fc2ブログ
「支持政党なし」最多の 52%ナゼ? 小渕優子議員「野党転落を思い出す」……自民支持率“最低”の 24% 野党は受け皿になれず


NNN と読売新聞が16~18日に行った世論調査では、支持する政党は「なし」が最多でした。自民党の支持率は政権復帰以降で最低となり、野党も伸び悩んでいます。2009年の政権交代の際も自民党は支持を失いましたが、当時とどう違うのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小野委員
「自民党の選挙対策委員長の小渕優子議員は『今は厳しい。2009年に自民党が野党に転落した時のことを思い出します』と言いました。当時の政党支持率はどうだったのでしょうか」
「(福田内閣だった)2008年8月、自民党支持率は34.3%で、野党第一党の民主党は26.3%。民主党はまだ自民党に届いていません。(麻生内閣に交代した)1年後の2009年8月、自民党の支持率は30.0%になり、民主党は32.1%。逆転して政権交代しました」
「1年前に民主党に、26%台の支持率があったことが分かります。そこから6ポイント上げての逆転です」



これは、読売・日テレ系だからねぇ

日本の大手マスコミは
 党派性が色濃く。。各社まちまち


当時既に”自公”であった
 にもかかわらず、「自民党」
  だけで論じているので曖昧だ


自公の絆という意味では
 現在の方が強固であろう


2009年にその「自公」が
 ひっくり返されているのである


そこで、世論をみる意味で
 実に綿密な調査で名高いココ



政党支持率の平均(10%未満拡大) 三春充希(はる)⭐第50回衆院選情報部 @miraisyakai

最新の朝日新聞、選コム・JX通信、読売新聞、毎日新聞の世論調査を反映しました。各社世論調査の平均は、無党派層43.1%、自民24.6%、立憲8.3%、維新5.7%、公明3.5%、共産3.5%、れいわ2.5%、国民2.0%、参政0.5%、社民0.5%、教育0.2%、みんな0.2%です。


自民党は前回政権転落時
 よりも”沈没度”が高いのである


旧民主党は直前で自民党に
 並びかけるや否や抜き去った


立憲民主党は全くそうなっていない

 

民主党 (日本 1998-2016)


2009年政権交代前
 民主党の議席をみると。。


衆院で「150」を大きく
  上回っているのが解る


参院も合わせると
 「250」を大きく超えている




立憲民主党 (日本 2020)


立憲民主党は衆参で
 「130程度」に留まっている訳だ


また、「与党」の括りでは
 公明党を見逃す訳にはいかない


民主党に政権を奪われ
 野党に転落した3年半の間も
  自民党と離れなかった公明党


そして第二次安倍政権を迎えるのだ


その間もしきりに
 「野党は頼りない」「悪夢の民主党」
  が喧伝され続けてきた訳である・・。



《日本に政党政治など無い》≪官僚機構出先機関同士で与野党攻防の茶番!≫<財務省はじめ霞が関の手先しか政権に就けない>【安倍政権はその土台の上に日本会議と内閣官房支配】


1993年に成立した
 非自民非共産八党連立


細川政権時には政治の
 流れが一気に 自民党から
  離れそうな気配すらあった


何しろ初めての政権交代
 官僚機構も大手マスコミも
  為す術が無いような有様だった

 
細川護熙総理の佐川急便絡みの
 スキャンダルで攻め立てた自民党


これには自民党=実は
 日本会議(前身)が関係している
  との情報もあるが、
当方

「公安」が絡んだように思えてならん



《第一次安倍内閣は『官邸崩壊』だった》≪そんな安倍総理が第二次以降”急に”長期政権になったのは?≫<ズバリ!内閣官房が霞が関を主導し大手マスコミを抑え込んだだけ>【”官邸”とされる「内閣官房」と霞が関がダメなのだ、これは深刻!!】


第一次で1年しかもたなかった
 安倍政権が第二次以降長期首班


とすれば。。取り巻きの重厚化
 と決めつけて良いのではないか・・・。


これが出発点となったのである



《やはり安倍は”実力者”に非ず》≪自民党派閥などとっくに形骸化している≫<公明党「教団」選挙協力が無いと存続できない自民党>【『最長政権首班』のはずが影響力が無さ過ぎる】


「自民党」には「公明党」が寄与し
  そして更には「野党」には『維新』が
   合算されているヤヤコシイ状況だ



盛山文科相の不信任案否決 維新・教育は反対

衆院は20日午後の本会議で、立憲民主党が提出した盛山正仁文部科学相の不信任決議案を、与党や日本維新の会などの反対多数で否決した。共産、国民民主両党などは賛成したが、維新や教育無償化を実現する会は反対し、野党の対応は割れた。

維新や・・・で
 「野党の対応は割れた」

なんで維新が野党なのか!
 完全に閣外与党ではないか!!



