都知事選「造反」の進次郎氏は“無罪放免”!!自民が「処分」見送り

『自民党執行部は二月九日に投開票された東京都知事選をめぐり「都内在住支援
 者100人名簿」提出の“指令”に従わなかった国会議員の「処分」を検討し
 ていたが、結局、具体的なペナルティーを課すことは見送ることにした。執行
 部が名指しで「けじめ」をつけさせる可能性を示唆していた小泉進次郎復興政
 務官も“無罪放免”となった。やはり党内随一のホープ、人気者は軽々に裁け
 ないということか…。
 先の都知事選の際に自民党執行部は、当選した舛添要一氏を支援するため、所
 属国会議員(都連所属除く)に、それぞれ最低100人の都内在住支持者の名
 簿を提出するよう指示した。

 ところが選挙戦序盤からマスコミ各社の世論調査で「舛添氏が圧倒的優位」と
 いう状況が続いたことで危機感が足りなかったのか、議員の名簿提出の出足は
 鈍かった。このため、石破茂幹事長が未提出者に対し「自らの選挙との自覚の
 もと、全党を挙げて戦い抜く」とする督促文を送付したほどだ』



まず。。都知事選で
 都内在住100人名簿
  提出させることこそが
   無我夢中・必死だった訳で


党本部が情報確保して
 いてしかるべきだったと思うが


その指令に従わなかった議員
 が存在したというのはより情けない





『執行部はそこまで力を入れていたのに、未提出議員の氏名を公表していない。
 しかし都知事選後、名簿を出さなかった小泉進次郎氏についてはその限りでは
 なかった。

 安倍晋三首相の側近である萩生田(はぎうだ)光一総裁特別補佐(副幹事長)
 はわざわざ進次郎氏の名前を挙げ、「(他の未提出議員を含めて)きちんとし
 たおとがめがあると思う」「(ほかに)一生懸命出している人もいる。なんら
 かのけじめはつけておこうと検討している」などと語り、「処分」の遡上に載
 せられた。

 萩生田氏は「(舛添氏支援は)党としてプロセスを踏んだ。組織人として全体
 を見る目を持たないといけない」と、進次郎氏に苦言も呈していた。それは進
 次郎氏を「特別扱いをしない」という執行部の宣言にも受け取れた。

 都知事選では、進次郎氏の父親、純一郎元首相が細川護煕元首相を全面支援し
 たが、自民、公明両党が推す舛添氏に完敗した。進次郎氏は舛添氏が過去に自
 民党を除名された経緯から「応援する大義がない」と明言し、父親を“側面
 支援”していた』



安倍首相の腰巾着、お友達
 萩生田光一?聞いたことが
  ない名前だが。。
   総裁特別補佐ねぇ。。
  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


≪中国・韓国の近隣諸国。。対小泉親子の都知事選≫<靖国参拝と原発推進その他>【安倍政権は外交で転び、内政で退場する】


まず、小生。。
 都道府県制廃止
  さらに政令指定都市制も
   廃止すべき、これが土台!


