<安倍首相>汚染水「完全にブロック」発言、東電と食い違い

『安倍晋三首相が、7日にアルゼンチン・ブエノスアイレスで行われた国
 際オリンピック委員会(IOC)総会の五輪招致プレゼンテーションで
 、福島第1原発の汚染水問題をめぐり、「完全にブロックされている
 」「コントロール下にある」と発言したことについて、「実態を正しく
 伝えていない」と疑問視する声が出ている』



NHK、時事通信、読売、産経
 報道ぶりは様々だが、総じて
  自民党・安倍政権の応援団

しかし、これら
 右寄りマスコミですら
  対応には困り果てているようだ

「言っちゃったんだから。。
  やって貰うしか無いでしょう」

毎日、朝日に関しては
 終始疑問符付け、批判姿勢

この違いに気づかない様じゃ
 政治をみる目が無いと言って良い




『9日に開かれた東京電力の記者会見で、報道陣から首相発言を裏付ける
 データを求める質問が相次いだ。担当者は「一日も早く(状況を)安定
 させたい」と応じた上で、政府に真意を照会したことを明らかにする
 など、認識の違いを見せた』



東京電力が慌てている
 もっと頭を抱えるべきだ
東電は、当事者であり
 事故を起こした張本人
  にも拘らず。。
デッチ上げ事故調を組織
 世間にウソ八百の調査結果
  を公表すらやってのける悪党

一方、
政府がすることじゃない
 東電がしでかしたこと
と関与することもしなかった
 民主党政権・・・背後には中央府省庁

アバウトに全て大丈夫、問題無い
 と言いながら、何もしない
  自民党政権・・・背後には中央府省庁

結局、政府とは。。中央府省庁
 政治家には何も出来ない
  仕事する対処する能力は無い訳だから




『防波堤に囲まれた港湾内(0.3平方キロ)には、汚染水が海に流出す
 るのを防ぐための海側遮水壁が建設され、湾内での拡大防止で「シルト
 フェンス」という水中カーテンが設置されている。また、護岸には水あ
 め状の薬剤「水ガラス」で壁のように土壌を固める改良工事を実施した。

 しかし、汚染水は壁の上を越えて港湾内に流出した。フェンス内の海水
 から、ベータ線を出すストロンチウムなどの放射性物質が1リットル当
 たり1100ベクレル、トリチウムが同4700ベクレル検出された。
 東電は「フェンス外の放射性物質濃度は内側に比べ最大5分の1までに
 抑えられている」と説明するが、フェンス内と港湾内、外海の海水は1
 日に50%ずつ入れ替わっている。トリチウムは水と似た性質を持つた
 めフェンスを通過する。港湾口や沖合3キロの海水の放射性物質は検出
 限界値を下回るが、専門家は「大量の海水で薄まっているにすぎない」
 とみる』



気が遠くなるような現状
 将来が見通せない状況。。

しかし、米・欧政府、メディア
 諜報機関・・・そしてウィキリークスは
  それ以上の未来を見据えながら
   全てを見通しながら、息を殺している

安倍首相が、五輪招致プレゼンで
 大見得を切り、世界公約・地球公約
  にしてしまったから、やるしかないと。。
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/325-98441bab