民主「6人衆」起用も 消えぬ分裂の懸念 代表直属の「総合政調会」新設

『民主党の海江田万里代表は2日、代表直属の機関として「総合政策調査会」を
 新設する方針を固めた。その下にテーマ別の調査会を置き、前原誠司前国家戦
 略担当相ら野田佳彦前政権時の旧主流派「6人衆」を各調査会長に起用する
 。「6人衆」を取り込むことで挙党態勢を構築する狙いがあり、4日の両院議
 員総会で了承を求める。ただ、党内は憲法改正などで依然、考え方に隔たりが
 あり、分裂懸念はなお消えない』



民主党の6人衆?
 そんなのは聞いたことが無い
  大マスコミの造語ではないのか


第一、有権者には
 全く関係無い話であり
  代議員の最高幹部が
   何人集まっても無理なのだ




『海江田氏は2日の役員会で、人事について「全員が党運営に責任を持つ態勢に
 したい」と説明。参院選総括案もまとめた。総括案は「『拒否される政党』と
 なっている」と明記した上で「政策体系の確立が必要」と強調。憲法改正につ
 いて「改正条文を作成して国民に提示する」と記した』



全員が党運営に責任?
 それは、代表・執行部の
  責任逃れではないか


全く方向が違う!





民主「いまだ拒否されている政党」参院選総括案

『東京選挙区の候補者調整に失敗したことや、年金制度などの社会保障政策が不
 鮮明だったことなどを主な敗因として挙げた上で、「いまだ『拒否されている
 政党』であることを明確に認識し、解党的出直しが必要」と踏み込んだ。

 当初、2人を擁立していた東京選挙区で、公示直前に現職の大河原雅子氏の公
 認を取り消したことについては、「無理な調整となったことを厳しく反省する
 必要がある」と、調整の失敗を認めた。菅元首相らが公認を取り消された大河
 原氏を支援するなど党が混乱し、「全国の選挙情勢に負の影響を及ぼした」と
 指摘した』




参院選の公認がどうとか
 政権から転落後の政策が
  どうたら、こうたら。。

全然関係無く

菅直人内閣の原発事故対応
 日本には政府が無いのか!!

野田内閣の
 消費税増税法案可決成立


自民党・公明党とスクラム組み
 財務省の奴隷の如く洗脳・操り人形

日本の政党政治・代議員制民主主義
 が完全崩壊したことを知らしめた
 

その罪は極めて重く
 少なくとも完全自己否定!
  消費税法案取り下げ・埋葬
   これをやって、解散するべき




間接民主制
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/308-a5627d19