慰安婦問題「公人が事実否定」=日本政府に勧告―国連拷問禁止委

『国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会は31日、旧日本軍の従軍慰安婦問題に
 ついて「政府や公人による事実の否定、被害者を傷つけようとする試みに反対
 する」ことを日本政府に求める勧告をまとめた。橋下徹大阪市長らによる最近
 の発言を踏まえたものとみられる。
 日本政府は、慰安婦問題は拷問禁止条約が発効した1987年以前に起きた事象で
 あり、対象外と主張してきた。しかし、勧告は日本政府に対し「慰安婦問題の
 法的責任を認め、(法律を犯した者を)適切に処罰する」よう求めた』



日本維新の会
 橋下徹共同代表

  慰安婦発言

褒められた
 ものではないが

国連が勧告?
 違和感がある

韓国や中国の申し立て?
 いや、米国・欧州の
  手が回ったのだろう


日本はやはり
 敵国だった訳か




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



憲法改正
 ”靖国”参拝議論
  そして慰安婦問題

自民党としては
 一刻も早く鎮静化を図りたい
  デリケートな問題の数々


磐石にみえる安倍政権を
 同盟政党日本維新の会
まだ国会議員の座も射止めてもいない
共同代表橋下徹が根底
 から揺るがせている


日本では過去、【在日米軍】
 その存在についてさえ
  議論はご法度に近かった
この橋下発言は、勇気がある
 と言うべきか。立場をわきまえろ
  と言うべきなのだろうか。。


属国未満日本の
 一野党党首。。
 それも国会議員ではない
人物の発言に

米国防総省高官が
 ばかげている 
  コメントしない
   とコメントしてくれた


のがせめてもの儲け話

何しろ、
 韓国国民感情を刺激
  もさることながら

在日米軍の規律問題
 世界戦略に口出しした訳で
国会議員でない新聞記者なら
 左遷も有り得た局面である

何より
 今後政権与党
  自民党が大変だろう


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


それにしても橋下徹
米国・米軍に
 楯突いた報いか

  将来の首相候補
   とみなされたのか

しかし。。
 あの例の米国女性高官
  の非難発言から。。
   たった、10日
程で
    全世界から叩かれている



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



橋下徹
 日本維新の会共同代表が
 「日本大マスコミのマイク」
   を通して《公式に》
    楯突いている映像
を観て
     率直にヤバイなと感じた

正論かどうかは関係無い
 単なる地方首長ではない
  仮にも国政政党の党首が
   米国に”公式に”楯突いた


これがマジにヤバイ
 というのは、日本政府自民党
菅官房長官が強張った表情で
「コメントする立場に無い」
 と逃げ一辺倒・関わりたくない
  という姿勢一色だったのに如実
 

この場合。。
 米国政府は、たかが属国日本
  の野党党首に正面きって
   売られた喧嘩を買うような
    ことはしないのではないだろうか



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



一方
米国政府~
 諜報・シンクタンク
  ~メディア~
   捜査当局へと”仕事”
    が移動していく。。


米国。。欧州は
 日本以上の護送船団方式
  タコの足。。何処から
   パンチが飛んでくるか解らない


しかし、本体は
 米国という連邦政府
  の皮を被った国家・
   国境横断勢力なのか


米議会の安倍首相に対する
「ナショナリスト報告書」
  の直後に飛び出した橋下発言。。


ホッと胸を
 撫で下ろすのは安倍首相?


いや、まだ安心は早い。。
ターゲットは・・・安倍晋三だ
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/37-bd33c4f1