堺市長選 自民、竹山氏「推薦」見送り 党本部「支持」へ

『任期満了に伴う堺市長選(15日告示、29日投開票)で、再選を目指して立
 候補を表明している現職の竹山修身(おさみ)市長(63)について、自民党
 は「推薦」を見送り、「支持」とする方針を固めたことが9日、自民関係者へ
 の取材で分かった。10日に、石破茂幹事長と自民大阪府連幹部が協議した上
 で正式決定する。

 大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長が掲げる「大阪都構想」の是非が大きな争
 点となる堺市長選では、都構想反対の立場で再選を目指す竹山氏と、維新所属
 で都構想を推進する元堺市議の西林克敏氏(43)の一騎打ちとなる公算が大
 きく、竹山氏は3日、自民党本部で石破氏に面会し推薦を要請していた』




選挙協力。。
 推薦と支持

「推薦」は「支持」より強い
  支援を表明するものとされる

このどちらかを表明することは、公職選挙法に
規定のある行動となるため、正式な支援表明
として、選挙で重要視される。

「推薦」
候補者の選挙対策本部に人員を送って直接協力

「支持」
組織内で支援を呼びかけるにとどめる

推薦の際には推薦者(多くは団体)が
候補者に推薦状を与えるのが通例

どちらでも良いと思うが
 有権者の投票行動が
  意思決定が正常なら
   政策によって当落左右


よって誰が応援に来ようが
 政党推薦状があろうが無かろうが


政策本位で投票なら
 有権者には一切関係無いはず


有権者が碌に政策もみず
 雰囲気・イメージで投票
  ならまだ良い方で、大半は


興味など無く、
 投票にも行かない


が現状なのだろう





『反都構想・反維新を前面に打ち出す府連は党本部に竹山氏の推薦を求めてい
 たが、政権与党として連立を組む公明党が自主投票の方針であるほか、憲法改
 正に向けて日本維新の会を補完勢力としたい官邸側の思惑もあり、党本部は折
 衷案として「支持」とする方針を決定。9日、府連に「推薦はできないが支持
 はする」と連絡したという。一方、公明は12日、党本部が自主投票を正式決
 定する方針』




政党本部の介在
 が大きく選挙結果
  を左右するのは


数万票が直接動く
 公明党・創価学会だけ


これは大きい
 死活問題間違いない




推薦
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/327-aa14d386