 と一致した方向へ公明党も
  連立相手を変更したならば

   
池田大作氏の回復は困難
 としても。。。
小康状態が明らか
  にでもなれば
・・・その激烈な
   組織は再び威力を発揮するはず 
 
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/854-9f9d78af