fc2ブログ
求心力低下?岸田首相も絡む「安倍」包囲網の成否


衆院選勝利で自信をつけた岸田首相は、水面下では安倍氏への忖度をかなぐり捨て、党・内閣人事などを絡めて「安倍包囲網」を仕掛けているようにもみえる。もちろん安倍氏も応戦の構えだが、足元の安倍派の足並みの乱れもあって、さまざまな権謀術数の前に求心力も低下し始めている。


何か。。。脆いねぇ、安倍は!
 なんで、足元の安倍派に足並みの乱れ?

『記者クラブ構築のウソ』
 に照らし合わせれば、どう
  考えてもオカシイではないか


7年8ヶ月の最長政権首班
 であり、安倍派の議員群は
  少なからず「世話になっている」

   
はずなんだけれどもねぇ・・・。

【長期政権も派閥も安倍の力ではない】



衆院鞍替えを強行した林氏は、早くも「ポスト岸田」で総理総裁を目指す考えを明言している。これに対し安倍氏は「党の反対を押し切って強引に鞍替えした人が、いきなりポストを得るのはおかしい。しかも、日中友好議連会長の林氏(すでに辞任を表明)の外相起用は中国に誤ったメッセ―ジとなる」と不満たらたらだったとされる。


最長政権首班であり、”実力者”
 安倍が巷間伝えられるほどの
  大物ならば、林芳正なんか相手
   にしなくても良さそうなものだが。。




「公明党を刺激するな!」 岸田首相・国際線「予約停止」撤回がなぜ問題にならないか


公明党への「配慮」の中身

 背景には、国交相を務める公明党の斉藤鉄雄氏への配慮があるという。

 自民党衆院議員の多くは、小選挙区で、公明党・創価学会の協力なしに、当選が難しいとされている。

 「これ以上、斎藤国交相に傷を負わせるわけにはいかないという空気が自民党には強い。しかも斎藤氏は、週刊文春にスキャンダルを追及されたばかり。公明党を刺激するのは得策ではないということだ」(閣僚経験者)



それ、見たことか!
 やはり生きているではないか


公明党「教団」協力票の
 絶大な威力の前には
  自民党派閥領袖など無力!


安倍が影響力・存在感を
 誇示出来ないメカニズムの
  背景はこういうことのようだ




《安倍政権を巡る記者クラブのウソ》≪自民党は政党主導の選挙など出来ない≫<巨大教団創価学会協力票あってこそ戦える>【長年願い続けてきたことが実現するのだろうか】


≪沖縄県知事選以降、やはり安倍政権は地方選で負け続けていた≫<創価学会票が離反したら目も当てられない>【野党の力ではないことをここでシッカリと確認しておく】


≪創価学会が安倍政権及びそれにベッタリの現執行部に反旗?≫<今まで何度も煮え湯を飲まされてきた、楽しみにしておくよ>【選挙協力無くなれば、安倍政権と自民党与党は吹き飛ぶ!】


≪自民党支持者及び安倍総理信奉者は果たして気付いているのか≫<戦後日本の悪しき歴史を背負ってきた自民党>【田中角栄と安倍晋三は、共に明らかに自民党変質を物語る】


自民党の多数派議席と
 自民党派閥の形骸化。。


これは教団信徒の数に頼る

政権運営も実は
 総理大臣の力などではない




《『安倍内閣は内閣官房政権』が透けて見えた》≪安倍総理は『内閣官房』・『政府霞が関』の答弁人形≫<桜を見る会を巡る答弁から>【《即辞任せよ》安倍総理の独裁などと読み違えてはいけない】


「安倍氏と距離を置くことで、政権運営の主導権を握る狙い」(官邸筋)だったことは間違いない。


そもそも、安倍氏の派閥復帰と会長就任には、派内でも不満が少なくなかったのが実態。「細田さんを議長にして、すぐに自分は派閥の会長に就任というのはあまりにも虫が良すぎる」(派内の閣僚経験者)という声が相次いだからだ。だからこそ、安倍氏が寵愛する高市氏の再入会を推し進めようとしたことが、同派内の反安倍勢力の台頭につながったとみられる。



そもそも、なぜ「安倍と距離を置く」
 ことが支持率の安定に繋がるのか


最長政権首班なのに
 たかが安倍派の会長に
  就任するのになぜここまで


時間が掛かり、派内で不満相次ぐ?



《日大背任で逮捕!!》≪錦秀会『藪本前理事長』は安倍晋三とは昵懇の仲≫<あの加計孝太郎の仲間でもあった>【そしてその中には安倍昭惠の実弟も含まれていた】


《日大田中英壽逮捕!》≪しかし、田中なんか眼中に無い。。安倍だ≫<スキャンダルの宝庫安倍晋三>【日本を一気に未開国に突き落とした『安倍擁護翼賛体制』】


森友・加計スキャンダルそして
 桜を見る会。。
挙げればキリが無い

そして今また、追加された
 安倍晋三関連スキャンダル!!


この辺りがボディーブローのように
 いや、致命的な案件として圧し掛かる

安倍が慌てて会長就任の
 背景には検察への牽制の意味
  が大きいとみて間違いないであろう



関連記事
スポンサーサイト



TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/2785-e6cc4323