「小泉頼み、やめた方がいい」=脱原発、機運しぼまず―細川氏参謀・古賀茂明氏

『「細川・小泉」の元首相連合が台風の目になるかと思われた東京都知事選。
 だが、2人が掲げた「原発ゼロ」は一大争点とはならず、細川護熙元首相(76)
 の挑戦は挫折した。政策面での細川氏の参謀役、古賀茂明氏(元経済産業省
 官僚)に、細川陣営の内幕や脱原発の行方などについて聞いた』



原発ゼロ・脱原発・反原発
 全く挫折なんかしていない

  古賀茂明氏。。元経産省官僚
   はじめ橋下徹&大阪維新の会
    のブレーンをやったが。。

     橋下徹はものの見事に期待外れ

そうか。。細川・小泉ラインに
 ついていたのか。。面白い!

  そういえば、『原発ホワイトアウト』
   著者の若杉氏も現役高級官僚らしい





『―細川氏の助言者になった経緯は。
 「昨年9月、細川さんから『話を聞きたい』と連絡があり、会ったのが最初。そ
 の後、2人で原発、外交など国政全般について話をし、改革、ハト派のリーダー
 をつくろうと人材を探していた」
 ―自民党の河野太郎衆院議員と会ったという話がある。
 「去年、3人で会食した。しかし、彼は一切色気を見せなかった。結局、新しい
 リーダーが見つからないまま、急に都知事選になり、細川さんは『他にいない
 なら』という感じで立候補した」』



小生も。。細川では年取り過ぎ
 せいぜい、1期であとは河野太郎
  という提案もしていた訳であるが

   影でホントに話し合っていたのか
    改革・ハト派勢力の創設。。面白い





『―敗因は何か。
 「都知事選とはいえ、安倍政権への支持が強固な中で行われたことが一つ。細
 川さんは安倍批判勢力には魅力的だっただろうが、一般の支持がどーっと集ま
 る地合いではなかった。舛添人気に負けたわけではない」
 「最大の要因は、細川氏は『原発ワンイシュー候補』だという宣伝が行われた
 ことだ。原発以外の公約も出したのに、マスコミのキャンペーンもあり、細川
 ・小泉陣営は『原発オンリー』『景気・雇用は無視』とのイメージがつくられ
 、結果に大きく響いた」』



原発推進。。原子力ムラ
 安倍政権に加担した大マスコミ
  が脱原発勢力の強敵を駆逐すべく
   扇動・プロパガンダを張り巡らした


細川と宇都宮陣営の分断も
 企てられ、共産党も引っ掛かった






『◇脱原発「世界の常識」
 ―選挙結果に表れた民意をどう読むか。
 「舛添要一氏も『段階的廃止』を訴えていたので、原発推進派が勝ったとは言
 えない。これまでは『何年か先に原発ゼロ』という意見がせいぜいだったが、
 驚いたのは、ある出口調査で『原発即ゼロ』への支持が2割以上あったこと。あ
 れだけ小泉さんが訴えたことの効果で、脱原発の機運がしぼんだわけでは
 ない」。
 ―脱原発に向けた今後の運動の進め方は。
 「現在既に『原発ゼロ』が実現していて一番大変な時だが、今後は自然エネル
 ギーが増えて省エネが進み、どんどん楽になってくることを国民に認識・理解
 してもらうことが重要だ。原発ゼロはいばらの道ではない。風力、太陽光、バ
 イオマスによって、疲弊した地域や山村に新しい産業が生まれ、大都市と地方
 が共存するシステムができる。脱原発は国の在り方を変えていく新しい時代の
 流れだという、『世界の常識』を浸透させていく必要がある」』

『◇細川氏はリーダー育成
 ―元首相2人が脱原発を訴えたのも前代未聞だった。
 「共産党、社民党のような左翼系の政党ではなく、主流を歩んできた2人の保守
 政治家が、日本人の新しい生き方を提示して問い掛けたという意味で、今回は
 初めての試みだった。だから、1回で成功するはずもないが、その割には大きな
 インパクトがあった。ただ、過大評価もよくない。小泉さん(純一郎元首相)
 さえ連れてくれば何とかなるという甘さがあった。次のステップを考えると
 きは、小泉頼みはやめた方がいい」
 ―細川、小泉両氏は今後どう動くのか。
 「細川さんは、日本を変えるための人材探しだと思う。原発推進、武器輸出の
 タカ派的で古い成長戦略の安倍政権ではなく、新しい成長の形をつくり、近隣
 諸国と仲良くする日本像を持ったリーダー、政治勢力をつくっていこうとして
 いる」』



都知事選の選挙戦
 予想した通りの展開
  になってしまったようだ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【脱原発の小泉・細川コンビのバックには・・・。】<相手が悪過ぎる!>≪自民党・大マスコミ・電力会社・財界。。日本原子力ムラの猛攻撃が始まるだろうが。。≫


これから、都知事選
 大マスコミ。。特に産経
  あとは時事通信・読売。。


猛攻撃が始まる
 テレビ・新聞。。そして
  ネットニュースも大マスコミ
   が良い位置取りを確保している


そうなれば。。マスコミの扇動
 プロパガンダに弱く。。さらに
  日本の政党・与党自民党主義に
   日本東京都民有権者はイチコロ


しかし、そうはいかない

小泉純一郎の突破力は
 有名ではあるが。。むやみ
  やたらと脱原発叫んではいない


必ず。。背後の巨大な勢力の
 意向を感じ取っているはずである


安倍政権の原発推進
 米・欧原発脱却の思惑に
  大きく反している訳であり

あまりにも相手が悪過ぎる
 いや、原発推進が最悪・最凶だ


その背後の勢力とは
 日本ではない。。米国シェールガス
  ジャパンハンドラーという噂もあるが 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


古賀茂明氏が述べるように
 日本国内の原発推進VS
  脱原発勢力というような
   簡単な構図ではないと思う


欧米の企業が原発をやめて
 自然エネルギーに猛然とシフト
  と古賀茂明氏は述べている訳で


米・欧が手ぐすね引く
 国際産業エネルギー競争
  その思惑も複雑に絡み合ってくる
  
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/658-103c2387