fc2ブログ
ケネディ暗殺犯について落合信彦氏「変革に反対する勢力」説
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131111-00000003-pseven-int

『第35代アメリカ合衆国大統領のジョン・F・ケネディがテキサス州ダラスで暗殺
 されたのは1963年11月22日のことだった。それからちょうど50年が過ぎようと
 している。アメリカの誇りとも言える大統領はなぜ、誰によって殺されたのだ
 ろうか? ケネディ没後50年のタイミングに合わせて、『ケネディからの伝言
 』『二〇世紀最大の謀略 ──ケネディ暗殺の真実──(原題・二〇三九年の
 真実)』という2冊の文庫を出版する落合信彦氏が解説する』




落合信彦氏
 もう30年ぐらい前
  だったかも知れない


当時、国際政治に明るい
 数少ないライターの1人
  小生も。。信じられない
   ような事実を彼から
    数々教わったと思う


2039年の真実
 ケネディ大統領暗殺
  についての書。。小生
   この著書をはじめ
    何冊も読んだと記憶


同時に、日本の政治が
 如何に下らんかも知った
  その後の書物は、得た知識を
   裏付けるものばかりだった 





『ジョン・ケネディは1960年11月の大統領選挙に勝利し、翌年1月に大統領に就任
 した。わずか3年弱の間に成し遂げたことは他の大統領の比ではない。では、ア
 メリカの誇りとも言える大統領はなぜ、誰によって殺されたのだろうか? 結
 局のところ、ケネディは有言実行の士だったから、変革に反対する勢力から命
 を狙われることになったのだ。

 ケネディの存在を苦々しく思っていたのが、軍部、CIAなど政府機関、そして企
 業からなる「軍産複合体」であった。彼らにとっては、戦争がビジネスの根
 幹だ。平和が訪れることは都合が悪い。ケネディを憎んで当然だった。「軍産
 複合体」という言葉を初めて公の場で使ったのはケネディの前任であるアイゼ
 ンハウワー大統領である。退任直前のお別れスピーチでこう語っている。

 「軍産複合体が、不当な影響力を獲得し、それを行使することに対して、政府
 も議会も特に用心しなければならない。この不当な力が発生する危険性は、
 現在、存在するし、今後も存在し続けるだろう。この複合体が、我々の自由と
 民主的政治過程を破壊するようなことを許してはならない」

 軍産複合体は幽霊と怪物をミックスしたようなものだ。CEOはいないしオフィス
 もない。メンバーシップもない。ただし含まれる企業は膨大である。自動車産
 業や航空産業、鉄鋼業から飲料・お菓子、タイヤ、葬儀産業まで広範な企業が
 ペンタゴン(国防総省)と契約している。

 そうした企業の大部分は自分たちが軍産複合体の一部とは考えていない。だか
 らゴーストなのだ。そしてその存続が脅かされた時、怪物に変わる。ケネデ
 ィは、この軍産複合体の虎の尾を踏んだ。ヴェトナム撤退である』




軍産複合体という存在
 についても、落合氏の書
  で初めて知ることとなった


ケネディが革命家で
 体制内悪役に殺害された
  とは思っていない


ケネディも間違いなく
 体制側の人間であり
  体制の信任を得て
   大統領に就任した


軍産複合体という存在について
 場合によれば諜報機関
  CIA。。経済界の奥の院
   米・欧財閥筋。。様々な解釈
    が可能になってきている


小生。。少なくとも
 オズワルドなどが
  真犯人などでは絶対
   有り得ないと思っている


そして、落合信彦の
 主張が正しいのか否か
  確かめる手立ても一切無い
 


しかし、50年ということで
 ウォール・ストリート・ジャーナル
  が興味深い記事を数ヶ月前から
   掲載しているようである






誰がJFKを殺したか、陰謀論者特有の考え方をひもとく

『ジョン・F・ケネディ大統領が50年前の11月22日に暗殺された。50周年記念行事
 を2週間前に控え、あの日テキサス州ダラスで実際に何が起きたのか、さまざま
 な説が掘り返されるのは必至だ。当初からこの暗殺は陰謀説を唱える論者に格
 好の材料を提供してきた。

