米ツイッターはNY証取に上場へ、第3四半期売上高は倍増

『米短文投稿サイト運営大手ツイッター<IPO-TWTR.N>は、計画している新規株
 式公開(IPO)で、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に株式を上場する
 方針。15日付の米証券取引委員会(SEC)への提出資料で明らかにした。

 ハイテク企業が多く上場しているナスダックにとって打撃となる。

 資料によると、ツイッターの第3・四半期(9月30日終了)の売上高は、ほ
 ぼ倍増の1億6860万ドル。一方で最終損失は6460万ドルと、赤字幅が
 前年同期の2160万ドルから拡大した。

 第3・四半期の月間アクティブユーザー数は平均で39%増の2億3170
 万人。同社が10月3日にIPO申請について明らかにした時点の約2億18
 00万人から増加した。

 最終損失は、セールス・マーケティング支出が158%増加したことなどが
 背景。ツイッターは広告プラットフォームの推進に向け世界で営業チームを拡
 大している。セールス・マーケティング支出は6120万ドルと、前年同期の
 2370万ドルから増加した。

 携帯端末からのアクセスによる売上高への寄与度が増しており、第3・四半期
 は広告収入の70%以上が携帯電話とタブレット端末からだった。前期はこれ
 らの割合が65%だった。

 NYSEの上場部門責任者、スコット・カトラー氏は、ツイッターがNYSE
 への上場を決めたことについて「NYSEにとって決定的な勝利だ。ツイッタ
 ーがNYSEのプラットフォームに信頼を寄せていることをうれしく思う」と
 語った』




Google。。アマゾン。。
 そして、Facebook。。
  ハイテク・IT企業が多く上場する
   NASDAQ(ナスダック)ではなく


Twitterが
 上場先に選んだのは
  ニューヨーク証券取引所だった


しかし、日々の株価は
 ほぼ。。両取引所は
  比例している訳で
   共存共栄関係は間違いない




米10代若者はフェイスブックよりツイッター、SNS人気調査

『米国の10代の若者のソーシャルネットワーク・サービス(SNS)利用状況に関す
 る最新調査で、マイクロブログのツイッター(Twitter)人気が、SNS最大手フ
 ェイスブック(Facebook)の人気を上回ったことが分かった』

『米証券会社パイパー・ジャフリー(Piper Jaffray)が10代の男女約8600人を対
 象に行った調査結果によると、ツイッターを好んで使うと答えた人は全回答者
 中26%で最も多く、フェイスブックと、同社が先ごろ買収した写真共有サービ
 スのインスタグラム(Instagram)が共に23%で続いた。

 前回の調査ではフェイスブックを最も好んで使う人が33%で1位、ツイッター
 は30%で2位だった。

 ただ、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムの上位3サイトが他SNSに
 大きく水を開けて上位を占める構造は変わっていない。ブログサービスのタン
 ブラー(Tumblr)が一番好きだと答えた人はわずか4%で、前回調査と同じ。
 また、検索大手グーグル(Google)のSNSグーグルプラス(Google+)を最も使
 うと答えた人は、前回の5%から3%に減少した』



今や、Googleは
 米国ビッグビジネスの一角を占め

  Facebookも株式市場を賑わせている

今後、益々
 米国株式市場が
  世界を牽引・席巻するのは
   間違いないところである
 
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/420-6b47db5c