<STAP論文>極秘研究…サインだけの共著者 議論どこに

『理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)は、全
 国9カ所に散らばる理研の研究エリアの中でも「理想的な研究所」
 として知られる。若手や女性の研究リーダーを積極的に採用し、
 有名科学誌に数多くの論文が発表されてきた。中でも、研究室間
 の風通しの良さが特徴だ。CDB出身で、若手登用の「成功例」
 とも言われる斎藤通紀・京都大教授は「いろんな分野の人とオー
 プンに議論でき、共同研究もしやすい」と語る。だが、STAP
 細胞研究は例外だった』

『小保方(おぼかた)晴子・理研研究ユニットリーダー(30)は
 2010年、若山照彦・CDBチームリーダー(当時、現山梨大
 教授)の研究室の客員研究員としてCDBにやってきた。11年
 末、若山教授が、小保方氏が作製した細胞を使い、万能性証明の
 決め手となる全身にSTAP細胞由来の細胞が散らばるマウス(
 キメラマウス)作りに成功したとなると、CDBの幹部は色めき
 立った。「これは面白い」

 iPS細胞に代わりうる新たな万能細胞の登場であれば、ノーベル
 賞級の衝撃を与える可能性を秘める。CDBは、この研究の将来性
 を見込んで小保方氏を研究ユニットリーダーに採用するなど、特別
 な位置付けのプロジェクトになっていった。別の共著者は振り返る
 。「小保方氏がCDBへ行ってから、研究に関する情報が入らなく
 なった」』



STAP細胞研究
 最終報告。。
勿論
  当事者である理化学研究所に
   よるもので。。
その構造は
    原発事故の東電事故調と酷似する


研究論文の画像捏造
 小保方氏単独によるもの
  全て小保方氏が悪いことだ


という一方的結論
 これでこの問題が終わるとは思えない




STAP論文:極秘研究…捏造生んだ密室 助言役機能せず

『「研究者(著者)が慎重にすべての生データを検証するという当然発
 揮すべき研究のチェック機能が果たされていなかった」。新しい万能
 細胞として大きな注目を集めたSTAP細胞論文について、理化学研
 究所の調査委員会は1日、画像に捏造(ねつぞう)などがあったと認
 定し、小保方(おぼかた)晴子・理研研究ユニットリーダー(30)
 だけではなく共著者らの責任に言及した。

 不正の舞台となった理研発生・再生科学総合研究センター(CDB)
 で、新たな万能細胞と脚光を浴びることになった「STAP細胞」の
 研究が始まったのは2010年7月。だが、詳細を知る人は発表まで
 わずかだった。CDB創設にかかわった研究者は「すごい仕事がある
 とは聞いていたが、研究所内でも極秘で進められていた。論文を見て
 『これだったのか』と(思った)」。科学史上に名を刻む不正論文が
 世に送り出された背景には、「極秘プロジェクト」という異例の経緯
 があった。

 小保方氏が、CDBでSTAP細胞の研究に取り組み始めた頃、かっぽ
 う着姿で実験する姿は見られていたが、研究内容を知る人は限られてい
 た。13年3月に研究ユニットリーダーとして採用されても、研究所内
 の定例セミナーで、発表することはなかった。セミナーは、論文発表前
 に研究の矛盾点や課題を指摘し合う重要な場であり、若手研究者にとっ
 て避けて通れない鍛錬の場だ。

 ある理研研究者は「セミナーに一度も出ないのは極めて異例。(競争の
 激しい)幹細胞分野で隠したい側面があったかもしれないが、結果とし
 て不幸なことになってしまった」と話す。

 11年に博士号をとったばかりでリーダーとなった小保方氏の助言者に、
 笹井芳樹・副センター長と丹羽仁史プロジェクトリーダーというベテラ
 ン研究者がついたことが、秘密主義を加速させたとみられる。

 あるCDB研究者は「秘密主義は笹井先生の方針だった」と指摘する。
 「極秘にするのが笹井先生のやり方。共同研究者にすら自分のデータを
 渡さない。その悪い面が出てしまった」。笹井副センター長は、日本を
 代表する再生医学研究者。研究資金も多く、英科学誌ネイチャーなど一
 流科学誌に毎年のように論文が掲載される実力者で、表立った批判は少
 なかった』




小保方氏がCDBへ行って
 から、情報が入らなくなった


リーダーとなった小保方氏の
 助言者に、笹井芳樹・副センター長
  と丹羽仁史プロジェクトリーダー
   というベテラン研究者がついた
    ことが、秘密主義を加速させた


「秘密主義は笹井先生の方針だった」
 「極秘にするのが笹井先生のやり方。
   共同研究者にすら自分のデータを
    渡さない」
・・・笹井副センター長




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


≪【日本のシステム=早稲田。。何より理化学研究所】がズサン・・・【安倍政権と理研のどす黒い野望】≫<小保方晴子氏STAP細胞捏造>【理研副センター長ではなくマスコミ関係者が黒幕?】


小保方晴子さんだけが悪いのか!? 元同僚が語る「理研の裏側」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140319-00010003-jisin-soci

『3月14日、STAP細胞論文に多数の疑惑が浮上している問題を受けて行われた会見
 。理研は、科学雑誌『Nature』に発表した論文の画像が小保方晴子ユニットリ
 ーダー(30)の博士論文で使用されたものと同じだったと認定。論文撤回を勧
 めたところ小保方さん、共著者の笹井芳樹副センター長(52)と丹羽仁史プロ
 ジェクトリーダー(49)が同意したと明らかにした。そんななか、理研で働い
 ていたという元“同僚女性”が証言する』



