田原総一朗「韓国の『反日感情』は政治家とメディアが煽る幻だ」〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140425-00000002-sasahi-kr

『4月12日放送の「激論!クロスファイア」に、産経新聞ソウル駐在
 特別記者兼論説委員の黒田勝弘氏に出演してもらった。黒田氏と私
 は70年代からの友人で、当時、彼は共同通信の記者であった。

 黒田氏は71年に訪問した韓国に取りつかれ、78年に同国の延世大学
 に留学後、ソウル支局長になったのだが、ずっと韓国に居続けたい
 ので、産経新聞に移ったのである。韓国とのつきあいは40年以上に
 なり、うち約30年は韓国で生活しているわけだ。これ以上、韓国通
 の日本人はいないといえるだろう』

『その黒田氏に、韓国の「反日感情」の実態を語ってもらった。たと
 えば朴槿恵大統領は、米国をはじめ各国との首脳会談で日本を厳しく
 批判している。そして韓国の新聞やテレビは、うんざりするほどすさ
 まじい日本攻撃を繰り広げている。

 私は、金泳三大統領にも金大中大統領にも会っている。大統領になる
 以前の李明博氏にも会った。いずれも、過去の歴史問題をとやかく言
 うのはやめて、韓国と日本が腕を組んで自由で豊かな未来をつくろう
 と力強く言っていた。ところが、朴大統領や韓国メディアの言動をみ
 ると、韓国と日本が憎悪をむき出しで争っているようである。近頃で
 は、日本の雑誌や書籍でも韓国を憎み、罵倒する類の代物が多くなっ
 てきた。

 そこで、黒田氏に、なぜ韓国の政治家やメディアがこれほど日本への
 憎悪をむき出しにするのか、その実情を説明してもらった。

 「韓国の国民のほとんどは、実は反日感情など持っていません。私は
 生括していて何の危険性も感じないし、不快な思いもしない。それど
 ころか、韓国人はきわめて穏やかで親切です」

 黒田氏は微笑を浮かべて語った。日常生活では、日本拒否の現象など
 見当たらない、というのである。すぐには信じられなかったが、黒田
 氏はありのままの実感を話したのだ。

 しかし、それにしては朴大統領の尋常ではない日本批判、そしてマス
 メディアの憎悪むき出しの日本攻撃は、どう受け取ればよいのか。黒
 田氏は苦笑してこう語った。

 「メディアの人間は自分を知識人だと思っていて、知識人として朝鮮
 を植民地にした日本を批判すべきだ、それも忘れてはならないという
 思いが強い。しかし、いくら日本をたたいても一般の国民は反応しな
 いので、いら立って日本をより強烈に批判する。しかし、反応しない
 。そこでますます怒る……という現象になっているのですよ」』

『数年前までは、「ヨン様」ブームなどで韓国を訪ねる日本人客、特に
 女性客が増えていた。それが、朴大統領をはじめ韓国の政治家やメデ
 ィアが日本を激しく攻撃するようになってから激減したというのだ。

 しかし、一般国民が朴大統領の日本批判や韓国のマスメディアの日本
 攻撃などそれほど読んでいるとは思えず、日本の、特に週刊誌や月刊
 誌の多くが韓国を批判、いや憎悪むき出しで攻撃しているのを読んで
 、韓国に拒否反応を示すようになったのであろうと考えられる。とい
 うことは、韓国人とは逆に、日本人は売らんがための報道に容易に影
 響される、もろい存在だということになる。我ら日本人、しっかりし
 なくては!』




韓国の週刊・月刊誌が日本批判を煽る
 しかし、国民は反応していないらしい


対して、日本は大新聞社の出来が悪過ぎる
 だけでなく、対中国・韓国という感情を
  煽りたてて、訂正するどころか売るための
   扇動・プロパガンダを垂れ流し続ける


この件について、小生。。
 中国との関係で述べたことがある



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『これだよ、これ』!!≪日中尖閣闘争の根源≫は。。「中国メディアの誤り」を【訂正しない】《日本大マスコミの腐った報道姿勢》だ


<中国>日本報道「偏向」が最多 留学生アンケ

『日中関係が冷え込む中、早稲田大でジャーナリズムを学ぶ中国人留学生
 と日本人学生が、両国の報道に関する中国人留学生のアンケート調査を
 実施、中国・上海を訪れて現地の大学生と意見交換した。浮かび上がっ
 てきたのは、両国民の相互理解に果たすメディアの役割の重要性だった』




よくぞ言ってくれた
 毎日新聞。。これは
  中々無い報道だ
小生。。以前から
 何度も指摘している





『調査はジャーナリスト養成を目的とする早稲田大大学院政治学研究科ジ
 ャーナリズムコースで学ぶ日中両国の学生が、同コースに在籍する中国
 人留学生66人を対象に2月にインターネットを利用して実施し38人
 から回答を得た。互いの国に関するテレビや新聞の報道について「適
 切だ」「偏向している」「どちらとも言えない」との三者択一で聞いた
 ところ、日本メディアの中国報道は「どちらとも言えない」(17人)
 が最も多く、以下▽偏向している15人▽適切だ6人--と続いた。中
 国メディアの日本報道については日本メディアより厳しい見方をする人
 が多く、最も多い「偏向している」が27人に上り、次いで▽どちらと
 も言えない9人▽適切だ2人--の順だった。

