オバマ大統領、訪日は23-25日 米が日程発表 ほかに韓、比など29日まで歴訪

『米ホワイトハウスは14日、オバマ大統領が23-25日の日程で
 日本を訪問すると正式発表した。安倍晋三首相との会談では、同盟
 関係の近代化とともに、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)な
 ど経済関係の深化についても焦点をあてるとしている。

 発表によると、オバマ氏は訪日後、29日までの日程で、韓国、マ
 レーシア、フィリピンのアジア諸国を歴訪する。25、26日に訪
 問する韓国では朴槿恵大統領と会談し、北朝鮮情勢について検討す
 るほか、米韓自由貿易協定(FTA)の履行状況についても話し合
 う』





米国オバマ大統領が
 アジアの同盟国を歴訪する


とは、日本の大新聞社的報道

TPPで最後の捻じ込み
 韓国とは米韓FTAがあるだろう

日本は、完全に米国の標的
 として。。ロックされている
  まるで、TPPが日本に
   幸福をもたらすかのように


もう、3年越しの議論
 飽きっぽい日本国民世論
  そろそろ慣らされてきたかも
   知れない。。もはや、お手上げ


2011年10月。。
 安倍政権誕生前の話だ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


冷静に考えれば。。これは『米国』との「属国契約」調印【TPP】



自民・茂木氏「TPPで不景気解決するのか」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111029-00000787-yom-pol

『自民党の茂木政調会長は29日、大阪市で開かれた党府連大会で講演
 し、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加問題について、「何より
 も景気(対策)だ。大阪も不景気だが、TPPをやって解決するのか。
 円高対策、空洞化対策とどっちが必要か優先順位を考えるべきだ」と
 述べ、政府・与党は態度決定を急ぐべきではないとの認識を示した』


自民党の政策決定総責任者 政調会長
がこう言うからには。。

自民党はTPPに反対

とは簡単には言えない

語調が弱い。。いつでも寝返る。。苦しい言い訳
そう聞こえない事もない(笑)


説得力が無さ過ぎ

米国が恐い。。しかし、選挙区も恐い


TPPで

日本の基幹産業が潤うのか


今、既に韓国・中国にボロ負けしているのに

米国に有利になるだけではないのか?



一言でいえば良い

TPP参加国

シンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランド

オーストラリア、ベトナム、ペルー

マレーシア。。。


アジア・南米・南太平洋。。


米国の属国ばかりだ




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まず。。日程的に
 23日。。24日。。日本
  25日に日本から韓国へ
 25日。。26日。。韓国

正に、東アジアの属国同士
 日韓は、米国にとって同等
  経済・金融面では日本
   軍事・外交では韓国か。。


あんまりテンション上がらん
 日韓訪問ではないのか?
  そうか、キャロラインに
   会いに来るということか(笑)


マレーシア
 英連邦の一員であり
  東南アジアのマレー半島南部と
   ボルネオ島北部を領域とする
    連邦立憲君主制国家である
     正に属国の歴史。。


フィリピン
 第一次大戦前後まで、米国植民地
  その後、自治領となり独立を約束
   されるが。。第二次大戦で日本軍
    が占領。。しかし、日本が敗戦
     戦後米国植民地に戻される恐れ
      もあったが。。共和国として
       独立したことになっている。。


フィリピン独立の際。。国名を
 マレーシアとする案が。。これは
  初めて聞いた。。マラヤ連邦が
   マレーシアを先に名乗り。。現在に


いずれにせよ。。
 戦後日本、米国建国の韓国
  米英同盟下としての
   マレーシア・フィリピン


オバマ大統領は、属国を巡回
 し。。経済、外交・軍事
  足元を固めにやってくるのか
 
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/779-484f804d