<安倍首相>小泉氏は「政治師匠」 都知事選支援「有益だ」

『安倍晋三首相は22日午前に放送された日本テレビの番組で、東京都知事選に
 立候補表明した細川護熙元首相を小泉純一郎元首相が支援することについて
 「議論が活発になるという上では有益だ」と指摘した。首相は小泉氏を「政治
 の師匠」と強調。そのうえで「首都の選挙だから、その結果は真摯(しんし)
 に受け止めなければならない」と語った』



東京都知事選で
 脱原発とか、国政範疇の
  是非を争点にするのはオカシイ

と、各方面から執拗な
 プレッシャー・攻撃・口撃

  やはり何かある!と思っていた

原発推進勢力・原子力ムラの
 利権死守の執念が尋常ではない


安倍首相が、結果を真摯に
 原発推進政策。。自民党に
  とどまらず、財界・マスコミ
   官僚機構の原子力ムラが強行


それに急ブレーキが
 掛かるかも知れない


そうか、やっぱり都知事選は
 国政に影響与える訳なのだよ





高村自民副総裁、「脱原発」争点化けん制=菅官房長官「都民に選択肢を」

『自民党の高村正彦副総裁は22日、東京都知事選に関し「東京都は原発立地地域
 でもないし、再稼働について都知事は何の権限もない」と述べ、「脱原発」を
 掲げて知事選に出馬する細川護熙元首相と、細川氏を支援する小泉純一郎元首
 相の動きをけん制した。党本部で記者団に語った。
 菅義偉官房長官も記者会見で「さまざまな争点があってしかるべきだ。医療、
 介護とか景気、オリンピック、さらには原発の問題で総合的にどういう考え方
 かを示すことが必要だ」と指摘。「積極的に討論会を開催し、都民に選択肢を
 提供するのが候補者の役割だ」と述べ、活発な政策論争を求めた』




内閣官房長官が、様々な
 争点から総合的に都知事選を


自民党副総裁が
 原発立地地域でもない
  東京で論ずるのはオカシイ


各立地地域の原発を
 運営しているのが電力会社
  福島第一原発は、象徴的だ
   そして東京電力の所有管轄


株主でもある都知事選で
 論じられても一向に構わない


しかしながら。。政界だけでなく
 財界。。それどころか大マスコミ
  の記者諸君やジャーナリストまで
   まさに原発推進勢力が揃い踏みだ


東京都知事選。。国政勢力の
 関与は今に始まったことではない
  選挙結果が国政に響くのも昔から


元から、出来の悪い。。いや
 国際政治には絡めない低レベル
  ながら、さらに時代と共に劣化
   の中央政治・国会議員の質の悪さ


しかし、21世紀以降。。いや
 あの東日本大震災以降。。民主党
  それに続く自民党安倍政権と。。
   ここへきて、危険度が更に極まり


都知事選への干渉の仕方が
 尋常ではなく、また。。どす黒い
  原子力利権を守ろうと。。態度露骨
   

もう限界である!
 なんとしても、自民党
  安倍政権には退場願う
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/608-2d2d5ee2