中国が対日闘争を強化、自民党内で「ポスト安倍」の動き

『4月1日から消費税率が8%に引き上げられた。安倍内閣は消費
 増税による景気への影響に配慮し、5.5兆円規模の補正予算を
 決めている。消費増税による日本経済への影響は「一時的」と
 の見方もあるが、今後の景気動向を慎重に見ていく必要がある。

 その一方で、日本は外交問題でいくつか懸案を抱えており、難
 しい局面を迎えつつある』

『アベノミクスの「3本の矢」のうち、2本は放たれたが、問題は
 3本目の矢である成長戦略だ。雇用や農業、医療などの分野で規
 制改革を行い、「岩盤規制」を打ち破る必要があるのだが、こ
 れが思うようにいかない』



米欧金融・投機筋との連携で
 IMF国際通貨基金が、
安倍政権に
  日本経済に警告!!
については
   小生。。昨日触れておいたのであるが。。




『アベノミクスが正念場を迎える一方で、安倍政権は外交でさまざま
 な問題に直面している。とくに難しいのが日中関係だ。

 中国の習近平国家主席は3月28日、訪問したドイツのベルリンで講
 演し、「南京大虐殺」について言及して、「日本軍は中国・南京に
 侵略し、30万人以上もの中国人を殺すという残虐な犯罪を行った」
 と語った。

 こうした発言は、これまでの中国国家主席から聞いた覚えがない。
 それをいま言い出したのはなぜだろうか』

『3月25日、オランダのハーグで、オバマ大統領が仲介するかたちで
 安倍晋三首相、韓国の朴槿恵(パククネ)大統領の日米韓首脳会談
 が行われた。そのとき安倍さんは朴氏に「マンナソ パンガプスムニ
 ダ(お会いできてうれしいです)」と韓国語で挨拶したのに、朴氏
 はニコリともしなかったという。

 その2日前、朴氏は習氏と会談を行っていた。初代韓国統監を務めた
 伊藤博文を暗殺した安重根(アンジュングン)をたたえる記念館が
 中国黒竜江省のハルビン駅に開設されたことを評価するなど、中韓
 が歴史人問題で「反日共闘」の歩調をそろえることを、いわば確認
 していたのである。

 中国の「対日闘争」が激しくなる背景には何があるのだろうか』




中国・韓国の動き。。派手ではあるが
 特に、韓国は米国属国であり
  米国が戦後建国した国家なのであり


中国も。。米欧・ロシアと緊密に
 連携しているのは間違いない訳で





『実は2013年12月、安倍首相と習国家主席が今年1月に顔合わせを行
 い、3月の「核安全保障サミット」でオランダ・ハーグを訪れた際に
 日中首脳会談を行う話し合いができていた、という。

 その段取りが整っていたにもかかわらず、安倍首相は昨年12月26日
 に突然、靖国神社を参拝する。

 この靖国参拝については、米国も「失望した」と述べた。昨年10月、
 米国のケリー国務長官とヘーゲル国防長官が来日し、千鳥ヶ淵戦没
 者墓苑(東京・千代田区)を訪れて献花している。これは、米国の
 戦没者慰霊施設であるアーリントン国立墓地にあたる場所は千鳥ヶ
 淵戦没者墓苑であり、安倍首相は靖国神社に参拝しないでほしいと
 いう強い意思表示だったのだ』




米国国務長官と国防長官
 が、揃って千鳥ヶ淵戦没者墓苑
  を訪れ、献花したのは早々に知っていた


昨年末、安倍首相が靖国参拝
 した直後にも小生も述べておいた。。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<日本政治は、嵐の前の静けさか>≪与野党ともに袋小路へ≫【しかし、国際政治は容赦無いはず】



