FC2ブログ
安倍首相辞任理由の「潰瘍性大腸炎」説を検証する(1)


安倍氏の2007年政権放り出しにおける“ニセ診断書”


安倍首相が持病の「潰瘍性大腸炎」で1回目の辞任をしたのは07年9月26日のことだ。
その前、安倍首相はすでに辞任表明し、9月13日から東京・信濃町の慶応大学病院に入院していた。
そして9月24日、安倍首相は病院内で担当医同席で記者会見(冒頭写真=「北海道新聞」9月25日朝刊より)。
病院側は入院した13日午後記者会見し、首相の症状は「機能性胃腸障害」と診断したことを明らかにしていた。そして、24日の首相記者会見で担当医・日比紀文内科学教授(当時)はその機能性胃腸障害の病状に関し、「5キロ減った体重は入院前から10日余りたって全く戻っていない」と説明。退院の見通しが立たないと明かした。
このように、そもそも病院側の診断は「潰瘍性大腸炎」でないのだが、ともかく首相の職務が務まる状況ではないとフォローしたのだった。
この1回目の辞任時の状況を思えば、2回目の辞任時も今回は入院こそしていないが、同じく「潰瘍性大腸炎」が理由になっている(横写真=『週刊文春』9月3日号)のだから、辞任会見に担当医が同席、そうでなくても、慶応病院側が診断結果を示し、やはり首相の職務に耐えられないとフォローしてもいいのではないか(現在の担当医は前出・日比氏の弟子。日比氏は13年名誉教授に)。
というより、本紙既報のように、官邸側は辞任会見時に同席を要請したが断られたとの情報さえ得ている。



第一次内閣の安倍の辞任は
 潰瘍性大腸炎となっているが

  それは違って『機能性胃腸障害』

これは既に周知とさえなりつつある

第一次と同じ慶應病院が
 先日の安倍の辞任に際して
  診断書の提出も会見への同席も
   断っていたことも当方述べている


総理大臣の辞任理由が
 第一次・第二次以降(7年8ケ月)
  ウソで塗り固められていたのである



山岡氏はまた、このようにも


安倍首相辞任は「河井案里が1・5億円一部安倍事務所還流」旨、自白していると黒川前検事長→今井首相補佐官経由で知ったため   山岡俊介


ウソの病名潰瘍性大腸炎
 などではなく
「大スキャンダル」
  が火を噴きそうなため辞める。。


と、こうなってくれば
 安倍総理の辞任表明などで
  一件落着とは到底ならないのだ




《河井克行が主犯》≪河井案里に同じ選挙区の自民党候補の10倍1億5000万投入≫<これを安倍総理単独犯に矮小化>【違う!政府『内閣官房機密費』が使われた可能性を考える】


自民党本部からカネが出た
 というのが定説となりつつある


しかし、官房機密費からでは
 ないかとの疑いはまだ消えない


また、安倍総理が河井克行と
 密談したとの説もイマイチ説得力
  に欠けると言わざるを得ないのだ


安倍には”実務能力”が無い
 当然”影の総理”内閣官房が絡む


ここが抜け落ちている気がするのだ

仮にカネは自民党からであっても
 話の本筋に内閣官房が関与可能性




《河井克行・案里立件に向けて》≪政権・内閣官房はそんなに困るのか≫<広島地検はじめ検察は本気なのか>【内閣官房・内調人脈の河井克行のクビを獲れ】


《河井克行・案里夫妻の買収》≪河井案里当選!だけでなく溝手顕正追い落とし!!≫<河井夫妻は恨み骨髄に徹す安倍陣営の刺客>【”創価協力票”発動にも関わらず広島県政界にも触手】


裏を返せば、自民党は選挙戦う
 能力はもう無いのであるから。。


これらの河井案里当選、溝手氏
 落選の策謀のためには、当然


公明党・創価学会の協力が不可欠!




《安倍総理は『自らが逮捕される近未来』を恐れ?》≪彼はそんな神経を持ち合せない、恐れるのは内閣官房首脳だ≫<ガタガタの政府では新型コロナも抑えれまい>【具体的な”逮捕”という言葉、それを楽しみに待つ】


河井夫妻事件のかなり早い段階
 で安倍事務所に1.5億円の一部
  が還流した。。
などと一見トンデモ
   説に信憑性が出てくれば、大変!