まず。。早稲田の論文審査
 小保方晴子氏の大学院博士論文
  が米国立衛生研究所のサイト
   や、実在日本企業のサイトからの
    パクリが指摘された訳である


早稲田。。大学院論文審査の
 ”ずさんさ”が指摘されるべき


それと何よりも
 独立行政法人理化学研究所
  安倍政権とベッタリ結託
   ここは、21世紀に入って
    スキャンダル・醜聞の宝庫


つまり、日本学究システム
 にケチがついているのである






『「彼女は責めを負うべきですが、1人だけが責められるべきかと言われるとそれ
 は違う。まだ業績もない30歳の女性がユニットリーダーに抜擢されるのは異
 例で、その際は上司がサポートに入るのが通常。つまり今回の陰には研究を仕
 切った裏のボスがいるんです。それに共同研究者たちも、チェックをしなかっ
 たから同様です。なぜ誰も気づかなかったのか。実は共同研究者は自分のデー
 タを渡せば『あとはお任せ』ということが多いんです」

 たしかに共著者14人のうち誰かがチェックしていれば、事態はここまで大きく
 ならなかったはずだ。実際、STAP細胞の国際特許出願は昨年すでに行われて
 いる。1年もチェックの機会がありながら、理研が委員会を設置したのは2月
 18日。疑惑が噴出した後だった。

 「理研では予算獲得競争があり、結果を出さなければ予算を削られる。研究員は
 1~5年の契約を結び、期間が切れれば更新はほぼない。期間内に結果を出さな
 ければ次の就職先を見つけにくくなるため、みんな必死。成果が出ると、研究
 員から嫉妬を抱かれることも。この世界では“コピペ”は誰でもやることで、
 引用元を明記すれば悪いものではない。でも、引用ではなく自分のものとして
 使うかは、個人のモラルにかかわってきます」

 理研ではこれまでも不祥事が報じられてきた。04年には元理事長の研究費不正
 流用とセクハラ、06年には1937名もの職員による手当の不正受給。その後も架
 空取引による背任事件などが問題になっていたという。今回も竹市センター
 長は、彼女の抜擢について「インパクトを感じて採用した」と語っている。
 “若い女性の斬新な研究発表”は、補助金獲得のための格好の材料となる……
 。そんな考えがチェックを甘くしたとは言えないだろうか。

 論文が撤回されようとしている今、いちばん注目を集めているのは「果たし
 てSTAP細胞は本当に存在していたのか」ということだ。

 「もう一度正しいSTAP細胞の論文を出し、存在を証明できれば挽回できます。
 でも、もし証明できなければ……今後、小保方さんを採用してくれる研究所は
 なくなるでしょう。つまり研究者としての人生は終わります。彼女にとって、
 ここが最後の正念場なのです」』



独立行政法人理化学研究所
 予算が削られる。。とか

  それ以上に安倍政権肝いり
   特定国立研究開発法人指定


これが、安倍政権の新成長戦略
 とやらと。。見事に結託してきた


日本で唯一の自然科学の総合研究所
 の真の姿が。。これとは情けない限り





<小保方晴子と佐村河内守の共通点>“ストーリーづくり・キャラづくり”のうまさ
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140319-00010001-jindepth-sci

『疑惑浮上前、小保方氏に関する報道が、研究内容そっちのけで「割烹着」や「
 リケジョ」のライフスタイルにフォーカスされたのも、新星のように現れた愛
 されキャラ誕生をみな喜んでいたからだ。特に日本人は、そういうストーリー
 が大好きだ。

 それにしても、小保方氏のキャラ作りやストーリー作りは見事だ。特に、「リ
 ケジョ」というネーミング、若い女性学者と割烹着というギャップ、それも祖
 母のストーリーをかぶせるところなど、メディア受けするストーリー作りに熟
 知している人物が陰にいたのではないだろうか。 (再生医学で日本を代表する
 笹井芳樹理研副センター長という方が思いついたと報道されているが、正直、
 とても医者とか学者に思いつくこととは思えない。仕掛け人は別にいるのでは
 と私はにらんでいる)』




現在のところ
 小保方晴子氏のパクリ捏造
  黒幕と噂の理研副センター長


この理研の笹井副センター長
 あのノーベル賞山中伸弥教授の
  前を走る研究者だったのが
   先にノーベル賞受賞で
    醜い嫉妬心を抱いたとも


男の嫉妬は天をも貫く!
 それだけでなく、この笹井
  小保方晴子氏との尋常ならざる
   関係すら噂され始めている


小生。。この問題に興味薄く
 昨日。。ピンボケながら
  疑ってみた堅物研究者が
   目を狂わし、身を滅ぼす
    出来事。。事実だったのか


ただ。。記事にあるように
 この笹井副センター長だけを
  疑い責めることにも疑問符


その通り!日本の大マスコミ。。
 大新聞社・テレビ局報道体制
  日本のメディア報道にも
   世界中から厳しい目が注がれ
    日本の学究システムがピンチに



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


大和雅之東京女子医科大学教授
 や。。ハーバード大バカンティ氏
  の名も囁かれるのであるが。。


理化学研究所は独立行政法人
 民間機関ではない。。安倍政権肝いり
  安倍政権とベッタリ。。日本で唯一の
   自然科学の総合研究所で。。


特定国立研究開発法人指定
 も安倍政権の下で。。具体化の方向
  莫大な予算が組み込まれている訳だ


捏造が小保方氏の仕業で
 全体のグランドデザインが
  笹井副センター長なのか

   それとも、全てが笹井氏の
    主導によるものか。。。また
     別の黒幕の存在はいったい?


理化学研究所の笹井副センター長
 そして理化学研究所自体の免罪など
  絶対に有り得ないのではないか


関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/754-4dde4388