<語るに落ちたな、読売よ>
≪いったい何が言いたいのかね?読売新聞≫

【憲法改正など不要な何よりの証拠、いや
  〈米国がそれを絶対にさせない〉という激烈な圧力だよ】




本へ脅迫、見過ごせず…米大統領が中国けん制

『米国で7、8両日に行われた米中首脳会談で、中国の習近平(シージン
 ピン)国家主席が沖縄県・尖閣諸島をめぐる問題の「棚上げ」に言及し
 たのに対し、オバマ米大統領が尖閣周辺海域における中国公船の領海侵
 入を念頭に、「同盟国である日本が中国に脅迫されることを見過ごすこ
 とはできない」とけん制していたことが分かった。

 日本政府筋が14日明らかにした』





如何にも、米国が同盟国の日本
 のために、中国に釘を刺し。。撃退


とでも言いたいのだろうか
 読売新聞。。そして日本政府よ


一見、そのように見えないこともない
しかし!!





『習氏は会談で、尖閣の領有権を主張する中国政府の立場を説明した上
 で、日中対立の長期化を避けるため、「日中が問題を棚上げするべき
 だ」との考えを強調したという。日中対立悪化を望んでいない米国が日
 本に棚上げを求めれば、日本も応じざるを得ないとの判断が働いたとみ
 られる。だが、オバマ氏はこれに乗らなかった』





尖閣諸島問題
 正に安倍政権は、これを
  このことを第一の最大の
   根拠として憲法改正に
    大きく乗り出していた


しかし
憲法改正。。軍備増強
 そして中国に向き合えば
  日本こそが世界中から叩かれる
   ことに成りかねない


米国は、世界戦略
 極東運営を特に各国
  日本・中国・韓国のバランス
   重視しながら、考慮していた


一気に中国に追い込まれていた
 弱い日本。。憲法改正しても
  中国には敵わないどころか
   先に手を出し、批判の的に


日本よ。。そんなことは
 絶対に許さない、許可しない
  憲法改正など一切不要だ
   米国大統領がたった一言
    中国を牽制すれば、解決だ


憲法改正など何の武器にも
 解決にもならない!何より
  米国の許可が絶対に得られない


日米安保条約
 に基づいて。。
  尖閣諸島はおろか
   日本列島及び周辺海域
    は米国が管理・運営していく


ということではないのかね?(笑)
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/78-e8ce134b