日米首脳がウクライナ情勢を協議、「ロシアの行動は脅威」で一致

『米ホワイトハウスは6日、オバマ大統領と安倍晋三首相がウクライナ情勢につ
 いて電話で協議したことを明らかにした。

 両首脳は「ロシアの行動は国際平和と安全保障への脅威」との認識で一致した
 という。

 ホワイトハウスは声明で「(両首脳は)ウクライナの主権と領土の一体性を保
 つことが重要だと強調した」と表明。「両首脳は、他のG7諸国と協力して、
 ロシアにはウクライナの主権に対する責務とコミットメントを履行する必要が
 あると主張していく決意だ」としている』



ホワイトハウスは、ウクライナ
 問題で。。ロシアの軍事圧力に
  国際平和と安全保障への脅威で
   一致したと発表している




首相、米大統領に露制裁支持を表明…電話会談

『安倍首相は7日昼、オバマ米大統領とウクライナ情勢について約40分間電話
 会談し、米国の対応を支持する考えを伝えた。

 会談は米側の要請で行われ、大統領は、ウクライナ南部クリミア自治共和国へ
 のロシアの軍事介入を受け、米国内の資産凍結や入国制限などの制裁を発動し
 たことなどを説明。これに対し、首相は「大統領の努力を支持し、日本として
 もウクライナ情勢の早期改善を期待する」と応じた。

 両首脳は、ウクライナの主権、領土の一体性を尊重し、引き続き日米両国が緊
 密に意思疎通を図っていくことでも一致。ウクライナの経済・政治改革を支援
 していくことに同意した』



一方、日本政府側は
 大統領の努力を支持し
  ウクライナ情勢の改善期待
   と応じたと発表。。


まるで米国の戦略について
 オバマ大統領から安倍首相に
  相談があったかのように


安倍首相の靖国神社参拝
 他によって、米欧露各大国
  先進国から包囲網が敷かれ
   追い込まれているから尚更だ


この一連のやり取りに
 特に、日本の大マスコミでは
  ロシアとの関係を重視する
   安倍政権が、ロシアは脅威
    の部分を意図的に削除では?
     との観測も流れていたようだ


まず。。確実と思われるのは
 ウクライナの経済・政治改革を
  支援していくことに同意


ここだ!カネの要請は間違いなく
 安倍首相は同意した訳なのである


あと、米軍の対ロシアへの
 軍事的デモンストレーション
  その際の燃料補給等も要請あった
   と小生はみているのであるが


こんなことは当然であろう
 ただ、何より重要なのは
  日本側のロシア脅威の文言が
   無かった、のは案外本当かも


日本政府は、カネの要請が
 あったことは知られたくない


対する米国政府は
 日本とロシアへの脅威で一致
  これは国内向けへのプロパガンダ


対ロシア。。旧ソ連ロシアを
 仮想敵国と想定したロシア脅威論
  対中国と同じ構図で、国内騙しだ


軍事的行動の可能性を示唆
 することにより。。また脅威の
  ロシアプーチンに力強く対応
   するホワイトハウスを演出した


対シリア軍事介入で
 一度空振り。。ロシアプーチン
  から助け舟を出される失態の
   穴埋めも是非とも必要だろう


本当は。。米欧側とロシアは
 対峙も何もしていないにも拘らず


結局。。米側の発動した
 制裁もロシアには大した
  影響は無いのではないか


関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/704-b03f6028