官僚出身の江田憲司
 少なくとも、ド素人ではなく
  橋本龍太郎の秘書官経験も
   あり、日本では玄人筋の部類


元々何にも無い空っぽの集団
 大阪維新の会率いる橋下徹と
  松井一郎は、安倍晋三首相に
   シンパシー抱く訳であるが


石原慎太郎は安倍晋三と
 政策が極めて近く。。


橋下維新は、江田憲司が
 目論むように石原慎太郎一派
  と袂を分かった方が、スッキリ
   するのは当然なのである


ただ。。橋下大阪維新も
 賞味期限切れ、どころか
  足元の大阪でも存亡の危機


とてもじゃないが国政に
 専念など出来ず。。このまま
  ならば、消滅への道まっしぐら


安倍晋三政権主流。。
 安部首相と菅官房長官も同志の
  橋下維新の今後が極めて不透明
   なので。。絵が描けないのだろう


一方、安倍首相も。。国際情勢
 米国との関係、中国・韓国との
  距離感を全く読めていないようだ


在日米軍基地普天間飛行場移設に
 絡み、少しぐらい譲歩したって
  日米関係は、絶対に改善しない


米国と欧州は阿吽の呼吸
 米国とロシア、中国も戦略共有
  同じく米国属国韓国も。。
   米国政府からの天の声に
    極めて敏感に反応するはずで


普天間飛行場移設に
 道筋付けたぐらいで  


早々に靖国神社を
 参拝するようでは。。


英霊に敬意をという
 首相の弁は信用出来ず
  単に信介お爺ちゃんの
   墓参りがしたかっただけ


米国の国務長官・国防長官が
 戦没者英霊に敬意示すなら
  靖国神社ではなく。。
   他の戦没者追悼施設が
    あるではないか、と。。


高官二人が揃って
 今年10月に何かの
  シグナルを込めてなのか!!


千鳥ヶ淵戦没者墓苑に足運び
 異例の参拝をしている事実を
  知らぬはずもなかろう


米国政府が安倍晋三の
 靖国神社参拝をどう
  受け止めたのかは。。


今後の中国・韓国の出方
 に表れるのは間違い無い



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『それにもかかわらず、安倍首相は靖国神社を参拝した。だから米国
 は「失望した」との強い表現で日本に怒りを伝えたのである。

 怒ったのは米国だけではなかった。中国の習国家主席も怒った。日
 中首脳会談の準備がほぼ整った矢先の靖国参拝であり、うまくいき
 かけていた日中首脳会談をご破算にされたからだ。習氏には「だま
 された」との思いがあるだろう。

 衛藤晟一首相補佐官らの側近が「参拝に行ってほしい」と安倍首相
 に働きかけ、安倍首相も公約だから行くとしていた。「選挙の公約
 を果たしただけだ」という指摘もあるが、それにより安倍首相の中
 国、韓国、米国との外交はすべて失望に変わったといってもよいだ
 ろう。

 いま自民党内では「ポスト安倍」を探る動きが出ている。

 アベノミクスの「1本目、2本目の矢」の成功で、2015年9月の自民党
 総裁選は「無競争」といわれ、2016年7月に予想される衆参同日選挙
 でも自民党が勝利して安倍首相は続投という線がでていた。

 ところが、にわかに「ポスト安倍」を探る動きが起こり、福田康夫元
 首相らの名前があがっている』




いっておくが。。まず韓国の動きは
 米国の指令によるものであり。。

  中国も、米欧露との連携結果によって
   動いているとみなされる訳である


問題は、米欧露世界秩序
 国連安保理常任理事国という
  帽子を被ってはいるものの
   

米・英・仏・露の表向き
 国家単位の括りだけではなく
  その背後に様々な勢力が
   控えていることは想像がつく


安倍首相の靖国神社参拝は
 敗戦国として、戦後世界秩序を
  受け入れたことにより、表面上
   主権を認められたにも拘らず
    それを。。ひっくり返す
     つまり世界秩序への挑戦である


自民党に安倍降ろしの動き?
 それは信用出来ない話である
  高度成長時代。。バブル以前
   の昔ならいざ知らず。。


今の自民党にはそんなパワーも
 胆力も無いのは一目瞭然であり
  田原総一朗の昭和まがいの妄想


それよりも。。米欧諜報機関発の
 日本政界スキャンダルが米欧メディア
  を通じて。。また、日本大マスコミに
   圧力掛ける形での勃発・暴露。。


となれば、日本国民世論は大きく動き
 首相は一瞬で辞任せざるを得なくなる




関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/767-c91a7afc