<安倍首相>河野談話見直さず 韓国へのメッセージ示唆

『安倍晋三首相は14日の参院予算委員会で、従軍慰安婦への旧日本軍の
 関与を認めて謝罪した1993年の「河野談話」について「安倍内閣で
 見直すことは考えていない。歴史に対して我々は謙虚でなければなら
 ない」と答弁した。4月のオバマ米大統領訪日を前に、米国は日韓両政
 府に関係改善を要請している。首相は歴史認識問題に自ら一定のけじめ
 をつけ、オランダ・ハーグで24、25両日に開かれる核安全保障サミ
 ットでの日米韓3カ国首脳会談を引き続き探る構えだ』



ヤバイ。。尻に火がついている
 だから、道を変えてみたが
  どうして批判されたか
   理由が解らない訳なのだよ


歴史に謙虚でなければならない
 だと!?
平気でそんな言葉を吐く
  本当に歴史に向かい合ったのか


教師に教えてもらった
 のは、全然違うことだったはず


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【外務省官僚が、この考えなら永遠に無理だ】<何も知らない《国会議員》の『予備校講師』は、外務省官僚>≪安倍政権の外交が上手くいかない原因はコレだ≫


外務省中堅官僚か。。
 事務次官や局長クラス
  も日本国会議員・閣僚に
   ある程度の影響力がある


しかし、国会議事堂。。いや
 各省庁族・自民党政調に普段から
  絶大な影響を及ぼすのは
   こういう中堅官僚なのだろう


正に、政府閣僚・副大臣・政務官
 首相補佐官は、外交など何も知らない
  彼らにとって、予備校講師。。「師」
   ともいうべき存在が彼ら中堅官僚だ


安倍政権のタカ派
 軍国主義回帰。。そして
  中韓との対立姿勢。。
   

具体的には集団的自衛権
 憲法9条改正・靖国神社参拝
  付け加えれば、原発推進まで


これを小生は。。
 大政翼賛会残党的
  米・欧・露世界秩序
   への挑戦姿勢といっておく


中堅官僚がいう
 キューピット役とは?
小生、脳裏に浮かんだのは
 かつて存在した黒幕的存在
  CIAに操られ、日本政官界に
   影響及ぼしたとされる代理人


現在間違い無く存在しないようだ
 黒幕として、政官財に影響力ある
  人物が、良し悪しは別として
   絶対に必要だと考えた訳である


その根底には日本から、米国に
 擦り寄らないことには、何も
  始まらず。。いや日本の外交
   など存在し得ないことが明白
    だからで、誰にでも想像可能


しかし、この中堅官僚は
 米国側にキューピット役が
  必要だといっているようだ

バカも休み休み言いたまえ!
 米国には、多国間代理人は
  いるだろうが、対日本には
   必要無いはずだ。。属国
    日本とのキューピット役
     など一切不要なのは当然!


さらには、日米が仮にギクシャク
 したとして、それは中国が喜ぶ
  ということにはならず。。
   一切無関係なのだという事実が
    決定的に欠落している


違うのだよ。。昭和時代には
 日本に外交などという概念が
  存在していなかった訳で
   やったことが無い外交をやる
    必要に迫られたのはこの数年


政治家・議員は、外交なんて
 全く知らないから。。外務省官僚
  が頼りであって、彼らのいうこと
   を聞いていさえいれば大丈夫だと


この中堅官僚の考え方
 を首相補佐官は、教えられた
  通りに実践したに過ぎず
   何で、世間から非難されたのか
    全く意味が解らなかったはずだ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1回失敗したら
 もう同じ過ちなどは
  繰り返したりするはず無い


有権者のほうが
 まだ人生経験積んでいる
  から、そう思うだろうが


そうなってしまうのが
 理解出来ないに違いないか


まさかそんなバカが
 国会議員になっている
  などとは想像していない


国民の側には
 深く根付いた属国島国根性
  国会議員をお上だと思っている



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【天皇・皇室のご意思に背き、米・欧戦勝国に歯向かった《左翼安倍晋三》】≪安倍首相よ。。2014年辞任せよ!≫


米国から見て
 鳩山由紀夫も安倍晋三も
  ルーピーは当たっている 


ただ。。
 鳩山由紀夫が左翼で
  安倍晋三が右翼?まさか
   どちらも左翼というべきだ


お上。。何を崇めて頂くか
 戦後日本は引き続き、いや
  意味合いを変えてなのか。。


天皇・皇室
 そして、米国を
  中心とした宗主国
   が間違いなく”お上”


