日経平均は続落で始まる、2カ月ぶりに1万3000円割れ

『寄り付きの東京株式市場で日経平均は続落。4月5日以来約2カ月ぶりに1万
 3000円を下回った。前日の米国株が大幅安となったうえ、円相場が対ドル
 や対ユーロで上昇したことを受け、売りが先行』



米株安
 そして円高
  日本株が落ちていく




2013参院選 経済政策、与党の鬼門 歴代政権、負け続き

『■野党、批判手ぐすね

 安倍晋三首相は5日の講演で成長戦略第3弾を発表し、夏の参院選を前に所得
 や産業規模の拡大を具体的な数字を示し国民に訴えた。ただ、経済政策を売り
 物にした政権は近年、選挙で苦戦を強いられている。株価上昇や円高是正を実
 現した「アベノミクス」も、その期待の大きさゆえ、失望につながりやすいと
 いうもろ刃の剣の側面を持つ。参院選に向け、経済政策をめぐる与野党の攻防
 が始まった』




米国株下落は
 一時的なもの
  何しろ、今後10年
   安泰だというのだから


ところが
日本はそうはいかない
 円高がおさまり。。株高
  これをアベノミクスの成果
   と信じてしまう我々国民だ


米国ドル高・株高
 に引っ張られた日本株
  米国が下落から上昇に転じても
   日本株は上がらない可能性
    もあるというのに。。


そのときには
 どういう解釈・反応を
  するというのか


バブル経済勃興崩壊
 ブラックマンデー
  サブプライムローン
   リーマンショック。。


その時々で、右往左往
 全く対処出来なかった
  我々日本国民・日本政府


国内だけを見て
 ああだこうだと
  無い頭ヒネっても
   対応など不可能だ


今後も諸外国勢力に
 翻弄され続けるのだろうか


何しろ、”経済”という
 ヤツには、からっきし
  弱い我々である訳だから。。
 
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/50-d099be81