みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会

『国賓扱いとはいえ、慌ただしいオバマ米大統領の訪日だった。24日の首脳
 会談では日米同盟の強化を演出したものの、オバマ米大統領からすれば
 「新しい大国関係」を模索する中国との無用な摩擦は避けたところだ。日本
 とて同じである。

 折しもオバマ米大統領の来日直前、中国の上海海事法院(裁判所)が日中戦
 争時に結ばれた賃借契約に基づく損害賠償訴訟で被告となった商船三井の所
 有する船舶を差し押さえの決定を下したのは偶然ではなかろう』

『これを聞いた菅義偉官房長官は21日の記者会見で「極めて遺憾だ。日中国交
 正常化の精神を根底から揺るがしかねない」と述べ、中国側に適切な対応を
 求めた。

 だが国交正常化の際、日中共同宣言には「中華人民共和国政府は中日両国国
 民の友好のために、日本国に対する戦争賠償の請求を放棄する」との文言は
 あるが、民間の商行為については「戦時賠償の請求権を放棄した日中共同声
 明への明白な違反とまでは言えない」というのが外務省の見解である。

 実際、2010年に敗訴した商船三井は判決に従い賠償金の支払いを前提に和解
 の可能性を探っていたところが、突然、中国当局に所有する船舶を差し押さ
 えられてしまうのだ』

『周知のとおり、中国ではこのところ戦時中に日本が強制連行した中国人労働
 者が日本企業を相手に損害賠償を求める訴訟が多発している。

 理不尽な話だが、中国側からすれば、昨年暮れの安倍首相の靖国参拝はそれ
 こそ、戦後の歴史を否定する暴挙でもある。

 しかも、安倍首相は懲りずに21日、靖国神社の春の例大祭に真榊を奉納、古
 屋圭司国家公安委員長、新藤総務相ら現職閣僚が次々に靖国参拝を強行した。
 さらに22日、超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の147
 人が集団参拝するに及んでは、今後、日本企業をターゲットにした中国の嫌
 がらせはますますエスカレートするに違いない。

 せめてもの救いは、こうした狂信的な靖国信者が国会議員の4分の1程度にと
 どまっていることか。思想や信条は自由だが、保守政治家であれば我を捨て、
 公に生きることを知るべきだ』




みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会

日本の超党派の議員連盟。
自由民主党、民主党、日本維新の会、みんなの党、生活の党、
みどりの風の6党と無所属の国会議員から構成される

「靖國神社に祀られている過去に行われた戦争(戊辰戦争・
日清戦争・日露戦争・大東亜戦争など)の英霊の御霊達を、
国会議員みんなで参拝しよう」という趣旨で1981年(昭和56
年)に結成された。日本遺族会を中心として、国会議員の靖
國神社参拝を念願する団体も支援している



自民党。。維新の会、みんな、生活。。
 恐らく、昭和56年。。母体は自民党




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



≪靖国神社参拝!≫<首相・閣僚。。その他自民党議員だけでなく野党まで>【誰に命令されての参拝?】

日本国会議員の靖国神社参拝
 小生。。これについて考えたのも
  ここ数年のことである訳だが


少なくとも、現在。。
安倍首相はじめ閣僚。。
 主に与党自民党議員団の


平和への祈念
 とか、国に命を捧げた
  人々に哀悼の意、は
   日本人として当然だ


この言い訳をまともに
 信用する気にはならん


主に。。
自民党はじめ超党派議員団
 も、橋下徹という
維新の若きリーダーに
  言われちゃ情けない

要約し過ぎかも知れないが
 恐らく上記のようになるのだろう



”自分たちで解決できるだけ
  のポジションに立っていないので”


そう!その通りに違いない

だから。。ぞろぞろと
 百数十人も数だけ多いのに
  皆、肩をすり合わせるように
   何か、後ろめたそうに。。


外交上、何かヤバイ?
 というのが
  薄ぼんやりとでも
   解っているからなのだろう


本当に、信念に基づき
 参拝する。。また、
世界に説明出来るなら
 たった一人でも堂々と
  参拝すべし!


