fc2ブログ
旧統一教会側と「政策協定」か 国政選挙「推薦確認書」で政策への賛同要求

旧統一教会側が国政選挙の前に自民党の候補者に対し、政策に賛同するよう記した文書への署名を求め、一部の議員が応じていたことが分かりました。

自民党の複数の国会議員などによりますと、去年の衆院選や今年の参院選の直前、旧統一教会の関係団体から推薦を持ちかけられた際に推薦確認書への署名を求められたということです。



コレのインパクトは”森友”よりも大きい


旧統一教会側、自民議員に「政策協定」 数十人規模か 応じた議員も


朝日新聞が確認できただけで、衆参計5人の自民党議員が署名を求められていた。教団関係者も確認書の存在を認めた。確認書を提示された議員は5県にまたがり、教団側が国政選挙を通じて、幅広い地域で政策実現の働きかけをしていた可能性がある。教団関係者は取材に、全国各地で数十人規模に署名を求めたと証言している。自民党は所属議員に教団側との接点について調査し9月に結果を公表したが、確認書の存在には触れていない。



数十人規模か。。もっと居るかも知れない
 で、サインだけなのだ。。問題は政策として
  実現には政策立案が必要である、ということ


自民党各議員に政策立案能力が
 あるのか?極めて疑問がある訳だ


となれば。。霞が関各省への関わり
 関係した省が炙り出されてもオカシクない


既に、公安調査庁が昵懇というのが
 バレている。。
そして!!当方、公安警察
  も出てくるのではないか、と予測した訳だが


出てきた!!



国民に知られたくない統一教会と公安警察の本当の関係 昔は頼もしい存在だった?

日本の公安警察は、アメリカのCIA(中央情報局)やFBI(連邦捜査局)のように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を十数年歩き、数年前に退職。昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、統一教会の関係団体である勝共連合と公安警察の深い関係について聞いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

勝共連合は、機関紙として月2回刊行の「思想新聞」、月刊誌の「世界思想」を発行している。また統一教会の関連会社の世界日報社は日刊新聞「世界日報」を発行している。

「思想新聞や世界日報は、反共的立場から緻密に取材し、共産党の腐敗や矛盾を鋭く追及していました。共産党の内部事情にも精通していて、時には、共産党内部に協力者がいるのではないかと思われるような記事もありました」

 そのため、警視庁公安部や公安調査庁は、思想新聞や世界日報の記者などから情報を収集していたという。

「公安部は統一教会をカルトと認定しているので、監視対象にしています。ですがその一方で、彼らを協力者にしていたのです。公安の捜査員は1970年代から、勝共連合の機関紙や世界日報の記者や編集長と会食していました。『あの記事、なかなか良かったね。記事にしなかったことで面白い話ある?』などと言いながら、話を聞いていました。記者や編集長はさすがに情報源までは明かさなかったものの、情報提供にはかなり協力的だったといいます」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「安倍晋三元首相の銃撃事件が起こるまで、公安部や公安調査庁は時々勝共連合の関係者と接触して情報収集を続けていました。合同結婚式や霊感商法を行うなど黙認できないことがあるので、彼らと接触する公安関係者には後ろめたい気持ちもあったと思います。もっとも安倍さんの事件以降は、彼らとの接触は控えているそうです」

怪しいもんである


《安倍政権の問題で『コレ』言う人他に居るか?》≪安倍総理は御輿!自民党議員も無力≫<日本の政官で一強は官僚機構>【しかし、その弱みを握る内調が政権の味方ならば!?】


≪「官邸=内閣官房のトロイカ体制」が《総理業代行者=影の総理》≫<政治主導でも官僚機構主導でもなく>【「影の総理=超官僚」が「官僚機構各省を誘導」して政権運営の図】


≪安倍総理を強烈に支持する保守層とは日本会議=日本青年協議会(生長の家原理主義者)≫<今上天皇・皇后・皇太子ではなく信仰上の架空のミカドに帰依>【内閣官房と日本会議に操られる安倍総理はリーダーに非ず!】


≪安倍総理は内閣官房とカルト宗教右翼教団の御輿≫<天皇・皇室や国民とも違う方向を向いているクーデター政権>【安倍がトップダウンの政治家で保守・右翼という印象操作に騙されてはいけない】


自民党はだいたいそういう党
 あまりビックリしないし、近年
  特に安倍以降ロクなのが出ない


自民党や総理大臣を以って
 「政府などと呼ぶ」のはオカシイのだ


霞が関が付いており乗っかっている
 から政府然と出来るだけの話である



《戦後、特に21世紀日本政治根底から揺らぐ》≪日本政府の「司令塔」も追い詰められる≫<公安調査庁スキャンダルに端を発し>【よりによってカルトと昵懇の仲ゆえに《監視対象から外す》が発覚】


そして公安調査庁のスキャンダル
 これはインパクト大きいのは確実だ


偉そうに、「日本共産党は破防法・・」
 などと報告書出していた官庁がこのザマ


同時に公安警察も疑うのも当たり前か



《宗教右翼教団に害されて長い日本》≪非力な総理大臣を架空の日本”國王”にしようとした目論見≫<日本政府・大手マスコミも加担>【この10年で日本は発展途上国から未開国に転落した】


《コレでより強まった!カルトの巨大影響力疑惑》≪カルト教団による有形無形の『支援』により安倍政権は成立≫<国司選挙・地方選挙では一般有権者の相当割合>【党総裁選では直接『派閥を動かす力』が有ったはず!!】


《統一教会と北朝鮮ミサイル》≪『安倍晋三が撃たせていた』などというバカげた妄想は完全否定された≫<しかし統一教会に関しては・・・>【その完全解明は日本政府や自民党には無理だろう】


《統一教会・日本会議》≪日本のホシュ層は小さかった≫<安倍国葬反対論の巨大さが露わに>【結局、「統一教会」も「日本会議」も大きくなかったということ】


今回の統一教会問題だけでなく
 特に森友以降、政府統計スキャンダル


最低解っているだけでも
 霞が関=日本政府の信用は
  ガタ落ちになってきている訳である


諸先進国と比べても、「政府」が
 オカシクなってきている感の日本

  
政権なら交代すれば済むが
 「政府」がオカシクなっていることが
  露呈した際にはそのショックは大きい




関連記事
スポンサーサイト



TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/2894-06510543