石原氏の遅刻説明「二転三転」…次官を厳重注意

『石原環境相が参院環境委員会に遅刻したことを巡り、環境省
 の担当者の説明が二転三転した問題で、政府は同省の谷津龍
 太郎次官を厳重注意した。

 政府側から説明を受けた民主党の榛葉賀津也参院国会対策委
 員長が26日の記者会見で明らかにした』

 


まず。。石原氏?
 石原伸晃環境大臣
  石原慎太郎の息子


最近気になる報道手法

なぜ。。氏というのか
 別に悪いという訳ではないが
  ならば。。石原伸晃議員は
   で良いのではないのかね?


それは、こういうことだった



「誠に面目ない」 石原環境相が遅刻を陳謝 参院予算委

『石原伸晃環境相は20日午前の参院予算委員会で、17日の参院
 環境委員会に約10分遅刻したことについて「国会審議に遅刻は
 絶対あってはならない。不徳の致すところであり、誠に面目ない
 」と陳謝した。民主党の福山哲郎氏への答弁。

 石原氏は「この四半世紀、国会に籍を置く中で、公式なものに遅
 刻したことはなかった」と強調。その上で「今後このようなこと
 がないよう厳に注意していきたい」と述べた』




石原伸晃前自民党幹事長
 安倍政権で、環境相に就任


前からダメだったが
 一段とダメになっている
  環境大臣になって
   ちょくちょく悪いニュース





『環境省によると、杉田和博官房副長官が18日に谷津氏を呼び
 、口頭で注意したという。榛葉氏は遅刻した石原氏本人につい
 て、「何のおとがめもなしというのは納得できない」と述べた』




本題である。。政府は
 という報道をよく見聞きする


日本政府
 基本的に日本の行政府


内閣総理大臣と
 内閣府、総務省、法務省、外務省、
  財務省、文部科学省、厚生労働省、
   農林水産省、経済産業省、国土交通省、
    環境省、防衛省、国家公安委員会
     (警察庁)の1府12省庁
        (ウィキペディアより)


各担当閣僚・副大臣・政務官
 及び政務・事務官房副長官で内閣
  そして上記各中央府省庁職員まで


これが日本政府といって良い

今回、環境省事務次官に
 厳重注意したのは
  事務の官房副長官。。
つまり
   各府省庁事務次官より
    一段上位の官僚が環境省
     実質トップの事務次官
      に対して注意した


何を注意したのか
 環境省シャッポの
  石原大臣の参院環境委員会
   の遅刻に対する
    環境相担当官の説明が
     二転三転したことに
      ついての注意だったのか


つまり出来の悪い閣僚
 その遅刻の言い訳を
  環境省事務官がうまく
   出来なかったということ


すなわち、全部日本国政府内
 のお話だったという訳なのだよ
 
   
お粗末極まりない
 日本国政府。。これが
  政府の実態といえる訳だ
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/743-98cfeb26