fc2ブログ
官僚常套手段 首相答弁に都合の良い文言盛り込み既成事実化
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140408-00000007-pseven-soci

『「天下り」というと、キャリア官僚ばかりが注目されがちだが、
 地方の役人の天下りも目に余るものがある。東京都の過去1年間
 の課長級以上の再就職データ(2013年11月公表)を見ると、計
 160人のうち公益団体等39人、監理団体32人、報告団体等16人と
 、いわゆる外郭団体で過半数を占める。どのように天下り規制を
 進めていけば良いのか? 「政策工房」社長の原英史氏が解説す
 る』



この件は、先日触れておいた
 都庁官僚の天下りの実態は
  国家公務員以上とのことだった


しかし、中央府省庁官僚の
 天下り問題を過小評価・矮小化
  すべきではない、ともいっておいた




『東京都はじめ他の自治体でも独自条例により天下り規制を導入し
 ていけばよい。その際に十分気を付けないといけないのは名ばか
 りの規制ではなく、実効性ある規制にすることだ。一例をあげる
 と、よく陥る罠として「天下りの押し付け(役所が再就職先にOB
 を無理やり押し付けること)だけを規制すればよい」という議論
 がある。

 これをやると、規制が意味をなさなくなる。国も自治体も、役所
 の公式見解としては「天下りの押し付けなどやっていない。あく
 まで受け入れ先から『こんな優秀な方にぜひ来ていただきたい』
 という要請があった」という建前だからだ。かつて第一次安倍内
 閣で天下り規制を導入した際にも、それが問題となった。

 当初、安倍総理は「押し付け的天下りを禁止」という方針を示し
 ていた。そうした文言になったのは、規制導入に抵抗する官僚機
 構の策謀によるものだったのだろう。当時の政府の公式見解によ
 れば「押し付け的天下り」は存在しない。つまり、「禁止」とい
 っても「これまでも存在しなかったことを禁止する」というだけ
 だ』




大失敗だった第一次安倍内閣
 しかし、失敗は第二次内閣でも同じ
  新聞社政治部の扇動報道で
   上手くいっているようにみえるだけ


日本の政党政治。。国会議員政治
 は劣化の一途を辿っている
  特に21世紀になって。。その惨状
   は目にあまるものがある訳で


官僚機構による政治支配は
 激烈に進行していることは
  小生。。以前から言っている




『この時は筆者も行革担当大臣補佐官として関与していたが、政府内で
 の激しい議論を経て最終的に、「押し付け的天下り」だけでなく、役
 所があっせんして行なう再就職全般を規制することになった。名ばか
 り規制にしてしまおうとの策謀を何とか突破したのだ。

 ところが、である。今年1月の衆議院本会議での安倍総理答弁を見て、
 筆者は愕然とした。野党議員から天下り問題への対応を問われ、「国
 家公務員の再就職については、……再就職の押し付け等の不適切な行
 為を厳格に規制し、天下りを根絶してまいります」と答弁しているで
 はないか。

 こうした国会答弁のペーパーは総理ではなく役人が書いている。答弁
 の中に自分たちに都合のいい文言をこっそり入れ込み、既成事実化す
 るのは霞が関官僚の常套手段だ。その罠に安倍総理もかかり、再び名
 ばかり規制路線に戻ってしまうのだろうか。国でも地方でも、天下り
 はじめ、役人の権益に斬り込むことはかくも難しい』




安倍首相の官僚作成ペーパー
 棒読み丸読みは、以前から気づいている




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


≪安倍首相の官僚作成ペーパー丸読み露呈!≫<参院特別委員会>【それが露骨に出てしまったから、国会が大慌て】


<秘密保護法案>ドタバタぶり露呈…参院委審議

『参院審議入りから1週間あまり。与党は5日、特定秘密保護法案を参院の特別
 委員会で採決する構えだが、4日の委員会では安倍晋三首相が「保全監視委
 員会」という機関の新設を突然言いだして、野党側を当惑させた。審議不足で
 法案の不完全な姿やほころびが露呈する中、法案に反対する市民が国会議事堂
 を取り巻いた』

『「いま何て言った」--。4日午前10時過ぎの参院特別委員会。やじが飛び
 交う中、自民党議員の質問に答えた安倍首相は秘密をチェックする「第三者的
 機関」として「保全監視委員会」、有識者会議として「情報保全諮問会議」の
 新設を突然言い出した。衆参の審議で初めて登場する機関名で、議場は騒然。
 福山哲郎氏(民主)は「初めて聞くぞ」と、周囲の議員と顔を見合わせてメモ
 を取った』




