<名護市長選>政府 工事計画の修正迫られる?

『政府・自民党は「普天間の固定化があってはならない。日米合意を粛々と進
 める」(菅義偉官房長官)としてきただけに、名護市長選での稲嶺進氏の勝利
 に落胆が広がった。安倍晋三首相にとって、辺野古移設以外の選択肢はないが
 、名護市の抵抗による工事の遅れや反対運動の激化も予想され、普天間問題が
 政権の重荷になるのは確実だ』



<名護市長選>沖縄振興策より基地受け入れを拒否した市民

『米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設の是非を最大争点とした同県名護
 市長選が19日投開票され、日米両政府が進める名護市辺野古への移設に反対
 する現職の稲嶺進氏(68)が、移設推進を訴えた前自民党県議の末松文信
 氏(65)を破り再選を果たした』



沖縄県名護市長選挙
 米軍普天間飛行場の
  名護市辺野古への移設
   反対派現職稲嶺市長が再選


ハッキリいえば
 沖縄のことに関しては
  誰も決めるヤツがいない

   ということ

日本政府・安倍政権
 沖縄県。。仲井眞知事
  どちらも誰も決めれない


辺野古移設に関しても
 沖縄県知事、名護市長は
  どこか他人事であり
   沖縄県民・各市民を
    有権者世論を巻き込み
     騒ぐことしか出来ない


強いて言えば絶対強者は
 米軍であり、その背後の
  連邦議会、米国政府は神
   にも例えること可能なほど
    の主権者と言って良い訳で


しかし、米国政府や連邦議会
 そして米軍海兵隊は、やはり
  日本国内領土内という建前上
   表立っては、意見表明も無い


それなのにも関わらず
 安倍晋三首相と仲井眞知事
  の会談を経て、何を思ったか
   

知事権限なのか何なのか
 辺野古移設承認を決断に至った
     

その直後の、名護市長選挙
 まさかの反対派市長再選だ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



≪沖縄を売った男、仲井眞知事は知らされているのか!≫【米国がまだ日本を占領し、沖縄が返還されてないことを。。】

<普天間移設>会談25分 首相発言に知事「立派な内容」

『安倍晋三首相は25日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設に
 向け、沖縄県の仲井真弘多知事と首相官邸で会談し、日米地位協定に
 関し、環境面を補足する協定を締結するための日米協議開始など、基地
 負担の軽減策を示した。仲井真氏は「驚くべき立派な内容だ」と評価し
 、移設先の名護市辺野古沖の埋め立て申請を承認する方針を固めた。2
 7日に正式発表する。1996年の日米両政府による普天間の返還合意
 から17年を経て辺野古移設が動き出すことになるが、沖縄県内の反発
 も予想される』

『県は国の埋め立て申請について、環境保全に関する留意事項を付けた上
 で「法的基準を満たしている」との結論を下す見通しだ。知事の承認に
 より、移設計画の法的な手続きは完了し、政府は近く代替施設建設に着
 手するとみられる。

 ただ、沖縄県民の納得を得られるかは不透明だ。仲井真氏は当初、県内
 移設を条件付きで認めていたが、09年の民主党政権の誕生を機に「県
 外移設」に転じたためだ。仲井真氏は会談後、記者団に「県外に持って
 いくのが早いに決まっている」と引き続き県外移設を求める考えを示し
 、辺野古移設は「地元(名護市)が反対している以上、実現は困難だ」
 とも指摘。反対の意見書を提出した名護市が反発を強めるのは確実だ』





沖縄在日米軍普天間飛行場
 沖縄名護市辺野古への移設
  

圧倒的強者米国政府に
 楯突くことなど不可能
  だから下手な芝居になる
  

安倍首相と仲井眞沖縄県知事
 この会談。。ラジオで聴いたが
  久しぶりに、茶番・猿芝居をみた
   思いがしたが、仕方ないのか


基地に住む軍人とその家族の消費
などの基地収入は2000億円を超え、
県の大きな収入源となっているのも事実


しかし、普天間飛行場の
 名護市辺野古への移設は
  反対者も多いときいている


来年早々の沖縄県
 名護市長選挙に注目


洗脳され、推進派に投票か
 それとも、気骨あるところ
  を見せ。。反対派が当選か


仲井眞弘多知事
 政府とは一線画し、地元の立場を主張
  譲れないものは譲れないという姿勢。。

小生。。漠然とこういう人物だと

 しかし、流れ出る仲井眞氏の声は

沖縄振興予算等。。
 安倍首相の説明に

驚くべき立派な内容だ

全沖縄県民が感謝している
 
素晴らしい正月が迎えられる


耳を疑った。。仲井眞氏
 コイツはいったいどういう人物か


殆ど関心を持ったことが無かった
 仲井眞知事が、初めて視野に入り 

仲井眞弘多
14世紀の終わりに琉球王国
 に渡来した福建人の子孫。。エッ?


1961年(昭和36年)
東京大学工学部機械工学科卒業
当時の通商産業省に技官として入省

官僚なのか。。

沖縄電力の理事。。その後
1990年(平成2年)
 大田昌秀知事のもと、沖縄県副知事

沖縄電力に戻り、社長・会長を歴任

体制側の人間か。。

【沖縄の在日米軍基地】

沖縄には現在34の米軍施設
その土地面積は日本にある
 米軍施設の約75%を占める

これは沖縄が
 米国の支配下にあったこと

1952年に結ばれた
 日米安全保障条約の改定
  で、本土の米軍基地の多く
   が沖縄に移った結果でもある


1972年に沖縄が日本に返還時、
 本土の米軍基地は減らされたが
  沖縄の基地が縮小されることはなく、
   

日本国内の米軍基地が
 沖縄に集中する結果となる

やっぱり、沖縄は
 まだ返還されていない


仲井眞弘多。。
 このあたりの事情を 
  知らされた人間なのか

沖縄返還時の首相
 佐藤栄作を大伯父に
  もつ安倍晋三首相と

意気投合するのも当然か



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


特定免税店制度による
 地元タクシー運転手も
  その中に入れないDFS免税店


鉄道は無く、唯一走るモノレール
 も米軍基地の強大な敷地を避けて
  決して侵食しないように21世紀に
   なってからようやく開通した訳で


建前上。。沖縄本土復帰後
 自動車道路が左側通行に
  変更された以外は。。正に
   外国!!ハワイ。。米国だ


沖縄は返還されていない

沖縄県民。。名護市民
 の意向など無視しての
  安倍首相・仲井眞知事会談
   での辺野古移設承認発言。。


このツケとしては、
 当然のことながら
  安倍首相は勿論のこと


決断表明した仲井眞知事は
 突出してしっぺ返しの対象
  苦しむべき役柄なのは確実


絶対強者米国・米軍が
 高みの見物の中を

  仲井眞知事が一人
   その責任を痛感しながら
    辞任していくことになる
 
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/604-c11a05a9