fc2ブログ
首相、安定政権確立に意欲 年頭所感「改憲は大きなテーマ」


岸田文雄首相は1日付で年頭所感を発表した。厳しさを増す国際情勢を踏まえ「外交・安全保障の巧みなかじ取りと安定政権の確立がますます求められている」と強調。首脳外交を本格的に始める年だと訴えた。憲法改正は「本年の大きなテーマだ」として国民的議論の喚起に意欲を示した。


誰に言わされてるのだろうか
 カンペは内閣官房が作成だろう

日本協議会の意向が
 働いていそうで気分が悪い



お公家集団・宏池会の領袖、岸田文雄の弱み=ジャーナリスト・鮫島浩〈サンデー毎日〉


自民党の保守本流を自負する「お公家集団」として戦後政治史に重厚な足跡を残してきた宏池会。岸田氏が第9代会長に就任したのは2012年10月。前月には岸田氏と当選同期である安倍氏が2度目の自民党総裁に就任していた。民主党政権が混迷を深め、自民党の政権復帰が確実視されていた時期である。

 岸田氏にはそれまでめぼしい政治的実績はなかった。初入閣は第1次安倍内閣で務めた再チャレンジ担当相。この時は安倍氏を「非常にバランス感覚に優れた方」と持ち上げた。安倍内閣が崩壊し、路線を異にする福田康夫内閣が誕生すると規制改革担当相に。この時は「ハト派色の強い福田内閣は共鳴する部分も多い」と福田氏を絶賛した。その時々の権力者に合わせるばかりで何をしたいのか極めて不明瞭な政治家なのだ。



お公家集団?記者クラブ構築の
 御伽話を振り払う必要がある訳だ


 派閥などはとっくに消滅していると
  散々言ってきた当方ではあるが・・・。


”その時々の権力者に合わせるばかり”
  敢えて「宏池会」ということで言えば
   こういうことで括るのが相応しいだろう



≪岸田外相とロシアプーチン大統領の会談で日本の政治外交のお粗末さが露呈した≫【明治以来の政府委員改め政府参考人(=官僚機構代行答弁)制度の弊害が!!】


安倍政権時に、かなり手加減している
 とはいえ、相当ビシビシ攻めてきた印象


ロシアがまたも切り込んできそうな気配
 岸田は当時外務大臣であり、政府委員
  制度の弱点に手を突っ込まれて立往生


官僚機構こそが心臓部である
 ロシアは日本の政官事情を実に
  細部に渡り知り尽くしているようだ・・・。




≪安倍政権は経産省人脈と公安警察即ち内閣官房の御輿に過ぎない≫<新聞・テレビがその辺りを全く報道しない>【《カルト宗教右翼の思想・創価協力票で選挙・内閣官房が総合プロデュース》先進国ではない】


《『安倍内閣は内閣官房政権』が透けて見えた》≪安倍総理は『内閣官房』・『政府霞が関』の答弁人形≫<桜を見る会を巡る答弁から>【《即辞任せよ》安倍総理の独裁などと読み違えてはいけない】


《”強面のはずの”麻生太郎が派閥政治否定》≪自派の河野太郎を会長麻生が支持していない≫<そもそも派閥領袖が総裁候補になれない時点でアウト>【官邸主導は総理強権などではなく内閣官房支配】


《内閣官房政権前進!!》≪岸田文雄総裁=総理などに期待してはいけない≫<始まる前からガッカリ>【安倍政権影の総理と公安アイヒマンが暗躍】


《お寒いお寒い日本の政治》≪特に与党!政党や議員に期待したり≫<ましてや崇拝するなどは論外!気が知れんよ!!>【第二党立民・第三党維新もどうしようもない、政府司令塔の限界も見えた】


《やはり安倍は”実力者”に非ず》≪自民党派閥などとっくに形骸化している≫<公明党「教団」選挙協力が無いと存続できない自民党>【『最長政権首班』のはずが影響力が無さ過ぎる】


岸田文雄。。例の元法相
 河井克行・案里事件に関連


もあるが、それ以上に宏池会
 ということで言えば期待がある


宮澤喜一政権時に金丸信が
 電撃逮捕されたのであるが


あの時の再現!「大物」失脚なら
 安倍晋三逮捕!!
ヌルい総理
  の時はどういう訳か政変勃発。。



関連記事
スポンサーサイト



TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/2793-ba851151