「情報保全監視委員会」

特定秘密保護法案に関して
 特定秘密の指定や解除
  の妥当性のチェック機関


各省庁の事務次官ら
 によって構成される
  とのことのようである


官僚機構主導の
 特定秘密保護法案
  チェックの第三者機関
   に官僚機構のトップ職員


これが、正当性を保持しない
 ことは散々言われている訳で


今回、小生。。
何故「情報保全監視委員会」なる言葉
 が、何の脈絡も無く。。突然
  安倍首相の口から飛び出したのか

   に注目した次第である。。

ズバリ!
 官僚機構職員作成の
  首相の答弁用のペーパー


これを首相も、大臣も
 丸読みする訳であるが


このペーパーに。。恐らく
 「たとえば、
   ≪保全監視委員会、
     情報保全諮問会議≫
      的なものを想定して」


というようなメモが
 記載、首相がそれを口走って
  しまった、
と考えている

野党は、そんな言葉
 を聞いたことが無い
  から、慌てたという


日本政治は、官僚がやっている!

非常にみっともない
 不細工な、世界には
  言えない恥晒し事件!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


日本の首相や大臣が
 官僚作成ペーパー丸読みは
  安倍晋三だけではなく、殆ど


その中でも酷かったのは
 鈴木善幸だろう。。暗愚首相といわれ



≪米・欧・ロシアはじめ連合国・戦勝国への挑戦になってしまった≫<安倍首相の靖国神社参拝>【米・欧・ロシア戦勝国の代表米国が激怒】

靖国神社参拝
 日本のマスコミは勿論
  安倍政権も中国・韓国を
   意識下に入れているようだ


しかし、被害者的立場で
 騒ぎ立てる両国だけを視野に
  入れていたら、ことは見えない


第二次世界大戦の戦後処理
 米・欧連合国はじめ戦勝国の
  政治決着までケチがつく訳だ


安倍首相の熱望してきた
 靖国神社参拝は
  A級戦犯合祀があるばかりに


大日本帝国が
 大東亜戦争(第二次世界大戦)
  引き起こした日本軍国主義への
   回帰。。を連想してみれば


敢えて被侵略国と表現するが
 それら被侵略国の論理よりも


そもそも。。米・英・仏・露
 ギリギリ滑り込んだ中国の
  日本分割統治断念が間違っていた


という。。第二次世界大戦の
 戦勝国による戦後処理が誤り


イラク戦争処理で、
 武器が見つからなかった
  イラク戦争が間違い
   だったのではなかったか


という論理と共通する点
 が、大日本帝国占領政策
  にも認められるのではないか 


という国際世論が勃興しかねず
 中国・韓国が黙っていたとしたら
  今度は東南アジア諸国が騒ぐかも
   知れない、ともいえる訳である


また、米・欧・ロシアに関して
 易々と、日本に表面上とはいえ
  主権を与えてしまった戦勝国の
   手腕に大きなミスがあったのだ


という中東政策の失敗
 にも似た責任追及が起こる
  

ということにもなりかねない

戦争。。そして敗戦
 更には、国土列島占領された
  ことは、それほど重大な意味を持つ


『過去の日本国首相更迭』
日米の同盟関係は
 軍事的要素を含まない
  といって更迭された
鈴木善幸

米国傘下からの脱却
 を模索したとされる
鳩山由紀夫

福島第一原発事故
 の処理にもたついた
菅直人

強引な消費税増税
 と、尖閣諸島国有化
  で東アジアを不安定化
   してしまった暗愚首相
野田佳彦



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



鈴木善幸は、外務省が作成した
 タカ派的文章に気づき。。
咄嗟に
  日米の同盟関係は
   軍事的要素を含まない


といってしまったのが、政権命取り
 この時代。。軍事的要素を含む
  発言は、首相といえどもとんでもない
   とされ。。
答弁ペーパーをみて
    ビックリしたに違いない訳だが。。


しかし、考えようによっては
 失敗だったとはいえ。。鈴木首相は、
  咄嗟の判断が出来ただけずっとマシなのだ


自分の答弁ペーパーに書いてある
 意味を深く考えもせずに
  そのまま棒読み・丸読みしてしまう

   安倍晋三首相は、史上最悪の
    超暗愚首相。。ボンクラ総理と
     断じて間違いがない!といえる。。
 


関連記事
スポンサーサイト



TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/763-d52d9964