川崎市長選敗北 自民「なれ合い」に危機感 地方選支援を検証

『自民党は28日、川崎市長選(27日投開票)で自民、公明、民主の3党が推
 薦した相乗り候補が敗北したことを受け、他党との「相乗り」の是非も含め、
 地方選の支援態勢を検証する方針を決めた。神戸市長選(同日投開票)でも3
 党の推薦候補が苦戦を強いられており、自民党は相乗りによる「なれ合い」が
 生じていると分析。平成27年春の統一地方選を見据え、地方組織の引き締め
 を図る狙いもある。

 自民党の石破茂幹事長は28日、川崎、神戸両市長選の与野党相乗りについて
 、記者団に「もたれ合いが起きていたとすれば、改善しなければいけない。わ
 が党が本来持っている組織戦が十分に発揮できなかった」と述べ、昨年の衆
 院選、今夏の参院選での勝利を受けた地方組織の緩みへの危機感を強調した』




安倍首相。。菅官房長官
 麻生副総理。。小野寺防衛相
  他、腰抜け自民党各派閥は
   弱い!全く大したことない


やはり手強いのは
 石破幹事長だろう


自民党はじめ民主党
 公明既存政党だけでなく

日本維新の会などの
 日本政党政治の弱点
  に半分気がついている





『同時に「国政に直接影響を与えないと切って捨てるのではなく、この選挙結果
 を詳細に分析し、今後の糧にしたい」と語り、選挙協力のあり方を検証する考
 えを明らかにした。

 最近の地方選では、6日投開票の岡山市長選で3党推薦候補が勝利したものの
 、接戦に持ち込まれている。自民党選対幹部は「他候補に予想以上に差を詰め
 られた。事前の圧勝予想に相乗りも重なり、油断があった」と分析。5月のさ
 いたま市長選も自民、公明推薦の新人候補が現職に敗北するなど、安倍晋三内
 閣の高い支持率にもかかわらず与党は苦戦している』



へぇ。。さいたま市長選でも
 自民・公明推薦候補が負けたか

地方首長選と
 国政は、ある意味分断されている


有権者の意識が
 大幅に遅れているため
  相乗りや国政との関連を
   認識出来ていない訳だ


この地方首長選の
 ”面白い現象”は
  有権者の意識と各野党
   がシッカリしていれば


国政の矛盾・欺瞞・不満
 一気に爆発するはずだが





川崎市長選の相乗り候補落選 菅氏「残念」

『菅義偉官房長官は28日午前の記者会見で、27日投開票の川崎市長選で自民、
 公明、民主3党推薦の新人候補が敗れたことについて「残念だ。しっかり準備
 して戦うべきだった」と述べ、推薦候補の知名度や準備不足などを敗因に挙げ
 た。推薦候補の落選が安倍晋三政権に与える影響に関しては「全く連動しな
 い」と強調した。菅氏は自民党神奈川県連の会長を務めている』




菅義偉官房長官
 安倍晋三首相はじめ
  岸田文雄、石原伸晃
   各派閥領袖は。。


大臣初入閣程度
 の経験しか無い


石破幹事長の発言は
 その辺りへの危機意識
  若干なり気づいている


自民党内の主導権争い
 今後石破幹事長による
  安倍・菅・麻生の主流派
   に対する巻き返しの武器


腰抜け自民党派閥
 が余りにもだらしなく


自民党反主流派勢力
 糾合し、自民分裂また
  政界再編の起爆剤とも
   充分になり得る発言だ
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/444-2b944d5f