<堺市長選>共産、現職「自主的に支持」 宿敵・自民と共闘

『堺市長選(29日投開票)で、無所属で現職の竹山修身氏(63)=自
 民支持、民主推薦=を「自主的に支持する」共産党は、市田忠義書記局
 長が22日に現地入りするなど選挙戦に注力している。宿敵の自民党と
 も共闘する形だ。これに対し、新人の西林克敏氏(43)を公認した大
 阪維新の会代表の橋下徹大阪市長は、共産批判を前面に打ち出す。保守
 層や公明党支持層の取り込みを狙っているとみられており、共産の支援
 がどう影響するかは、選挙戦の行方を左右する要素になりそうだ』




自民。。民主。。共産相乗り
 正に、呉越同舟・同床異夢


一方、公明党は自主投票
 ということは創価学会票は
  作動・機能しないということ


小生。。一年半前なら、
 オール既存政党に相対し
  果敢に攻める維新を応援
   したかも知れないが。。


大阪維新の会の
 正体が解った以上
  とてもじゃないが
   そうは到底いかない


消費税増税
 三党合意更に後押し
  大阪都構想のために
   よこせ。費用は全て
    国民県民市民になすりつけ


改革政党などではない
 既成政党より劣る存在だ
  

今更ではあるが
 小生。。昨年衆院選遥か以前に
  気づき、参院選ともども
   維新に一切投票しなかった


しかし、一年半前とはいえ。。
 一度は期待してしまった
  ことが悔やまれてならない





『20日夕、堺市北区の中百舌鳥駅前。家路を急ぐ通勤客に、竹山陣営の
 シンボルカラー・青のメガホンで「大阪都構想による堺市の解体は許し
 ません」と、声を張り上げる一団があった。共産などで構成する市民団
 体は告示後、市内の約25駅で平日の夕方、街頭活動を始めた。全国の
 党員・支持者に堺市での支援を呼びかける』




大阪都構想は絶対に要らない
 道州制も要らない
  本来、政令指定都市も要らない
   同じ場所なのに、土地が高騰


結局、行政側の都合ではないか

まず。。大阪都や道州制
 そんな広く権限強いエリアを
  任せられる人物など居ない


都道府県制・政令指定都市も要らない

市町村制をさらに細分化
 地区制を充実させて
  有権者も厳しい選挙投票
   の練習を積んでからでないと


地方自治・地方政治、行政
 機能していないのではないか


少なくとも大阪都構想
 道州制掲げる維新には
  到底賛同出来るものではない




『共産は維新を、「大阪府・市で進める暴走政治を堺市に押しつけようと
 している」と批判。竹山氏からの要請を受けて支持や推薦を決めた自民
 、民主とは異なり、要請を受けないまま「自主的支持」を8月に決めた
 。社民党も同様だ。

 自民などとの共闘について、府委員会幹部は「都構想反対の政策で一致
 している。野合ではない」と強調する。7月の参院選比例代表は、堺市
 内で4万1720票を得て、自民(8万1103票)、民主(2万47
 93票)と合わせれば、維新(10万856票)を上回る』




反中央の思想強い関西
 それにしてもまだ気づかないのか
  大阪府民・大阪市民・堺市民よ


堺市では、自民党と民主党
 合計に匹敵する得票得た維新


考えてみれば、驚愕に値する
 全国でも異常な支持獲得ぶり
  しかし、もう賞味期限切れだろう




『「竹山さんはある意味、共産党の市長なんです」。15日夜、堺市堺区
 の集会で橋下氏は言い切った。「共産党軍団が『堺はなくなる』と言う
 。堺なくなる詐欺だ」と攻撃は激しさを増す。現職に対する与野党相乗
 り支援を批判する橋下氏は、中でも共産を殊更に標的にする』



共産党の市長?
 橋下徹よ。。見込み違いだ
  共産党。。今現在は攻撃材料
   にはならない


都議選・参院選。。低投票率
 そして共産党躍進!!
 これは、既存与党に対する不満
  いや、政党政治に対する不信だ


元来大阪は革新行政の歴史
 自民党亜流の維新では。。
  今や、共産党には勝てまい
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/354-006b1da7