匿名じゃなくてもネットは怖い
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131203-00025387-toyo-bus_all&p=1

『新世代リーダー予備軍とも言える10代の優秀な若者は、どんな未来を描いてい
 るのか。「スーパーIT中学生」「スーパーIT高校生」として早くから独自の道
 を切り拓いてきたデジタルクリエーターの灘高生が、未来予測を発信。ITや
 政治、経済、教育、ときにはアイドルや女の子ネタまで、感度の高い移り気な
 アンテナがキャッチするまま書き連ねる』




デジタルクリエーター
 灘高生
 Tehu

小生。。初めて知った

素晴らしい。。現代日本を
 見事に言い当てている、と思った





『「Yahoo! ニュース」では、一部のニュース記事にコメント欄が付いています
 。通称「ヤフコメ」といい、「ヤフコメ民」と呼ばれる、ひたすらコメントを
 している人たちが存在します。さらには、コメント欄でケンカを始めることも
 あります。匿名言論界で、2ちゃんねると並ぶ巨大掲示板であることは間違いな
 いでしょう。

 このヤフコメがなかなかすごいことになっています。政治に関するニュース記
 事で、コメント欄が開設されているものをちょっと見ていただきたい。最近
 だと、特定秘密保護法案や自民党沖縄県連の公約撤回問題がもめています。も
 うビックリするぐらい意見が偏っています。

 「右翼・左翼」という1本の軸だけでグループ分けすることの危険性はわかって
 いますが、あえてそう分けるならば、ヤフコメは「右しかいない」と言っても
 いいほどの偏り方です。左右両派がお互いに対して、「左翼は売国奴」「右翼
 は戦争好き」というレッテルを貼っている。

 ぶっちゃけ、読んでいて吐き気がします。過激な内容に対する嫌悪感以上に、
 「1つの意見しか存在しない」ことへの拒絶反応が起こるのです』



その通りだ!
 何の違和感も矛盾も感じない

  Tehu氏の見解だ

2ちゃんねる。。ヤフコメ。。
 右。。バカウヨばかり
  このままでは日本は滅亡する
   と不安になってくる






『「たかがネット」「ネットでは議論は不可能だから放っておけ」と識者は言い
 ます。しかし、ボクは実感しています。ティーンズが、明らかにヤフコメや2ち
 ゃんねるという偏ったメディアの意見に影響されていることを。

 「国際社会の人材」は、いかに国家間の関係が悪化しても、偏見を持たずに常
 にニュートラルな立場で、未来永劫の平和のために尽力しなければなりません
 。それを担う未来の人材が、偏った情報しか得られない環境で育つことは非常
 に危険です。

 今、必要なのは、「中立」を教えることではなく、「両方」を教えることでは
 ないでしょうか。歴史教科書は、国内外の干渉を受けつつも、なんとか「中立
 」という体を保っていますが、そもそも歴史に「中立」という立場が存在する
 のかどうかもあやしい。知識だけでは、ネットで「右」に染まった情報を目に
 するだけで一気にそちら側にエンゲージされてしまう。これでは、正しい言論
 は形成されません。

 学校の歴史教育で必要なのは、「左右両方」の主張をしっかりと吟味すること
 ではないでしょうか。極端な話をすれば、田母神俊雄元航空幕僚長の著書と、
 孫崎享氏の著書を同時に読んで議論するといった感じです。両方の意見を十分
 に吟味したうえでなら、どちらに付くにしてもしっかりとした見識がベースに
 あるでしょうし、世論の形成にとって非常に理想的な環境になります』





Tehu(張 惺)
てふ(ちょう さとる) 18歳


両親は中華人民共和国籍で、本人も2013年2月現在中国籍
日本生まれ・日本育ちであるが、小学校時代は中華系の
インターナショナルスクールに通っていたため、中国語
に堪能である。また、英語も幼少時からネイティブを
意識した教育を受けていた
                (ウィキペディアより)



ホントに18歳なのか
 身長196cm!!

小生。。日本人ながら
 この見解を大いに共有出来る


こういう意見を、ネットで発すると
 即、反日というレッテルを貼られる
  

狂っている日本ネット社会。。だが
 ネットだけに、限定して良いものか


実社会そのものがオカシイ

その教科書検定も
 安倍政権下で、極めて
  危険な方向に歪められ
   つつある現在の状況だ







『それができないのなら、「偏っていて一方的で無責任な議論しか発生しないネ
 ットの匿名コメント欄は廃止してしまえ! 」とボクはずっと言っているので
 すが、最近、「Yahoo! ニュース」にフェイスブックのコメント機能が追加さ
 れました。

 驚きました。なにせ実名と所属企業を公開している人が、自分とは異なる思想
 ・信条を持った人々を、堂々と汚い言葉で罵倒しているのです。これには正直
 、面食らった。インターネットの癌は、「匿名性」ではなかったようです。

 フェイスブックのコメントは返信機能があるので、実名同士で罵倒し合ってい
 るのをたまに見かけますが、人数比の問題があり、どうしても「ネット右翼」
 と呼ばれる人たちがいじめっ子になっているパターンが多い。また、内容も議
 論と呼ぶには程遠いものです。匿名よりはマシかもしれませんが、少なくとも
 ボクのまわりには、顔をさらしてまで罵倒し合う人は一人もいません。

 インターネットの癌は、もしかしたら「匿名性」ではなくて、「キーボードと
 いう、口を通じない発言手段」なのかもしれません。

 実際に対立している2人を呼び出し、リアルに口で激論させるような生放送の番
 組って、存在しないのでしょうか。単なる意見の違いをあげつらうのではなく
 、もっと本気で自由な言論を戦わせるようなもの。

 たとえば、在特会(在日特権を許さない市民の会)の桜井誠さんと韓国のパク・
 クネ大統領とか。不可能でしょうけど、やってほしいなあ。タブーを無視した
 議論を全国民に公開するところから、理想の国づくりが始まる気がするのです』






日本。。中国。。韓国
 いずれの国にも、リベラル
  バランス取れた見解は存在


しかし。。ネット世論で
 右。。ウヨ。。が席巻している


そこで、日本大マスコミが
 修正してくれるのなら救われる


しかし、実態は。。大マスコミ
 自体が、右傾化を煽っている
  このままいけば。。危ない!


世の中の殆どが、戦争を知らない
 少なくとも、世論形成している
  構成員のほぼ全てが戦争未経験
   

恐さを知らずに、ほざくな!!


関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/525-e2065919