安倍首相 メディア支配は政権安定化の絶対条件との思い持つ
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131111-00000004-pseven-soci

『10月5日に放送されたNHKスペシャル「ドキュメント消費増税 安倍政権 2か月
 の攻防」では、NHKのカメラが、初めて総理大臣執務室に入るなど安倍晋三首相
 に密着し、その決断の様子を伝えた。局内からは、「これでは政権の広報機関
 ではないか」との声もあがったという』



だいたい、NHKと時事通信
 は他の大マスコミ同様。。
  小生、信用していない訳だが





『安倍自民党にとってNHK掌握は悲願だった。実はNHKについては、政権交代以前
 から自民党の部会レベルで議題に上がっており、自民党の鬼木誠・衆院議員は
 今年4月の国会質問で、「NHKさんの今の問題点は、まず第一点がいや応なく国
 民から徴収された受信料をもとに、そして第二点、日本をおとしめる番組が作
 られ、そして第三点、その内容が公共にオーソライズされ、そして第四点、国
 内外に放送される」と痛烈なNHK批判を展開している。

 「“第一次政権はメディアの偏向報道に潰された”という思いの強い安倍氏に
 とって、メディア支配は政権を安定化させる絶対条件。とくにNHKは朝日新聞と
 並ぶ最大の天敵でした。朝日は、安倍氏が自民党総裁に就任してすぐに社長が
 会談を求めて“和解”して以来、安倍批判を封印している状態で、他メディア
 も安倍ヨイショばかりなのは見ての通り』




ただ。。安倍首相が
 大マスコミを掌握なのか
  どうかは、極めて怪しい


消費税増税の3党合意は
 財務省の調査を恐れる余り
  財務省顔色窺う情けない
   日本大マスコミだった


引き続き、民主党野田政権
 と同じく。。消費税増税
  決断した安倍政権に迎合は
   財務省の悲願を妨害する
    勇気など無い大マスコミ
     のメディア失格の醜態ゆえ
 

原発再稼動・原発推進は
 経済産業省。。及び
  正力松太郎所縁の
   読売の原発国策迎合
    に横並びという始末だ


安倍首相は、普通なら
 欠陥政権で、昭和なら
  即、引き摺り下ろされる
   政権なのは間違いない


そんな首相が
 堕落したとはいえ
  大マスコミ掌握とは
   到底考え難い訳だが


しかし、自民党だけでなく
 野党も含めた人材難故に
  再登板が可能になり
   それどころか政権維持
    1年になろうとしている





『安倍氏としては、『NHKを抱き込めばメディア支配が完成する』という思いで
 、NHK改革に狙いを定めているんです」(政治ジャーナリスト・武冨薫氏)

 来年1月のNHK会長人事の先にやってくるのは、公共放送から「広報機関」に姿
 を変えたNHKの姿かもしれない』





汚い男だったが。。NHK
 島桂次が会長やってた頃
  の方が、まだ少しはマシだ


いずれにせよ。。安倍政権
 日本大マスコミの
  メディアとは言い難い
   政権迎合のプロパガンダ
    

この報道姿勢に
 護られているのは間違いない


小生。。何度も言ってきている



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



≪アベノミクス肯定報道≫これほどまでの【扇動・プロパガンダ・インチキ】記事も無い 
大メディアのアベノミクス批判は読者を誤解させ冒涜している



『安倍晋三首相が推進する経済政策・アベノミクスに批判的な記事も賛同
 する新聞やテレビの報道には、記者の思考停止状態で報じられたものが
 多すぎると産経新聞特別記者の田村秀男氏は批判する』




大マスコミがアベノミクス批判
 するのはいい加減なものが多い



大マスコミの
 大ベテラン記者がいっている(笑)


が!!




『全国紙、NHKといった大手マスコミはアベノミクスの「危険性」にご執
 心だ。日本経済新聞の「経済教室」では1月16日付からの連載で「日本
 売りリスク 目配りを」、「放漫財政、物価高騰も」、「日銀の独立性
 は重要」、「資産バブル招く可能性も」との見出しが躍った。時の政権
 の政策批判は結構だが、これまで大手メディアの多くは財務省・日銀の
 言い分に沿う論調で報道し続けてきた』




全国紙。。NHK。。といいながら
例に挙がって
 いるのは日本経済新聞だけ
つまり、
日本経済新聞は
 エライということになる


大マスコミといいながら、

おたくの産経新聞は勿論、
 読売は批判しているか?

毎日、朝日までが政権迎合
 この日本の世も
  終わりを告げたようだ





『しかしアベノミクス批判にもかかわらず、円高是正が始まり、株価も上
 昇している。世論の支持率も高くなってきた。となると商業メディアと
 してはまずい。しかも、処世術にたけた官僚はさっさと面従腹背、表向
 きだけは安倍政権に同調している。日銀の白川方明総裁が典型だ。

 はしごを外された官僚追随メディアは慌てただろうが、自らの誤りを認
 めたくないという自己保身が働くと同時に、急激な論調の転換は読者の
 不信を招く。そこでまずとるのが、バランス手法である』





このべテ記者は
円安・株高になったから
アベノミクス批判は間違い
 と言っている

小生。。
円安・株高で判断すること
 そのものが間違い
だと言っている
出来レースというより
 日本そのものが
  騙されている
   というのに

だいたい消費税増税で
 財務省の手先報道を
  垂れ流したのは。。
   大マスコミ全社、君らや!





『上記の日経経済教室のように、インフレ目標などを1面で大々的に取り
 上げながらも、中の面でマイナス効果を学者にコメントさせるのであ
 る。さらに次の段階ではすり寄って、あたかも以前から脱デフレの論陣
 を張ってきたような顔をするだろう。

 事実、すでに日経などは浜田宏一イェール大学名誉教授など首相指南役
 にインタビュー攻勢をかけて彼らの言い分をたっぷりと掲載している。

 読者をミスリードし、世界史上未曾有のデフレを招いてきた己を省みな
 いメディアは、どこまで読者を冒涜し日本を混迷させるつもりなのか』




身内の大マスコミを叱る
 フリをしながら。。結局は
  日経だけを叩いている

近年、酷い報道溢れる中で
 久しぶりに反吐が出そうな
  トンデモ記事に出会ってしまった


それだけでなく、
 マッチポンプで
  アベノミクス大賛同
   幾ら貰ったのかね?(爆)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


他の欧米先進国では
 考えられない大マスコミの
  報道姿勢であるが


国民に事実を見抜く力があれば
 こんな報道罷り通るはずがない


洗脳され易い、騙され易い
 信用し易い国民の節穴が
  今日の大マスコミを
   生み出す元凶である


関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/471-0e37e27e