 陰謀論者の一部はニューメキシコ州ロズウェルに隠れていた宇宙人の話や、9・
 11事件が米国政府の内部者の犯行だといった、奇妙な説をまことしやかに唱え
 てみせる。ただ問題は、時に、物事の公式見解に懐疑的な見方が正しかったこ
 とが証明され、われわれが真実に導かれる場合があるということだ。例えば、
 地球が太陽の周りを回るとか、種は進化するとか、気候が最近確実に温暖化し
 ているなどの結論は、当初は異端的と見られた説が後に真実だと判明した例だ
 。

 ここでの課題はそうした正当な疑いと反射的な懐疑論とをどのように識別する
 かだ。反射的な懐疑論では、エルビス・プレスリーが人類の月面着陸がうそだ
 ったと証明することができたために、イスラエル諜報特務庁(モサド)に訓練
 された雪男により殺されたというような妄信につながる。

 批判的思考と、いかれた陰謀論者とをどう区別するか。心理学者は陰謀論者の
 主な特徴を繰り返し明らかにしてきた。それによると、ある種の陰謀説を信じ
 る人はその他の陰謀説も信じる公算が大きい。つまりそれは深層心理的特性で
 、どのような状況でも貫かれる世界観なのだ。

 哲学者ポール・サガード氏は世界観に一貫性をもたらす説明に対するわれわれ
 の欲求について説いた。陰謀論者はこの欲求の極端な表れだ。この欲求が根底
 にある陰謀説を固く信じる人は他の出来事についても同様な陰謀的理論も受け
 入れやすくなる。「彼ら(公式見解を支持する向き)はまたやっている。新た
 なインチキ話を信じ込ませようとしているが、そんな公式説明は信じてはいけ
 ない」というように。

 英ケント大学のマイケル・ウッド氏とカレン・ダグラス氏による最近の研究は
 、こうした考え方の際だった特徴を指摘する。9・11陰謀論者のオンライン議論
 の体系的分析によると、陰謀論者を批判する向き(9・11の公式説明を支持す
 る人)は、自分たちの立場を裏付ける証拠を引用する傾向があることがわか
 った。対照的に陰謀論者は公式見解を批判するのに多くの時間を割き、自分た
 ちの代替的説明の正当性を裏付けることにははるかに関心が低かった。

 ウッド氏らの別の調査は、この考え方がさらにどのように進んでいくかを示し
 ている。陰謀論者は公式説明を拒否することに専念するあまり、相矛盾する代
 替的説明さえ受け入れているというのだ』




ウォール・ストリート・ジャーナル
 陰謀説・陰謀論というジャンル
  でケネディ暗殺を括ろうとしている


落合信彦氏が
 ズバッと断言しているのに
  ぶつけてきたのだろうか


それとも
 WSJ等が数ヶ月前から
  煙に巻くような記事
   それに対する落合氏の
    反論とも受け止めること
     も可能ではある。。


ケネディが体制。。
 つまり軍産複合体・CIA
  または、米欧財閥群や
   政府内勢力に暗殺されたと
    考えるのは、妄想・妄信


そう結論付ける
 ようでありながら
  その内容は実に解り辛い
   文章で終始。。訳文だと
    いう原因以外の理由


すなわち、
 ウォール・ストリート・ジャーナル
  も暗殺された真犯人を見つけたい
   そして、実は彼らは犯人とされる
   ”体制”からの監視を意識して
    いるが故に。。このような
     まわりくどい文章掲載なのか


そして、彼らのこの
 態度こそが、落合信彦氏
  の主張が当たらずとも
   遠からずということを
    証明していると言っては
     言い過ぎなのだろうか(笑)


少なくとも、日本大マスコミ
 の稚拙なプロパガンダよりは
  遥かに高度で読み物としては
   面白いことも確かなのである
関連記事
スポンサーサイト



TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/473-10d50f43