《高市早苗抹殺計画で共謀》≪『内閣官房』と『財務省』と下僕〈大阪維新〉≫<「奇妙な連携」そして勝った『維新の不思議なコメント』>【やはり維新は内閣官房の手下でありヒットマンだった】


「自民党のオウンゴール」
「不思議の勝ちあり」と
維新馬場

 実に”謙虚”且つ遠慮がちに述べ
野党の姿には到底思えないのだ

「維新は野党」とかいう記事
 を書く方も書く方であるが


騙される方も騙される方である



《維新は野党ではない》≪安倍別働隊であったし、何より内閣官房の手下≫<そんな維新と接近試みた立憲民主党>【代表交代では済まない!消えてくれ!!〈連合と無関係な勢力になれ〉】


維新は絶対に野党ではない
 誰に操られるのか…不思議な党
  大阪でしか生きられない勢力であり


立民にとって、連合は
 選挙に長け無くてはならない存在



《自公維国というが》≪実質自民党(公明党協力票付き)と維新翼賛政権≫<自民党派閥などインチキだ!維新は野党ではなく自民党3軍(子会社・下請け)>【自民党派閥の希薄さと維新の振る舞いは『内閣官房のコマ』で納得可能!】


維新を野党と騙される世論
 ギリギリまで「野党のフリ」をして
  ここぞという時はアッサリと寝返る


いや、「野党」であって「改革政党」
 の看板を捥ぎ取られたら、維新は
  存在価値が全く無くなる訳である



《裏金問題だけで沈没の自民党》≪あまりにもあっけなく誠に脆かったが、立民ちょっと待て!≫<野党第一党立憲民主党が浮足立ち、自民党『守護神』公明党がグラついているが>【全く準備も用意も出来ていないではないか!日本共産党を見習え】


昭和時代、自民党しか無かった
 野党は存在したが圧倒的多数自民党

  
『余裕があった』自民党なのであり
 
その後の自民党2度の政権転落
 で為政者も学んだ、いやあんなヤバい
  橋は二度と渡りたくないはずである



《ポンコツ議員の集まり「自民党」「安倍派」》≪”行政府”捜査機関のターゲットになっている安倍派は草刈り場に≫<自分たちは”政府”なのではなく”国賊”なのだと気づけよ>【安倍長期政権のせいで「閣僚経験者」「党三役」の値打ちがガタ落ちになった】


《安倍派幹部立件断念!!リクルート事件の再来には遠く及ばず》≪世論は一様に「失望。。いや絶望した!」「”司法”(司法ではない!!)は死んだのか」の嵐≫<記者出身者や検察出身者の話も出て来たが>【ココで、当方ならではの説(いやいや推測・憶測・想像)を展開しておくことがあっても良いはずだ】


《自民党3派閥が解散!!》≪これで完全に勝負あった!国民世論は完全に騙される≫<自民党(自公連立)のボロ勝ちである>【もともと自民党派閥など機能していなかったのだから「派閥解散」など《簡単なもの》】


《岸田総理の岸田派『偽装解散』!》≪やはり自民党各派閥の”解散”は「偽装解散」だった≫<様々な検証から派閥は存続濃厚である>【しかし、選挙は『協力票』に完全依存である!派閥の役割は『裏金の濾過』だけなのか】


それにしても公明党。。
 自民党に寄り添う理由が
  無くなりつつあるのではないか


「誰か」に恫喝されている
 と考えるのは間違っているのか・・・。


ついでに言うと
 非自民非共産八党連立には
  公明党は名を連ねていたのだよ


”自公”はその後なのであり
  細川政権に余程戦慄したのか・・。



《今後「断末魔の苦しみ」を味わう『維新』》≪もう自民党とも関係が無くなった≫<『万博失敗』そして『社会福祉法人乗っ取り』で露呈>【もう維新は自民党の3軍でもなく下請けですらない】


《文科大臣「盛山正仁」もうもたないようだな》≪灘中灘高東大法のエリートらしいが答弁不能大臣≫<今「統一教会」で追い込まれているが>【御多聞に漏れず『ずっと公明党推薦』だわな】


で。。維新だが
 地方議員で維新が結構
  アチコチで事件起こしている。。


あ、いやいや国政幹部もな!

コレは為政者公安に
 実に簡単に首根っこ・尻尾
  掴まれると考えて良い


「アレ、不問にしてやるから」

維新などイチコロではないかな
 鉄砲玉として誠に便利なのである


関連記事
スポンサーサイト



TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/3053-8e411748