一番、”それはないだろう”だった
 「安倍に還流」の疑惑に真実味である


となれば、殆ど全ての言説が
 本当なのではないか!?
  と、勘繰りたくもなってくるのである




《河井克行ヤバいぞ!》≪河井夫妻公職選挙法違反事件、自民党ではなく内閣官房か≫<官房機密費から実弾との見方>【広島県警の8572万盗難事件との関連は】


《いよいよ大詰め!ではなくスタート》≪河井克行前法務大臣立件へ≫<しかしまだまだ不安点が満載>【安倍総理いや彼を担ぐ『内閣官房も命懸け』のはずだ】


《6月10日前後もしくは6月17日前後であろう》≪河井克行前法相・案里夫妻逮捕≫<むしろ1億5000万の出処に焦点>【『安倍総理・内閣官房直撃』!官房機密費から、の可能性を考える】


《河井克行前法相・案里議員夫妻逮捕!》≪これがスタート!滑り出しとしては上々であるが≫<それにしても記者クラブは使い物にならんどころか害だ>【安倍総理は勿論、官邸=内閣官房をターゲットにしているのだ】


《河井克行は本星ではない》≪安倍総理を担ぐ内閣官房が本体である≫<その公安・内閣官房が検察幹部スキャンダルを狙う?>【どこまで腐っているのか!そらポンコツ総理が長期政権になるはずである】


《本丸は安倍晋三・昭恵夫妻か》≪安倍を御輿に担ぐ内閣官房(政務秘書官兼補佐官と内調≫<IR疑獄を徹底的に叩かせて>【内閣官房政権は生き残りを謀っているのか】



この河井夫妻逮捕!の6月半ば
 に”潰瘍性大腸炎”再発の兆候


と安倍総理が辞任会見で述べている

あまりにも解り易いウソを
 内閣官房総力で考え出したのか!?




「安倍政権継承」新総裁にとって“重大リスク”となる河井前法相公判【前編】


「安倍政権継承」新総裁にとって“重大リスク”となる河井前法相公判【後編】


もう辞めるから良いではないか
 とは絶対になり得ないのである


総理大臣が策謀・謀略選挙に
 加担して、
それを全面サポート
  したと思われる内閣官房つまり


政府司令塔なのであって
 一政党自由民主党に政府が関わる


そして次期総裁総理最有力の
 官房長官は文字通り内閣官房の御輿


また、この犯罪に大きく関与して
 いそうなのであるから、終わりではなく
  始まり。。いや再捜査必至な訳だ!!




《明日以降〈安倍辞任〉らしい》≪先週から話題になっている『総裁総理交代』≫<健康不安説?安倍ガン説?いや違う、スキャンダルが原因だろう>【創価票はじめ世論を気にする必要が無いトンデモ政権続行】


《やっとか!安倍総理退陣表明!!》≪退陣表明の中に鍵がある≫≪”病”を額面通り受け取らない>【やはり『(安倍)政権周辺直撃のスキャンダル』が存在しているようだ】


《ウソ塗れに違いない!》≪安倍総理辞任の理由は本当に「病」か?≫<やはり第一次内閣同様スキャンダルで追い込まれた!>【それにしても麻生以下自民党派閥も力なんか無い】


《安倍、辞任で一件落着とはならないようだ》≪『1・5億円一部安倍事務所側還流』で新事実!?≫<抑えが利かない内閣官房>【「御輿の本丸」安倍晋三スキャンダルで自民支持率は下がり続ける】


安倍の疑惑は数限りなく多い
 その中で最も安パイとも考えたか


「辞任」がウソに塗れていた
 第一次・そして現政権での理由


潰瘍性大腸炎が違って別の症状
 そして「病で辞任」そのものがウソ


というウソの2本柱なのである

新聞・テレビの大手マスコミを
 信じていては絶対ダメなのである


置いて行かれてるのが大手マスコミ

雑誌・週刊誌・フリージャーナリスト
 プロ中のプロたちが追いかけている


関連記事
スポンサーサイト



TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/2623-7eba09b1