沖縄振興費「満額」回答へ 知事に辺野古「承認」促す

『安倍政権は来年度予算案に、沖縄振興予算として3400億円超を計上
 する方針を固めた。沖縄県の要望通りに異例の「満額予算」を認めるこ
 とで、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に向け
 た埋め立て申請について、仲井真弘多(ひろかず)知事の承認を得やす
 くする狙いがある』




このニュース。。
 やっぱりか、の思いだ


出来る限り予算を
 少なくしたい。。
  しかし、完全に締める
   訳でもない財務省


国家予算をばら撒く
 その権限を以って
  財務省権力ではある


財務省の省益あって
 国益なし、局益あって
  省益なしの体質を抜きに
   考えたとしても。。


安倍政権と述べる
 大マスコミ報道では
  あるが。。実態として
   

安倍政権・内閣・閣僚
 つまり、政治は蚊帳の外
  追認程度の機能しか無い


予算編成というのは
 財務省の独壇場であり
  最終大臣折衝ですら
   財務省は主計局長・次官
    が担当し、財務大臣は
     座っているだけである


沖縄振興予算
 予算編成作業早々に
  満額回答の報道か。。


外務省あたりを通じて
 財務省にも米国の意向
  は伝達されているはず




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



【米国の思惑にピッタリ!まさかと思いたいが】<中国防空識別圏設定>≪尖閣含む東シナ海・普天間基地か。。≫【大揺れに揺れる《日本》だが】




『【非常識な防空識別圏の設定】
 ADIZとは、領空(領土から約22キロ)の外側に、各国が独自の基準で設
 けているもの。侵入機が領空に入ってくる前に識別、要撃する必要があ
 るため設けられている。各国は領土の外側400~500kmの範囲を設定して
 いるという。

 フィナンシャル・タイムズ紙によると、中国が設定したADIZ(尖閣諸島
 を含む)を飛行する航空機は、中国外務省か航空当局に飛行計画を事前
 通報する必要があり、通報がない国籍不明機には防衛手段として緊急措
 置をとる、とされている。

 実効支配が及ばない尖閣諸島周辺にADIZを設けたのは、国際的な常識を
 逸脱した行為であり、日本への圧力をさらに強める姿勢をアピールする
 狙いがあるとみられる

 【中国のADIZ設定に各国の反応は】
 中国の一方的な発表に、ヘーゲル米国防長官は、中国の行為は現状の国
 境線を変更し、地域を不安定化させる試みである、と見解を示した。も
 し日本が攻撃されたら日米安全保障条約に基づき日本を守る義務がある
 、と改めて明言し、中国をけん制した。

 日本政府は、中国のADIZ設定に「全く受け入れられない」として、外交
 ルートを通じて中国に抗議した。ただし抗議は首相や外相などのトップ
 級ではなく局長レベルで伝えられたという。当局者によると「日本側か
 ら緊張をエスカレートさせない」という姿勢のためだ。

 ニューヨーク・タイムズ紙によると、日米両国は、中国の新たなADIZ設
 定域内で中国側に通報しなかった場合、同国が真剣に対処するのかど
 うか、中国国内の国粋主義者の感情を和らげる「政治的ジェスチャー」
 なのかを判断しようとしているという。

 一方、韓国は、自国の飛行機が中国のADIZ重複空域を通過しても通報し
 ない方針だと報じられている』




日本の航空会社は
 台湾行きが識別圏に
  引っかかるらしい   

フライトプラン提出
 を決定、政府に制止され
  中止したという経緯
 

日本の抗議は
 首相・外相ではなく
  外務省局長レベルか。。


防空識別圏で騒ぐ
 日本大マスコミと政治


領空・領土を
 定めたものではない
国際法で確立
 したものではない


やられたのではないか?

折りしも沖縄米軍
 普天間基地移設問題


米国政府は
 喜んでいるだろう

といってしまっては、
 常識が無いのだろうか? 

米国・米軍の軍事能力は
 日本人の想像を絶するレベル


中国も自由になる
 沖縄近海は特に自由になる


米国メディアは
 それ以上に阿吽の呼吸
  で、何でも書くのではないか


普天間基地移設問題
 米国の思い通りになるだろう




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


支持率下落傾向でも
 各野党総竦み一強
  状態である安倍政権


安倍首相はじめ政権が
 決断したと報道すれば
  国民世論など抑えられる


民主党野田政権時の
 オスプレイ導入と
  同じ構図。。いや
   遥かに切実問題だ


米国政府・在日米軍
 の世界戦略の前では


もとより断れるような
 状況ではなかったのだ


またもや。。
 やられたのではないか?
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/544-c805feb4