原発めぐり「現役官僚」が告発本 官庁では犯人捜しも

『「現役キャリア官僚」が小説の形で書いた告発本、「原発ホワイトア
 ウト」(講談社)が話題を呼んでいる。電力会社、政治家、省庁の癒着
 を描いた内容に、菅直人元首相もブログで「私の知ることと共通する点
 が多い」と反応。発売1カ月で6万5千部と、新人の作品としては異例
 の売れ行きになっている。

 作者の名前は「若杉冽」。偽名だ。公開しているプロフィルは、東大法
 学部卒で「現在、霞が関の省庁に勤務」するキャリア官僚ということ
 だけ。執筆を知っているのも、家族だけだ。このほど朝日新聞の取材に
 応じた。

 本の中では、電力会社が政治献金や選挙支援によって政治家を操ったり
 、世論を誘導したりする構図が描かれている。小説という形になってい
 るが、モデルがほぼ特定できる登場人物もいる。若杉さんによると、
 「直接見聞きしたことと、間接的に聞いたことが半々」という。

 執筆のきっかけは、昨年末の政権交代。安倍政権になり、「政府、業界
 、政治が再稼働に向けてひたすら走っていこうとしているのは国民をバ
 カにしている」と感じ、若杉さんから講談社側にアプローチした。小説
 を書いたことはなかったが、直前に読んでいた村上春樹さんの「1Q
 84」を参考に、2カ月ほどで一気に書き上げた。

 すでに所属する官庁では犯人捜しも始まっているというが、名乗り出る
 つもりはない。「カミングアウトしてしまえば、そこで終わり。できる
 だけ長く省内にいて、発信し続けようと思っています」』




発売1ケ月。。というから
 山本太郎の園遊会
  手紙手渡し”事件”
   よりも前ということだ


ここで、山本太郎の件
 議員の資格無しとか
  自発的に議員辞職をとか

まぁ。。酷い騒ぎようだ
 確かに良いことではないし
  請願法。。法律云々
   書いてなくても
    良いことと悪いこととは


確かにごもっとも
 しかし、その騒ぎようが
  脱原発を訴える山本太郎
   だから。。山本太郎だから
    ケシカランから潰してしまえ

となれば。。素直にごもっとも
 とは言い難い。。しかし、
  戦略として成功か失敗か
   痛し痒しというところか
   

安倍晋三政権になってから
 とにかく気が休まらない


福島原発事故が
 起こったにも拘らず
原発推進。。祖父岸信介が
 進めた原発推進戦略


財政がピンチだから
 消費税増税で国民に
  被せてしまえ


中国・韓国がウルサイ
 から、憲法9条改正
  集団的自衛権見直せ


いろいろ。。秘密情報が
 漏れそうだから
  特定秘密保護法
   日本版NSCだとか


とにかくレトロ過ぎるのだ
 使い古され。。過去に出た
  法案のリバイバルばかり

スパイ防止法も過去出たよな

スパイ天国日本になど
 米欧大国。。信用出来ない
  から、法律が出来ようが
   出来まいが。。重要情報
    教えないに決まっている


過去に出たなら。。
 聖域なき構造改革
  特別会計・天下り法人
   解体こそやってみろよ


こんな安倍政権
 何処かオカシイ。。しかし
  大マスコミは、こぞって
   プロパガンダで護っている


国民もそれに洗脳され
 安倍政権支持率は高止まり
  やっぱり、何かオカシイ


こんな安倍政権
 3年後?総選挙戦えるのか?
  3年。。遠いようで
   あっという間かも知れん


かといって、代わってやって欲しい
 人物も皆無。。これが問題
  普通、こういう政権は
   ボタン掛け違えですぐに
    降ろされたものだが


失われた20年。。いや
 25年のダメージは大きい
  

やっぱり、25年の間に
 国民世論、マスコミ報道
  の劣化が著し過ぎる訳だ


しかし、さすがに
 ガスが充満してきたようだ
  こんな掛け違い政権
   いくら日本でも長続きはしない


東日本大震災の
 爪痕。。あそこ辺りで
  おかしくなった日本だが


安倍首相の
 消費税増税決断宣言
  福島第一原発の汚染水
   完全にブロックされている


この発言が流れを変えた
 調子に乗るのもエエ加減に
  

「完全にコントロール下」
 という戦略で行こう、との
  文言が森元首相の日記で
   アッサリと漏洩されたのも
    真に劇的だったというべき


そろそろ、
 何か充満したものが
  爆発して良い頃だ


リクルート事件も
 川崎市役所が発端
たった一つの出来事から
 一気に、どうにもならなくなる
  のはよくあることなのだから





関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/453-a41f50e8