 日本メディアについて「どちらとも言えない」と答えた留学生の多く
 は、理由について「新聞社やテレビ局によって報道の内容が異なる」
 「報道内容自体は特に誤っていないが、範囲が狭い」などを自由記述で
 挙げ、ひとくくりにできないとの認識を示した。「偏向している」と答
 えた留学生は「反日デモについて冷静な意見を持っている中国人も多い
 のに、ほとんど取り上げなかった」などの意見を寄せた。

 一方、中国メディアの日本報道について「偏向している」と答えた留学
 生からは「特に政治問題については客観性が足りず、事態を悪化させる
 傾向がある」「日本を敵と見なしている」「言葉遣いが激しい」などの
 指摘があった。

 そして、日中関係改善のために両国のメディアに期待することを尋ねる
 と▽政治や軍事だけに注目しないでほしい▽作り手がまず偏見を捨てる
 べきだ▽相手のよいところも勉強し合う▽ネットで国民ベースの交流を
 深められれば--など、多くの意見が寄せられた。

 ◇「多様な事実伝えて」

 同コースの中国人学生5人、日本人学生4人、教員2人の計11人は3
 月8~12日に上海市を訪問。同9日にはジャーナリズムを学ぶ復旦大
 新聞学院の修士学生10人、教員2人と研究交流会を開いた。

 交流会では、アンケートのまとめ役の一人、段文凝さん(修士2年)ら
 3人がリポートを発表。アンケート調査の結果について、復旦大の学生
 からは「両国民に誤解がある。両国のメディアがもっと多様な事実を伝
 えるようになれば、友好につながる」(男子学生)▽「こういう文化的
 な交流によって共通点が見いだせることが分かった」(女子学生)--
 などの意見が上がった。より多くの中国人留学生や日本人学生を対象に
 した大規模な調査の必要性も指摘された』





中国人留学生
 ジャーナリズムコース
  学生アンケート
中国メディア
 偏向している
  客観性が足らない

中国共産党の影が有るから
 或る意味致し方が無いといえる

問題は日本メディアだ
 偏向している
  冷静な意見を
   持っている中国人取り上げず
 新聞社やテレビ局に
  よって報道の内容が異なる
   報道の範囲が狭い

ズバリ!!
事実を伝えていない
 正確な報道ではない
  日中衝突を煽っている




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



『彼ら』は【大日本帝国】と戦ってるぞ!!《メディア》よ、きちんと「報道」しろよ!

昨年だったか
尖閣諸島で逮捕された香港活動家

那覇に降り立った映像を観た

口々に
(尖閣諸島は)「中国の領土だ」
と叫んではいた
が!!

その前に”日本は軍国主義だ!”
とも叫んでいた。。。

小生。。ピンときてしまった

以前、ここでも触れた。。中国人民への
国営メディアの情報
が根底にある
のではないか


《日中関係》大いに「疑問」!『政治家』は勿論悪いが【メディア】はもっと悪い!

中国人の日本に対する印象
好戦的 軍国主義
もう一度言う
日本のイメージ
が、だ

中国人民で。。
日本人と実際に付き合いがある
という割合は、
微々たるもの
。。だそうだ

もう明らかだ

中国のメディアが日本のイメージとして
中国人民に植えつけている
のは

日本軍 大日本帝国だ!


韓国大統領も。。
≪【天皇陛下】≫は・・・。で始まった

軍国主義。。日本軍。。大日本帝国。。

昭和天皇は、軍に利用されたということとは別に

中国・韓国への両国メディアの情報

また、日本メディア
はそれをきちんと整理し、報道して

誤りを。。誤解を。。もつれを
解きほどく義務があるのではないか


彼らは、大日本帝国と戦っている



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


これを指摘せず
 日本タカ派政治屋たちを
  炊きつけ。。憲法改正論議
   を煽ってきた日本大マスコミ
    その罪は極めて重い

日中軍事衝突ともなれば
 A級戦犯は日本大マスコミだ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


韓国。。中国で。。それぞれ
 国内で誤った報道されていたら

それを訂正していくのが
 ”自称先進国日本”の大マスコミ
  の役割ではないだろうか。。


しかし、記者クラブなどという
 結構なサロンまで未だ保有し
  早々に廃止すべきところなのに
   未だそれは温存されたまま


その上で、誤った扇動報道
 プロパガンダ記事垂れ流し
  対中国・韓国感情を煽っている


各家庭に配達の新聞は
 このところ年々減少傾向
  しかし傘下の絶大影響力のテレビ
   や、ネットでも良い位置取りで
    ニュース配信している大新聞各社


これら大マスコミが間違った
 報道体制で、国民を誤誘導する
  よって、安倍政権などという
   下らん間違えた歴史認識保有
    の政権が未だ延命し続けている
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/796-9f6b9d4a