原因は特定秘密保護法と記者クラブ制度――日本の言論自由度は世界59位
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140314-00010000-kinyobi-soci

『日本の言論の自由度は世界59位――。世界のジャーナリストたちが作
 る「国境なき記者団」(本部・パリ)が12日に発表した世界180カ国中
 のランキングだ。

 トップがフィンランド、そしてオランダ、ノルウェー、スウェーデンな
 ど北欧や西欧諸国、カナダ、ポーランド、オーストラリアなどが続く。
 アジアでは台湾や韓国よりも後塵を拝し、日本の後には香港がきている
 。

 日本が急激にランクを落としたのは3・11の原発事故以降だが、昨年の
 53位からさらに落ちた。5段階に色分けされた世界地図を見ると、日本
 は「問題国」として言論貧国の仲間入りをした。日本のランク落ちの最
 大の理由は、「特定秘密保護法」と指摘。福島原発事故以来、政府や東
 電の記者会見に正式参加を認められた記者クラブ員はますます増殖した
 と見る』




言論自由度180ヶ国中
 日本は59位。。順位が高過ぎる
  実態が伝わっていないに違いない


3.11以降急激にランクダウン
 これは理解出来る!3年前から
  確かに異常な事態が続いてきた


昨年の53位から更に
 ランクダウンも当然だ


民主党のどうしようもない
 政権から安倍政権になって
  激烈に悪化したイメージである




『日本特有の記者クラブから排除されたフリーランスや外国人記者は、「
 秘密法」によってさらに取材の自由を奪われる。“原子力村”と闘おう
 とするジャーナリストたちは法律で手を縛られ、逮捕、秘密警察の尾行
 、勾留などのリスクにさらされることになろう。

 「記者クラブ」は世界に轟く悪名高い報道組織で、これまでも日米構造
 協議やEUとの通商交渉でも廃止を要求されるなど外国との摩擦の歴史は
 長い。しかし原発事故の放射能汚染報道の事実が隠蔽されたとなれば事
 は重大だ。大気、海、食品などを介して汚染は世界に拡大する。

 おりしも安倍首相の靖国参拝以降、日本の右翼化と戦前回帰の懸念が欧
 米のメディアで立て続けに報じられるようになった。危機の中には公共
 放送NHKの新会長や経営委員のトンデモ発言も含まれており、大マスコ
 ミ自身も危機の当事者になっているのである。

 日本人は大手メディアへの信頼度が今なお高く間違った情報を鵜呑みに
 しやすい。矯正されないまま国民の洗脳が進めば、戦前型大本営への逆
 戻りは簡単だろう』




特定秘密保護法案
 これで悪化したのではない
  風通しの悪さが露骨に
   顕れただけであり。。


体質は、21世紀になって
 年々悪化の一途ではないか


日本特有の記者クラブ
 世界中から批判の的か
  それも頷けるのである


日刊新聞法の改正
 大新聞社の株式上場
  これによって、株主
   を意識した開かれた報道


まず。。日本の病理について
 政治のお粗末さは何度も述べた


そして大新聞社・大マスコミだ
 日本は1000兆円の借金
  しかし世界一の国家資産保有
   天下り法人・特別会計という
    特異な予算形式は官僚国家日本


これらを解体すれば
 増税不要どころか
  税制そのものを廃止可能
   無税国家は松下幸之助提唱


そして、国民世論のお粗末
 大新聞社・マスコミが知らさない
  しかし知っても怒らない国民性。。
   学生運動消滅の1970年
    これを契機として。。怒らなく
     なった国民世論なのか。。いや、
      感受性落ち、読めなくなった!


鈍く劣化した国民世論
 これが最も罪重いかも知れない


バブル経済勃興崩壊で
 魂から腐敗してしまったのか


いずれにせよ。。
 59位は高過ぎる
  100位以内に入っているのが
   全く不可思議で、納得出来ない




関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/720-ab52e3f0