東京都知事。。石原慎太郎も
 その前の青島幸男も何にもしてない
  そもそも選挙の洗礼無い都庁官僚の
   シャッポであり、責任とって辞任役
  

都知事などその程度で
 他の道府県知事も同じだ


都道府県。。特に都政など
 国政のカーボン紙であり
  安倍政権への民意主張の場
   で、全く支障無い訳なのだよ


さらに、安倍自民党の
 都知事選対応たるや・・
  最も重い除名処分の
   舛添要一を実質党丸抱え
    で支援するというのである


小泉進次郎に噛み付かれて
 も、当然といえば当然なのだ


安倍自民党。。政権の
 対応は本当に最悪である

除名した人物を都連だけでなく
 実質党本部も乗った全面支援


小泉進次郎は政務官で
 内閣の一員なのだから
  党規約に合わなければ
   叱責の上、離党促せば良い


それも出来ずに、手をこまねいて
 いる自民党は。。小泉進次郎の
  絶大な人気を敵に回すのが恐い


それ以上に、小泉純一郎元首相
 が細川護煕元首相を支持する
  ことも。。それ以上に脱原発
   主張することに対しても


小泉元首相の影響力に
 自民党はじめ全政党が
  全く敵わないことを示し
   日本の政党政治が不成立を
    如実に露呈してしまっている


小生。。小泉純一郎が靖国参拝
 決行したことも認めていないし
  小泉親子が全てだとも思ってない


しかし、日本の国政。。政党
 現在の安倍政権の間違いを正す
  人物・勢力が全く存在しないから
   仕方なく。。応援せざるを得ない


安倍政権は、国家の内外共に
 敵を抱え。。手をこまねくが
  全く大義無いのは間違い無い


その危険かつ間違った政権を
 退場に追い込むためには
  東京都知事選、またと無い機会




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


残念ながら、小泉・細川連合
 力及ばず敗北したが。。脱原発
  勢力が敗れた訳では絶対になく


むしろ、これから始まってゆく感覚

小泉進次郎造反に対して
 お咎め無しは、予想通りだった





『舛添氏が「自民党候補」といえども、進次郎氏にとっては敬愛してやまない父
 親の「敵」である。むろん援護射撃するわけにはいかず、党執行部からの支援
 者名簿提出の指示を拒否せざるを得なかった。都知事選をめぐって執行部に事
 実上「造反」した形だった。

 自民党関係者によると、センセイたちの困ったときの常套句である「秘書が…
 」と“過失”で支援者名簿の提出を失念したと説明した議員も複数いた。一方
 で確信犯的に名簿を提出しなかったとされる議員には、進次郎氏のほか「脱
 原発」の急先鋒たる河野太郎衆院議員も入っていたという』



小泉進次郎を上回る得票数
 河野太郎も公然と造反なのか


面白い!
 小泉進次郎・河野太郎
  神奈川選出。。人気議員の双璧


彼らを叩き出したら
 自民党は、人気議員ほぼ皆無
  の若手未熟議員中心の肥大化政党





『なんとも寛容な政党だが、これも都知事選で舛添氏が完勝したからこそ。もし
 取りこぼしていたら、支援者名簿の未提出議員は「厳罰」に処されたはずだ
 ろう。語るのは、別の自民党関係者だ。

 「とくに萩生田氏は“進次郎憎し”と言わんばかりに処分に前のめりだったが
 、肝心の石破幹事長はそもそも慎重だった。石破氏には将来の『ポスト安倍』
 レースをにらんで、前回の総裁選で支持してくれた人気者の進次郎氏を味方に
 つけておきたいという思惑もあるのだろう」』

 しかし、萩生田氏が振り上げたこぶしを下ろさざるを得なかった背景には、
 もうひとつの“お家事情”があったようだ。

 「実は麻生太郎副総理兼財務相と谷垣禎一法相の総裁経験者二人も支援者名
 簿を出していなかった。さすがに未提出議員を一律処分するわけにはいかなく
 なった」』

『ともあれ、進次郎氏の「処分」に関心が集まるのは、「実力」はともかく、知
 名度や期待度では“大物”の証しだろう。

 安倍首相は通常国会閉会後に内閣改造・自民党役員人事を断行する方向だが、
 むろん進次郎氏の去就も注目される。自民党関係者はこう話す。

 「進次郎氏は人を集めることはできるが、復興政務官としてさしたる実績が
 ない。本来なら政務官を外されるだろうが、『脱原発』にとりつかれた父親の
 動向も無視できず、野に放っておいては安心ならない。首相がどう判断する
 かだ」

 都知事選のさなか、「次期幹事長」の呼び声も高い菅義偉官房長官は「小泉親
 子を潰す」と周囲に語ったとされるが、果たして…。』




へぇ。。菅官房長官が
 次期幹事長かい?面白い!
  石破幹事長のように
   原理原則を重視しない
    まぁ。。いわば安倍同胞


強敵といえる石破幹事長
 が外れたほうがやり易い
  思いっきり攻め甲斐もある
   ということだけは確かである



関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/708-5f3a3b0b