fc2ブログ
安倍首相靖国参拝に落合信彦氏「中韓に付け入る隙を与えた」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140213-00000002-pseven-soci

『安倍首相の靖國神社参拝は、中韓のみならずアメリカからも非難と失望の声が
 あがっている。彼の“愛国パフォーマンス”を憂慮する落合信彦氏が、安倍参
 拝が招く今後への影響を解説する』

『2012年12月4日。野党・自民党の総裁だった安倍晋三は衆院総選挙の公示日の第
 一声で「我々は3年前の自民党とは違う!」と聴衆に呼びかけた。3年間、民主
 党政権に裏切られ続けた有権者はその言葉を信じて票を投じ、選挙は自民党の
 圧勝に終わった。国民は安倍に期待していた。安倍政権の誕生から1年あまりが
 過ぎ、期待は失望に変わりつつある。今の自民党政権は謙虚さを失い、そのア
 ロガンス(傲慢)は目に余る。

 アベノミクスで景気が回復したと喧伝しているが、中小企業に勤める多くの国
 民の給料は上がっていない。一部の大企業だけを調べた恣意的な統計をもっ
 て「冬のボーナスが上がった」と強調し、税金を引き上げる論拠にしようと
 する。

 月に1回以上のペースで外遊に出掛け、地球の裏側まで足を伸ばして予算は使い
 切る一方、東日本大震災の復興のための予算は人手不足で執行が遅れ、被災地
 では今も仮設住宅に暮らす人が10万人以上もいる。国民のためでなく、自分た
 ちのため。困難な課題からは目を背け、自らに都合のいいことばかりに注目し
 強調する。アロガンス以外の何ものでもない』



落合信彦氏 今回の彼の
 安倍政権に対する評価は
  賛同出来る部分が多かった

安倍政権の現在の外交的苦境
 小生からすれば、思った通り
  いや、まだまだ米欧の攻撃が
   ぬる過ぎる、と考えているほど


小泉政権が、聖域なき構造改革
 を達成することなく退場したが
  その後継者などではないのは
   都知事選で明らかになった訳だ


1990年代自社連立政権で
 終わりを告げた日本政党政治
  レベル低下。。いや完全劣化
   290議席超獲っても、相対的
    な支持に過ぎないのは、極めて
     低い投票率にあらわれていた


アベノミクスというマスコミ造語
 で、景気が上がったなどとはいえず
  株価は、野田政権終盤には上昇して
   それ以前に、株価が日本経済を反映
    などしていないし、大多数占める
     中小企業は景気上昇の実感無し


その通り!財務省主導の
 消費税増税の正当性を示すため
  景気が上がったという必要性があった


東日本大震災の復興は遅々として
 未曾有の事故起こした世界一危険
  な原発を輸出すると息巻いている


政権がマズければ。。マスコミが
 シッカリしなければならないが
  その大新聞社にして、政権賛美
   これでは初心な国民が騙される
    のも当たり前といえば当たり前
 



『昨年12月26日の靖國神社参拝にしても同じだ。もちろん、国のために散った英
 霊に敬意を示すのは当然のことだ。敗色が濃厚な中で特攻に出撃した若者たち
 、故郷から遠い異国の地で「靖國で会おう」を合言葉に散っていった兵士たち
 のことを思うと目頭が熱くなる。彼らの築いた礎の上に現在の日本があること
 を決して忘れてはならないし、中国や韓国の批判が筋違いであるのは間違いな
 い(そもそも韓国にいたっては日本と戦争していない)。

 しかし、安倍の今回の靖國参拝は明らかに国益を毀損した。そのことがわから
 ずに、フェイスブックで数万件の「いいね!」が押されたことに気をよくして
 いるようでは一国の指導者は務まらない。取り巻きからの称賛のためだけのパ
 フォーマンスは、愛国ではなく自己愛だ。

 自らの首相就任1周年の日に参拝したところにも自己愛を感じるし、今回の参拝
 で特に許し難いのは、日本に対して打つ手がなくなりつつあった中韓両国にわ
 ざわざ付け入る隙を与えてしまったという点だ。

 韓国大統領の朴槿惠は日本の悪口を世界にバラ撒いていたが、経済の失速が明
 白となり支持率低下に頭を悩ませていた。「反日」を叫んでいるだけでは政権
 が維持できないと感じ始めていたところに、安倍は靖國参拝で格好の燃料を与
 えてしまった。反日世論は再び燃え上がり、さぞかし朴槿惠は安倍に感謝して
 いることだろう。

