みんなの党分裂へ 江田前幹事長ら9日離党、新党めざす

『みんなの党の江田憲司前幹事長は、9日に離党届を提出する意向を固
 めた。年内に新党の立ち上げをめざす。江田氏は渡辺喜美代表と野党再
 編への路線で対立していた。同党は現在35人が所属するが、結成から
 約4年で分裂することになった。今後、野党再編につながる可能性が
 ある。

 江田氏と一緒に、井出庸生、青柳陽一郎、畠中光成衆院議員、小野次郎
 参院議員らが離党届を出す見通し。すでに離党させられた柿沢未途衆院
 議員も新党に参加する予定だ。江田氏に近い複数の議員は、同調者は
 10人以上になる、との見方を示している』




みんなの党分裂
 日本維新の会よりも
  早く党分裂は予想外


小生。。みんなの党と
 既に決別しているので
  特に感想も無いが。。


特別会計・天下り法人
 の解体を事実上唯一掲げる
  政党の分裂。。それだけが
   残念
だということである

その理由としては





江田氏除名も検討 みんな・渡辺氏、超党派勉強会を批判

『みんなの党の渡辺喜美代表は7日、民主党や日本維新の会との超党派勉
 強会を10日に発足させる江田憲司前幹事長について、「新党準備行為
 にあたる可能性が極めて高い」と述べ、除名を含めた厳しい処分を科す
 考えを示した。東京都内で記者団に語った。

 渡辺氏は除名の場合の影響について「(所属議員の)数が少なくなるか
 ら一時的なダメージはあるが、大したことはない」と語った。

 江田氏は特定秘密保護法案の衆院採決で「賛成」の党方針に反して棄権
 。同党が参院採決で「棄権」に転じたことを、江田氏は「党内議論が不
 十分なまま党議決定をした執行部の責任は免れない。渡辺代表が賛成あ
 りきで安倍首相と会食して手を握り、修正協議を強引に進めた」などと
 批判していた』




みんなの党渡辺代表
 と執行部が、江田前幹事長
  を追い出しにかかり。。

党に居られなくなってきた
 というのが直接の原因であろう

しかし、江田氏が批判するように
 渡辺代表が安倍政権とスクラム
  組むように、特定秘密保護法案
   成立の背中を無我夢中で押した


この様は、激烈批判に値し
 江田憲司氏の見解に分がある


いずれにせよ。。
特別会計・天下り法人解体
 という官僚機構による支配
  打破を掲げた政党が分裂


みんなの党も江田新党も
 官僚支配政治に楔を打つ
  ことは完全不可能になった


事実上、日本の政治から
 野党が消滅したのは確実


日本の政党政治は崩壊した
 もはや、叩き潰してしまって
  最初から創り直した方が良い
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/533-38ccece3