fc2ブログ
「厳しい判断」「影響ない」=夜間飛行差し止め判決―防衛省

『自衛隊機の夜間飛行差し止めを命じた第4次厚木騒音訴訟の横浜
 地裁判決を受け、武田良太防衛副大臣は21日、鹿児島県奄美市
 で取材に応じ、「大変厳しい判断が下された」と険しい表情を見せた。
 ただ、厚木基地では以前から夜間の訓練飛行を控えており、防衛省
 内には「運用上の影響はない」との見方が多い。
 防衛省によると、厚木基地に配備されている航空機は、海自のP3C
 哨戒機や救難飛行艇など約30機。警戒監視に加え、災害派遣や離
 島の急患輸送も主要任務という。
 P3Cの所属部隊は、以前から内規で午後10時から午前6時の訓練
 飛行を自粛している。海自幹部は「差し止め対象となった時間帯に離
 着陸するケースは緊急時を除けばないはずだ」と話す』



厚木海軍飛行場
 神奈川県綾瀬市と大和市にまたがる飛行場。。
  米国海軍日本の海上自衛隊が共同で使用
    している軍事基地
・・・何のことはない!
     在日米軍のために存在しているのだ!


横浜地裁判決
 自衛隊機の夜間飛行差し止め!!


この判決も、ラジオで最初に耳にした際
 小躍りしたい気持ちになったのであるが

  よくよく調べれば、大した影響は無いようだ

ただ。。日本《軍》=自衛隊には差し止め命令
 してのけた、属国日本の司法権力

  在日米軍には、何の命令も支配権も行使
   することは不可能、これを証明したかたちだ


つい最近、我々は
 在日米軍オスプレイ導入で
  同様のことを。。
つまり
   日本政府は在日米軍には
    一切何も言えないことを
     露骨に体験している訳であり


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<属国未満にも程が有る>《沖縄米空軍ヘリ墜落》≪在日米軍には戦後一貫して、何もいえない日本政権≫【長期自民党政権~民主党~安倍政権・・・酷くなる一方】


日本政府安倍政権
 小野寺防衛大臣が涙目で
 「米軍から何も情報が入っていない状況・・・」
  というコメント、その表情みながら


やはり。。
「おぃどういうことだ
 何が起こったのか、状況説明しろ
  こちらは、地域住民
   の安全がかかっている
    詳しく説明してくれたまえ」

とは絶対に口が裂けてもいえない
 のだろうと感じざるを得なかった


小生。。
民主党時代からの
 オスプレイ導入に関して
  全く何もいえない状況は
   自民党政権再開確実な情勢でも
    その状況に変化無し、と感じていた


在日米軍
日米地位協定
新型輸送機オスプレイ

総面積の33% 北海道
これに次ぐ22%は沖縄県に集中

米軍専用施設に限れば
74%は沖縄県に集中

《沖縄には戦前から存在らしい》

良いよ、関西空港・神戸空港・日本海側も
配備してもらって

日本政治屋が、国防軍なんて。。
恐らく自衛隊にちょっと手を加えて

オスプレイ
が有名になってしまったが

軍用機だけでも、
我々に知らされない、
幾種類もの無数の戦闘機が
レーダーに察知されずに
飛来・着陸していると思われ

オスプレイ。。
間違いなく
自民党時代に配備が決まっていたか
2008年自民党外相が既に言及

自民党総裁候補に
 いったい何が言えるというのか


では、昭和時代。。長期自民党政権時代
 なら米国・米軍に何かいえたのだろうか


機密解除された米国の公文書によると、2008年5月17日までに、日本は在
日米軍関係者の犯罪について、1953年に「重要な案件以外、日本側は裁判
権を放棄する」密約に合意し、その後5年間に起きた約13000件の事件の
うち、実際に裁判を行ったのは約400件で、97%の裁判権を放棄していたこ
とが判明した(在日米軍裁判権放棄密約事件)。また、1958年、日米安全
保障条約改定にあたり、米側は岸信介首相に、密約が結ばれている裁判権
放棄を公的に表明するよう要求したが、国民からの批判を恐れ岸は認めな
かった



安倍晋三首相の祖父
 戦後タカ派トップ岸信介政権
  ですら。。この有様だった


小野寺大臣に求めるのは酷なのか

いや、アジアの各米国属国でも
 事件・事故の際には各国政府は
  米国・米軍に説明を強く求め
   米国・米軍側も不必要な軋轢
    は不利とその都度可能な限り
     改善に努めているのではないのか


日本列島は、米軍にとって
 極東・東アジアだけでなく
  アジア全体・中東にまで及ぶ
   世界戦略の重要な基地であるはず


出ていってくれ、
 とはいえないが
  言ったとしても
   出て行かない要衝


ならば。。日米安全保障条約
 を有効なものにしていくべく
  日本政府側からどんどん説明
   改善要求すべきなのだよ
     

日本政府・日本政権
 特に自民党政権が長年
  積み重ね、作り上げてきた
   米国属国未満の弱き立場よ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上は、日本の政府・政権
 しかし、米軍に何も言えないのは
  三権の1つ司法権としても全く同じ

   米軍に対して、命令など。。
    差し止め判決なども無理だった



<厚木騒音訴訟>政府、波及懸念 控訴の方針

『21日の横浜地裁判決を受け、菅義偉官房長官は記者会見で「国の
 主張に裁判所の理解が得られなかった。大変厳しい判決が出された
 と受け止めている」と表明した。同様の行政訴訟が全国に波及すれ
 ば、自衛隊の運用に影響しかねないことから、政府は控訴して争う構
 えだ。

 菅氏は会見で「判決文を精査し、関係省庁と調整して適切に対応した
 い」と述べた。防衛省幹部は「各地で行政訴訟が行われる可能性は
 十分ある。今回の判決に特有の事情があるのかどうかを含めて、分
 析しなければならない」と語った。

 安倍晋三首相は就任以来、自衛隊の国内外での貢献をアピールして
 きただけに、訴訟の多発によるイメージダウンを懸念する見方もある。
 今回の判決で、自衛隊が騒音の主因である米軍機の「身代わり」に
 されたという批判は政府内に強く、政府高官は21日夜、「判決を確定
 させてはいけない」と控訴方針を明言した』



国の主張が
 裁判所に理解されなかった

大変厳しい判決が
 出されたと受け止めている


政府のこのコメントをきいて
 そうか、やっぱり痛くなかったか

とガッカリしてしまったのであるが

よく考えれば。。面白いことが
 鮮明に見えてきてしまったのだよ。。


菅官房長官よ。。
 影響は無いと言えないのでは?


日本列島は丸ごと米軍基地
 敗戦国・属国。。主権など無い日本
  から、
在日米軍に言えないのは
   致し方無いとしてもだよ。。


限定つきではあるが、自衛隊
 すなわち、政府が日本<軍>に
  昇格させたい部隊の差し止め
   判決が出現した!ということは。。
所詮

<軍>といえども、警察程度の
 お役所なのであり。。
日本列島が
  世界戦略の拠点とはいえ。。

   米軍が配備ならば、他の軍事力は
    不要!だという議論に発展していく


それを皮肉にも如実に証明している!



関連記事
スポンサーサイト



TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/851-0c4dd7b9