君らの参拝の仕方が
 我々クソど素人ですら
  もしかして、問題あり?
   と気づいてしまう原因なのだ


そして。。外交問題に恐れをなし
 ながらも、徒党を組んででも
  参拝する理由について、当初


何か。。外交圧力に対して
 怯えながらも。。それでも
  我慢して。。参拝するのは


軍国主義に対する恐怖
と規定してみた訳であるが

安倍首相の態度や、タカ派政治屋
 の言動をみながら、これはやはり

  そういう信念があるに違いない!


とも思ってみたこともあるが

この小泉純一郎元首相
 首相在任時代に靖国参拝
  これがどうにも未解決だった


当初から、視野には入っていた
 ある団体。。これが強力だった

  主役ではなく、脇役と。。
   侮っていたのであるが。。



日本遺族会

一般財団法人
英霊の顕彰と慰霊に関する事業、戦没者遺族の相互扶助、
生活相談に関する事業などを実施している法人。元厚生
労働省
所管


1961年9月から1962年1月まで、安井誠一郎が第3代会長
を務めた。1962年の安井の死後、賀屋興宣が第4代会長に
就任し、1977年4月に亡くなるまで会長を務めた。1977
年10月から、村上勇が第5代会長を務めた。2002年2月か
ら2012年2月まで、古賀誠が会長を務めた。東日本大震災
の九段会館で仕立て天井崩落による死亡事故を受けて、2
012年2月に古賀が辞職したのちは会長は空席となり、森
田次夫副会長が会長代行を務めた。9月1日付で、自民党
参議院議員の尾辻秀久が会長に就任した。(古賀誠は現在顧問)


遺族会は靖国神社など特定の宗教団体と密接な関係があ
るとされ、“靖国神社に代わる戦没者追悼国立施設の設
置”には反対の立場を取っていたが、
昭和天皇が靖国神
社参拝を中止した理由がA級戦犯の合祀とされる富田メモ
が2007年に見つかったため、
分祀の検討を当時会長であ
った古賀誠が講演で述べた。

現在の遺族会は靖国神社問題を解決する手段として戦没
者追悼国立施設の設立を積極的に要求
しており、2007年
自由民主党総裁選挙でも、戦没者追悼国立施設の設置を
発案者である福田康夫支持を表明した。

傘下に政治団体日本遺族政治連盟を持つ。自民党を支持し
つつ、また自民党中枢の人物からも支援されており、199
3年から1995年にかけて会長を歴任した橋本龍太郎は、遺
族会が記念施設の建設を要望した1979年当時の厚生大臣
でもあった。1955年以来、組織内候補を参議院議員通常
選挙に立て、かつ当選させて来たが、会員の高齢化を理由
として、2013年夏の第23回参議院議員通常選挙以降は組
織内候補を擁立せず、比例代表で自民党の公認候補を支
援するとしている。現任会長の尾辻秀久は比例区候補の党
内の年齢規定に抵触するということで比例区から地方区
(鹿児島県選挙区)に転出した
            (ウィキペディア)




昭和天皇の靖国参拝中止について
 は、小生も述べた。。また今上天皇
  が靖国神社を一度も参拝していない
   ということについても。。


日本遺族会は、やはり天皇陛下に
 追従!なのは当然といえば当然だ


と、なれば。。
 政治団体日本遺族政治連盟!!
  故橋本龍太郎か。。元首相
   自民党総裁選で、小泉純一郎
    は橋本に勝ち、総裁・首相に


日本遺族政治連盟への遠慮?
 米欧露戦後世界秩序よりも
  優先なのか?
ということは
   経済・外交・国民生活よりも
    自らの身の安全の保証か。。。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


みんなで靖国神社に
 参拝する国会議員の会


も。。日本遺族会と
 無関係ではないはず


しかし、本元の日本遺族会
 が昭和天皇・今上天皇に付き従い
  靖国神社に代わる戦没者追悼国立
   施設の設置を支持している!
    のにも拘らず。。なぜ解散しない!


靖国参拝していれば
 遺族会も選挙協力を拒まないのか?
  それにしても鼻つまみ者的存在だ
   国会議員を引退すべきである!!


一般国民ではなく、軍人しか
 祀られていない靖国神社を参拝して
  国のために亡くなった国民とは。。
   少し違うのではないだろうか
    全てを含めて言うのなら解る


この靖国神社を参拝する国会議員
 平成の。。21世紀の大政翼賛会
  への準備活動とみれば、納得も可能



関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/814-a88f920e