それに対して
 反米。。米欧にとって
  痛くも痒くもないだろうが
   反旗翻す言動は、謀反に近い


米国から日本に通達の
 拒否不可能な内政干渉リスト
  年次改革要望書を廃止した
   鳩山由紀夫

歴史認識を見直し
 中韓と表向き対立概念
  生み出してしまった
   安倍晋三

ともに、米欧にとって
 左翼であるといえる。。


ここで、米中が対立・対峙
 の概念が日本ジャーナリズム
  に存在しているようであるが

米中は、戦略・情報を共有だ

国家単位で考えるから
 間違えてしまうのである

欧州・米国・そして中国
 中国は旧ソ連(ロシア)の
  衛星国であり、米ソ対立も
   幻想であり、日本国民は
    騙され、幻惑されている


その幻想・幻惑の中で
 米・欧の軍産複合体は
  肥え太ってきた訳である


日本から天文学的な
 カネ・上納金を吸い上げる
  ために。。バブル経済も
   そうやって米欧が生み出した


世界中が、納得し常識化した
 先進国世論の中で。。日本の
  安倍首相が、ルーピー扱いされ
   米欧先進国執行部と接触不能に


そして潰されていくのである

日本の政治は
 官僚機構がやっている


しかし、
 国際政治・外交、通商では
  間違い続けて、敗北の連続


そこで。。首相には
 官僚機構の操り人形?
  居るのか居ないのか不明
   なぐらいの人物が良い!
    と言ってしまって良いのか


安倍晋三が”その程度の精神力”
 ”首相にふさわしくない人物”は
  間違いないといえる訳で、今年中
   に辞任するのが肝要・確実である


しかし
 小野寺や林芳正では困る(笑)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


もう解ったから
 失敗は繰り返さないだろう


いや、何度でもやる!
 そんな人種が国会議員になった
  日本の選挙環境がそうなっている



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<閨閥・官僚出身議員>から≪門閥世襲議員への変質!!≫・・・【自民党を筆頭に政治劣化の原因はこれだ!】


永田町。。国会議員
 世襲議員の増加が衆参議員の
  劣化に繋がっていると考える


すなわち、最も
 世襲議員の比率が高い
  自民党の劣化はどう
   考えても当たり前!


その自民党が事実上政権党
 これでは日本の政治がオカシイ
  のも、無理からぬことである


海部俊樹以前の首相
自民党本流。。内閣総理大臣
 吉田茂、池田隼人、佐藤栄作
  大平正芳。。そして傍流筋でも
   岸信介、福田赳夫、中曽根康弘
    全て官僚出身議員であり


三木武夫、鈴木善幸は、非官僚ながら
 国会議員となった後、または前後


上は皇室に連なる。。または
 名門家系、財界筋との閨閥
  を立身出世の糧にしている
 

鳩山一郎は、鳩山家自体
 初代衆議院議長の父をもつ
  またブリジストン石橋家
   との閨閥を有する門閥だ


何も無いのは、
 田中角栄・竹下登
  ぐらいといってよい


そして。。宮沢喜一以降の
 自民党首相では、世襲議員
  としての総理大臣の比率が
   極端に高くなっている訳で


日本では、東大~(中央府省庁)官僚
 になることが、エリートとして閨閥の
  仲間入りを果たす合理的な方法だった


一般庶民が、学業を勉強して
 または偏差値を高め良い学校から
  高級官僚になり、名家の娘と結婚
   そして主に岳父の地盤を引き継ぎ
    国会議員としてデビューを果たす


宮沢喜一以降。。といえば
 1990年代バブル経済崩壊後

そのシステムが
 崩れたといえる訳だ


学業優秀。。官僚が
 無条件に優秀という訳ではない
  しかし、日本的出世システム
   に則った日本エリートの頂点


また、学界・財界・そして
 何より官僚機構には同級生
  や先輩後輩がいて、気安い仲
   これは大きいかも知れない


少なくとも、議員の家系
 財界家系、学界家系等の
  血の交配・混流・混入
   は曲がりなりにも行われる


一方、世襲議員の比率が
 高まったということは
  人脈よりも我が家系の
   後継者としての血のみ
    に頼って国会議員になる


こういう人種の爆発的増加

こういう家の人間は
 全てではないが。。先生の
  御子息。お坊ちゃんとして
   周りも気を遣い、まぁ
    いわば、鍛えられていない
     といえば言い過ぎか


ならば。。空気の読めない
 いや、少し変わり者がそのまま
  国会議員となり、そんなヤツが
   庶民の生活など理解出来るはずも


それ以上に、政策立案
 元々、官僚機構に牛耳られ
  という状況がさらに顕著になり
   政治主導などとは到底程遠い


つまり、現代日本の政治劣化
 貧弱・貧困な行政の原因も
  世襲議員の増加に端を発すると
   考えても、的外れではなかろう



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


にも拘らず。。国民世論は
 国会議員のセンセー方に限って
  そんなバカがなっているはずない


こう思い。。いつまでも
 支持し続けて当選させる
  日本列島の悲劇はココだ
   

しかし、外交は相手がある
 悲劇だといっていられない
  いずれ、国益の流失となって
   国民一人一人に跳ね返ってくる


関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/722-f45ea22f