細川氏、活動休止へ=体調不良で静養―脱原発会議

『細川護熙元首相(76)が脱原発を目指す「自然エネルギー推進会議」の
 活動を当面休止することが14日、明らかになった。体調がすぐれず、静養
 する必要があると判断した。
 細川氏は今月7日、2月の東京都知事選で共闘した小泉純一郎元首相
 (72)らとともに推進会議を設立し、代表理事に就任。原発再稼働や原発
 輸出に反対する方針を確認し、全国各地でのタウンミーティング開催など
 を計画していた。細川氏が活動の一線から離れることは、国内の脱原発
 運動にも影響を与えそうだ。
 関係者によると、細川氏は4月中旬、東京・JR品川駅で気分が悪くなり、
 前のめりに倒れた。歯を4本折ったほか、唇にも6針縫う裂傷を負って、意
 識不明のまま駅長室に担ぎ込まれた。
 7日の設立総会は、傷が完治せず体調不良のまま迎えた。あいさつした細
 川氏は、言葉につかえる場面が何度も見られ、「きょうは調子が悪くて、頭
 がくらくらしております…。はっきりしたお話ができなくて恐縮しています」と
 頭を下げた。
 細川氏は最近、原因不明のめまいに見舞われ、体調不良が続いていた。小
 泉氏も「この際、思い切って休養した方がいい」と助言。細川氏は、推進会議
 の代表理事は続けるものの、東北芸術工科大、京都造形芸術大の両学園長
 などのポストは辞任する』



細川護煕氏。。ニュースをみる限り
 病状は尋常ではなく、残念ながら
  引退ということになりそうである

小生。。つい先日も


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪小泉純一郎元首相が”財界”シンクタンク顧問辞任≫<大したことじゃない、そもそも日本の財界など>【今後、やはり気になる勢力だ】


細川護煕元首相とともに
 登記だけで設立可能な
  一般社団法人である
  「自然エネルギー推進会議」
    この背景こそ気になるのだ


小泉元首相を国際公共政策研究センター
 に迎えるよう、財界の面々に進言した

  のは。。米欧シンクタンク関係者
   エスタブリッシュメントだったという


石油スーパーメジャー
 の背後関係も噂されるだけに
  登記だけで済む社団法人
   余計にカネの出所・利権の行方
    も推察が困難であり。。不気味だ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


細川護煕氏と小泉純一郎氏
 どちらが主なのか。。
恐らく小泉氏だ
  細川氏は、小泉氏の足らない部分
   つまり人脚的補完を担っていた。。。

   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<洗脳された国民世論を解き放て!>【小泉純一郎元首相】と≪細川護煕元首相が<脱原発で連携>?≫・・・【期待薄ながら、面白い!】

これこそ、額面通りには
 受け取る方がどうかしている

議員に返り咲く以前に
 抜群の知名度と影響力
  裏で糸を引く可能性すら


特に、日本の政治
 人と人の細い繫がり
  人が動けば何かが起こる


原発問題も、日本だけの
 ドーナツ・ガラパゴス現象
  原発が日本には必要不可欠
   というプロパガンダに覆われ


国民世論の被洗脳層は
 まだそれを信じている
  国内世論が激動すれば
   脱原発も既定路線に向かう


それには、影響力ある筋から
 要所要所へ説得試みる方法が
  有効かも知れない訳で


小泉純一郎元首相は
 その恰好の役回りなの
  かも知れないといえる


菅直人が賛同賛辞
 したぐらいでは何の足しにも
  いや、足を引っ張ることに


小沢一郎氏でも
 大きな影響は無い
  共産党も連携可能性
   に言及したらしいが


どれも残念ながら。。 


小泉元首相から
 細川元首相にアプローチ?


確かに、小泉氏は影響力あるが
 革命者であり、長く自民党傍流


その点、細川氏の旧大名家関連
 日本の明治以前の保守層の系譜
  への人脈・顔はまだ健在らしい


小泉氏の不足する部分を補う
 それを担うのは細川氏の人脈


ただ。。小生、
 2年以上前にも触れたが


細川護煕氏
 小沢一郎氏の強烈な
  糾合力に乗って、
   想定外の首相就任
 

新鮮な雰囲気と
 マスコミの喧伝により
  期待されたにも拘らず
   短期政権に終わり、
    良いイメージは無い


しかし、20年前の
 八党連立政権の顔と
  なったように、知名度
   と要所要所への人脈。。


ここへ期待して
 小泉元首相がアプローチ
  なら、中々面白いニュース


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本の明治以来の保守層
 戦後日本のタカ派・憲法改正派
  などの安っぽい連中のことではない


明治以前の旧公家・武家。。
 日本の極一部を構成する階層
  明治以降の華族層を中心とした
   天皇・皇室の藩屏。。旧支配層
    ここへ顔が利くのは、細川護煕氏

日本列島に脱原発・原発ゼロ
 つまり原発推進がいかに危険か
  政権・原子力ムラが原発行政
   全く出来ていないことを浸透させる
    ことを達成する前に。。引退は残念


今後は、小泉純一郎元首相を
 旗頭にした勢力結集を図るしかない



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【脱原発の小泉・細川コンビのバックには・・・。】<相手が悪過ぎる!>≪自民党・大マスコミ・電力会社・財界。。日本原子力ムラの猛攻撃が始まるだろうが。。≫

舛添要一自身は
 原発推進している
  訳ではない。。が!


舛添を支持している勢力
 これは、自民党。。財界
  電力会社、そして大マスコミ
   ズラリ!原子力ムラがついている


細川護煕を下すことにより
 結果的に脱原発勢力を駆逐
  これが、自民党・大マスコミ
   そして財界。。電力会社の企て


敵の敵は味方。。ということなのか

これから、都知事選
 大マスコミ。。特に産経
  あとは時事通信・読売。。


猛攻撃が始まる
 テレビ・新聞。。そして
  ネットニュースも大マスコミ
   が良い位置取りを確保している


そうなれば。。マスコミの扇動
 プロパガンダに弱く。。さらに
  日本の政党・与党自民党主義に
   日本東京都民有権者はイチコロ


しかし、そうはいかない

小泉純一郎の突破力は
 有名ではあるが。。むやみ
  やたらと脱原発叫んではいない


必ず。。背後の巨大な勢力の
 意向を感じ取っているはずである


安倍政権の原発推進は
 米・欧原発脱却の思惑に
  大きく反している訳であり


あまりにも相手が悪過ぎる
 いや、原発推進が最悪・最凶だ


その背後の勢力とは
 日本ではない。。米国シェールガス
  ジャパンハンドラーという噂もあるが
 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


かなり、調べてみたが。。
 小泉・細川の一般社団法人の
  背後関係は全く解らない。。


しかし、どこにも出ていない
 ということは。。ヤバイから出ない

  誰にとって?日本政府・安倍政権に
   とってヤバイ。。政治屋連中は
    全く無自覚だろう。。が


それとも日本の大新聞
 がキャッチ出来ない筋から
  しか情報は出てこない
   ということも出来る。。


やはり、不気味である
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/839-02af4c57