今になってツケ…維新、原発輸出を巡り対立再燃

『日本維新の会の内部で、原子力発電所の輸出を巡り、「東西対立」が再
 燃している。

 石原共同代表が率いた旧太陽の党系の議員の間では賛成の意見が多い
 一方、橋下共同代表に近い「大阪維新の会」系の若手・中堅議員では反
 対意見が根強く、意見集約は難航している』

 

原発輸出
 原発推進の安倍政権
  肝いりの。。札付きの
   最悪政策である。。
    

米国原発専門家も警告
”日本は脱原発せよ”
  といっている
   これについては
    後日述べてみたい

日本維新の会内部
 大阪維新の会系で
  原発輸出に反対意見
   

それは初耳だ
 維新は原発推進
  今でもそう思っている






『政策調査会の関連部会での議論では、出席者の大半を占める若手・中堅
 議員から「東京電力福島第一原発事故も収束していないのに、原発を輸
 出すべきでない」との意見が多い。これに対し、部会の後に控える総務
 会には、原発賛成派のベテラン議員も出席することから、大阪系議員ら
 は「部会で反対が決まっても、ひっくり返る可能性がある」とみて、
 「脱原発依存」を主張する橋下氏や浅田政調会長(大阪府議会議長)ら
 大阪系幹部も議論に加えるよう働きかけることも検討している』




橋下大阪維新の会
 が消費税増税に反対
  しない限り、支持しない


小生。。昨年の早い時期に
 警告はしておいた訳だが
  

それが、どう贔屓目に見ても
 消費税増税賛成が明白になった
  昨年総選挙遥か以前に
   小生。。維新を見限っている


それに輪をかける形で
 総選挙直前。。
  石原太陽の党と合併


どうしようもない政党が  
 発足してしまった
  それが日本維新の会だ
 

福島第一原発事故
 収束していないのに
  原発輸出すべきでない


この意見は正しい
 ただ。。維新内部
  中堅・若手がその意見
   とは、初めて聞いたよ


橋下徹共同代表
 周辺が中堅・若手なのか
  橋下氏が原発輸出反対
   の考えとも思えないが





『原子力政策を巡っては昨年12月の衆院選公約に付属した「政策実例」
 で「既設原子炉による発電は2030年代までにフェードアウト(次第
 に消える)」と明記したが、石原氏に配慮し、橋下氏が「『政策実例』
 は公約ではない」と発言した経緯がある。維新の会のアキレス腱の一つ
 と見られており、幹部の一人は「意見対立があるのにお茶を濁したまま
 にしてきたから、今になってつけが回っている」とぼやいている』




日本維新の会という
 国政政党発足のため

政党要件満たすため
 国会議員を入れる必要


それで、松野頼久はじめ
 国会議員を無理に入れた


既に、民意が。。
 支持率が下降傾向
  だった橋下維新は


衆院選戦うため
 石原太陽の党と合併した


本来なら、もう衆院選
 一定の議席獲得した訳で
  旧太陽の党とは分裂して
   良い訳である。。しかし


お膝元の大阪市議会
 国政大阪近隣選挙区
  でも支持離れが顕著に


橋下徹共同代表は
 大阪市議会に専念
  せざるを得ない状況


国政は、ロートルタカ派
 の石原太陽の党に完全に
  乗っ取られた状態なのだ


大阪都構想はもはや
 絶望的である。。実現
  の可能性は皆無な訳だ


橋下徹は大阪市で一定の
 期間務めれば。。衆院選
  に立候補すべきだ


ついでにいうと。。
 松井一郎なんて本来裏方
  大阪府知事の器ではない
   橋下人気あっての松井だ
    その橋下人気にも翳り
     そろそろ裏方に戻るべき


まぁ。。大阪府知事
 過去に碌な人間選んでない
  のも確かなのであるが(笑)


橋下大阪維新よ。。
 旧太陽の党を切り
  再び政策練り直し
   

衆院選目指して
 再出発を図るべき


ただ。。増税路線反対
 聖域なき構造改革
  特別会計・天下り法人


ここに切り込む政策
 掲げない限り。。
  小生、一切支持しない
 
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/454-23bb7fa1