 中国にしても国家主席の習近平は国内に数多くの難題を抱えている。党内の権
 力闘争と軍の突き上げ、そして歪な経済成長によって生まれた格差に不満を募
 らせる民衆。日本と真剣に事を構える余裕などなくなっているのが本音だ』



靖国神社に関しては
 小生。。何度も述べてきた



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本の保守とは
 270年近く続いた
  将軍=外様幕藩体制
   の終焉を受けて


明治新政府が発足
 ただ。。幕藩体制も
  元はといえば


戦国時代の下克上により
 成り上がった武将による
  体制であり、長年経て
   お上となったものである


幕藩体制終わり大政奉還
 皇室を奉じて
  明治天皇を頂いて


実際の執行部は
 幕藩体制でも、下級武士・下級公家
  が中心の新政府。。それも長州藩閥


戦国時代以上の
 成り上がり政府でもあった



【靖国神社】
長州藩武士の大村益次郎の発案 

明治大帝の命により、
 靖国前身が創建された訳だが

昭和天皇は
 「明治天皇のお決めになった
   お気持を逸脱するのは困る」

明治天皇の創建の趣旨とは異なる
 との疑問を抱いておられたらしい


「忠霊」・「忠魂」から
 日露戦争後には「英霊」に
 

祭神:英霊。。の中で
 圧倒的な比重を占めるのは
  第二次世界大戦に散った
   日本兵。。軍人たちであり
    一般人は含まれていないのだ


そこへ。。A級戦犯が合祀
 つまり、戦後米欧戦勝国の
  論理で裁かれた戦前・戦中
   日本政界中心の指導層が
    靖国神社祭神に加えられ
     祀られ。。それを首相が


最初は、中国も韓国も
 問題視しなかったとか
  そんなことは関係無い

戦後米欧世界秩序への
 日本政権による挑戦となる
  それが、同じく枢軸国である
   ドイツとは違う点なのだろう
 

皇室の意思に歯向かい
 正に国賊であり
  保守などでは絶対になく


タカ派標榜。。明治以来広義の
 軍国主義ではあるが。。

  国粋主義・皇国史観・国家神道
   極まる昭和維新への回帰を狙う


安倍首相を政権に就けた
 自民党員の判断。。それ以上に
  自民党に多数議席与えた


国民・有権者の判断は
 民主主義の主権者の資格無く
  日本列島人の意識改革こそ
   必要であり、大いに反省求む


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回、落合信彦氏と見解が
 一致する部分が多いのであるが
  いつもは違和感多い池田信夫氏
   にも少しだけ共感出来たのである




百田さん、そこまで言って委員会 - 池田 信夫
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140213-00010002-agora-pol

『百田尚樹さんの暴言がいろいろ話題になっているが、あれは彼の地である。
 「私は右でも左でもない」というが、左右以前の単なる無知だ。東京の人はび
 っくりするかもしれないが、「たかじんのそこまで言って委員会」ではいつも
 あんな調子だった。

 あの番組は、東京で見られない(それ以外のほとんどのエリアで見られる)の
 が強みだった。東京のキー局が見たら、とっくに自主規制していただろう。私
 の『電波利権』や慰安婦のような危ない話を取り上げてくれたが、いつも違和
 感があった。それは私が京都の出身だからかもしれない。

 京都と大阪は、他の地方からはほとんど同じに見えると思うが、まったく違う
 。はっきりいって、京都人は大阪人がきらいだ。京都人が本音を語ることをき
 らうのに対して、大阪人は百田さんのように場所をわきまえないで露骨に本音
 を語る。しかも京都ではいまだに共産党が国会の議席を取るぐらい左翼が強い
 のに、大阪は右傾化して橋下市長や百田さんのような右翼が多数派だ』



小生。。京都人でも大阪人でもない
 大都会ベッドタウン。。ノンポリの
  阪神モダニズム・・・阪神人である


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【読売テレビ『たかじんのそこまで言って委員会』を観て、危機感を持った】<関西バカウヨ番組>≪テレビ番組で、アレをやってしまったら。。北朝鮮のような国になるぞ!≫ 


関東圏その他では
 放送していないようだ

読売新聞=日本テレビ系列
 読売テレビ1月12日(日)


たかじんのそこまで言って委員会
http://www.ytv.co.jp/takajin/index2.html

やしきたかじんが亡くなったのは
 残念であるが、この番組には
  非常に危機感を覚えざるを得ない

司会 辛坊次郎 山本浩之

出演 津川雅彦 田嶋陽子 
   桂ざこば 加藤清隆
   佐藤正久 宮崎哲弥
   井上和彦 竹田恒泰


首相靖国神社参拝問題と
 あと従軍慰安婦問題だった


そして何とゲストに
 よりによって 
  産経新聞政治部編集委員
   阿比留 瑠比(あびる るい)

 なぜ、読売系列に産経記者か! 

