FC2ブログ
<都知事選>元首相「転身」に賛否…細川氏出馬へ

『猪瀬直樹氏の辞職に伴う東京都知事選の告示を23日に控え、元首相の細川護
 熙(もりひろ)氏(75)が出馬する見通しになった。「原発ゼロ」を掲げ、
 小泉純一郎元首相との連携を水面下で調整している。安倍晋三首相を含め首相
 経験者は戦後33人いるが、退任後知事選に出た例はなく、「憲政史」に残る
 出来事になる。国の元トップの転身に、識者の間にはさまざまな見方がある』



日本の元首相なんて。。
 政党政治が確立されておらず
  官僚機構が政治を動かして
   いる現状なのだから。。


21世紀。。いや、特に平成以降
 の首相など。。そんな大した存在
  でもない。。昭和時代も2年
   平成以降は、1年しかもたない
    内閣総理大臣など知事になっても
     全く支障など無い訳である





『憲法の「職業選択の自由」は、もちろん「三権の長」にも保障されている。
 ただ、参院議長経験者の土屋義彦氏が1992年に埼玉県知事選に出馬(当選
 )した際には「敗れれば『国権』に傷が付く」など慎重論も噴出した

 岩井奉信(ともあき)・日本大教授(政治学)は、この経緯を振り返りつつ「
 首相は権力の最終到達点で、そこで引退するのが本来の姿だ」と指摘。「外交
 などの経験を地方政治に生かせるという考え方もあるが、首相経験者は現場か
 ら離れ、顧問のように全体を見て客観的にアドバイスする役割が期待される」
 と語る。「細川氏は文化人として政界から離れて長く、過去の人。原発の是非
 や『安倍対反安倍』という象徴的な選挙になるが、都民として何を選ぶかとい
 う観点では疑問だ」

 前宮城県知事の浅野史郎・神奈川大学特別招聘(しょうへい)教授は「首相経
 験者は政治経験も十二分にあるし、首長選に出るのは良いことだと思う」と肯
 定的だ』




かろうじて。。竹下内閣まで
 死亡も含めて、首相経験者は
  事実上隠居・引退が多かった


しかし、海部内閣以降
 海部、宮沢、羽田、橋本
  安倍、麻生、鳩山、菅。。


派閥抗争。。政党合従連衡
 それどころか、大臣として入閣
  総裁選再出馬。。二度目の首相


スッカリ軽い存在ではないか

三権の長。。立法、行政、司法

立法権:国会(衆議院) - 衆議院議長
立法権:国会(参議院) - 参議院議長
行政権:内閣 - 内閣総理大臣
司法権:裁判所 - 最高裁判所長官


裁判所長官ぐらいは権力
 を保ってもらいたいと思う


しかし、行政・立法は
 共に行政府官僚機構に
  牛耳られているのが現実


参議院議長が知事選に敗北
 で、国権に傷がつくだと!?
  とっくに地に堕ちている!!





『95年の都知事選で、青島幸男氏が世界都市博覧会中止を押し出して当選した
 後1期で辞めてしまった経緯を挙げ「本気で都知事の責任を全うするつもりが
 あるのか、見極めていく必要がある」と話した。

 政治評論家の浅川博忠さんも「首長には役人をうまく使う資質が必要で、実績
 を地方行政に生かすことも可能」と見るが、細川氏については「その実績はど
 うか」と疑問視。「首相を9カ月足らずしか務めず、(東京佐川急便からの借
 入金問題を追及されるなど)辞め方もお粗末。(陶芸家として)趣味ざんまい
 で暮らしていた人物が、都の抱える問題をどう解決していくのか」と手厳しい』





三権の長がどうとか。。
 首相経験者がどうとか
  都政が。。都知事なんて
   都道府県知事なんて


都道府県。。だいたい
 そんな広いエリアを
  管理監督出来る人材
   日本にはいないではないか


都道府県制を廃止せよ
 政令指定都市も廃止せよ
  区も要らない、何の意味が


市町村制に純化すべき
 東京23区も解体して
  十数個の市に再編させよ


そんなことをしたら
 バラバラでまとまらない?

それで良いではないか
 マスコミ報道が劣化
  国民世論が更に劣化


プロパガンダに扇動報道に
 騙され洗脳されない国民世論
  が形成されるまで苦しむべき


今、首相経験者の知事選出馬
 反対しているのは、恐らく
  官僚機構・原子力ムラの走狗
   原発推進派に違いないのである


御用評論家・ジャーナリスト
 御用学者の集団であり
  安倍政権の回しものなのだ

関連記事
スポンサーサイト



TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/585-bfd6cfda