札付きのバカウヨ政治記者だ


少し調べてる人なら
 すぐに解かる筈だが
  新聞記者が出て来たら
   正解だと勘違いする


小生。。今回
 細かいことは
  いちいち言わない

ただ。。ネットや新聞ですら
 プロパガンダ目にあまると
  考え、言ってきたが。。今日の
   読売は酷すぎた、いやアブナイ


あんな連中が知識人
 だとされる日本のテレビ世論


あんな連中を出演させて
 札付きのバカウヨ新聞記者を
  ゲストに。。恐らく深く知らない
   視聴者は、間違いなく信じただろう


竹田恒泰も皇族関係者なら
 あんなこといってはいけない
  値打ちが地に落ちるというもの

昭和天皇は
 A級戦犯合祀と共に
  靖国神社参拝をやめた

今上天皇も即位後
 靖国神社は参拝していない

特に、昭和天皇は
 明治天皇の創建の御意思
  に背くのは困るというメモ
   も残されているらしい
 

この現実問題に加えて
 米・欧・ロシアの戦勝国
  の見解というものがある


それを、外国から
 とやかく言われる
  筋合いではない!

とか

中国韓国が言っているだけ

とは。。


世界に向けて正式に
 発表してみたら良い


しかし、戦勝国・連合国
 米国・英国・フランス・ロシア

現代の各国国益に関係無い
 日本テレビ世論が何を言おう
  関係無い。。どっちでも良い
   から敢えて。。表面上言わない

国益損なうときは
 水面下あるいは
  正式外交上手段で
   是正するだけのこと


それだけの話である

国内のバカウヨ世論にだけ
 しか通用しないバカ理論を
  放送し続けて、視聴率のみ


日本では、テレビ・タレント
 は極めて影響力ある訳なのだよ


熟成されない国民世論に
 浸透してこのままいけば


間違い無く、バカウヨ
 迎合の北朝鮮のようになる





『しかし彼らは、決して本流にはなれない。それは彼らが「戦後レジーム」に対
 置する「明治レジーム」が、実は前者の陰画にすぎないからだ。彼らの理想化
 する明治国家は、当時としては立派なものだったが、プロイセンの独裁と儒教
 の徳治主義と日本の土俗宗教をつき混ぜた偽物国家だった。今からそれに戻る
 ことはありえない。

 だから彼らが回帰しようとしている明治国家は、実は存在しないのだ。それに
 比べれば今のアメリカの「属国」状態のほうが、それなりに一貫しているだけ
 ましかもしれない。どっちが正しいのかはよくわからないが、戦後70年近くた
 った日本が転換する方向が明治への回帰でないことだけは確かである。

 自分で国家像を描けない右翼が、大日本帝国という既存のモデルを理想化する
 のは、明治維新が「王政復古」というフィクションで行なわれたのと同じだ。
 しかし本質的な問題は、今やそういう右翼/左翼という対立軸に意味がなくな
 ったことなのだ。それを象徴しているのが、百田さんの陳腐な「チャンネル桜
 」的言説である。

 他方、NHKは保守的左翼の牙城である。これも野党的右翼に劣らずたちが悪い
 ので、こういう大阪的な本音が出てくるのはいいかもしれない。経営委員会な
 んて現場には何の影響力もない番組審議会みたいなものだが、今度の偽ベート
 ーベン騒動の責任者を呼びつけて、ガンガンやってほしい』




首相・閣僚・議員の靖国参拝
 賛同するのは保守などではない
  昭和維新・軍国主義回帰論者だ


明治天皇~昭和天皇・今上天皇
 を頂き。。崇め。。追従するのが
  日本の真性保守勢力である訳だよ


その前提の上に
 戦後日本は、米欧先進国
  によって、敗戦後復興した


米・欧先進国の
 意思に忠実であり
  従順であるのが戦後日本
   そして敗戦後日本保守だ


靖国参拝・集団的自衛権
 そして憲法9条改正を推進
  それに賛同するのはただの
   軍国主義回帰・タカ派勢力
    昭和維新賞賛勢力である訳だ


安倍晋三首相は
 日本の保守とは次元違いに
  2014年辞任が確実である


関連記事
スポンサーサイト



TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/660-837f2e41