FC2ブログ
河井案里氏から2度「現金入り封筒」 県議証言、受け取らず


陣営からの資金をめぐっては、克行氏らから陣営内のスタッフに現金が配られた疑いや、地元議員や首長ら「政界ルート」に現金が配られた疑いを地検が捜査。すでに複数の陣営スタッフや議員、首長らが受け取りを認めている。地検は選挙で当選するため、夫妻が現金を配った買収の疑いがあるとみて捜査を進めているもようだ。


河井案里氏陣営から「参院選直前にも現金」 複数スタッフ供述、克行氏手渡しも


参院選期間中に陣営スタッフとして参加していた男性は産経新聞の取材に対し、克行氏が「(参院選直前の)昨年6月下旬ごろ封筒に入った現金を置いていった」と証言。金額については明言を避けたが、「票集めに奔走した」とし、「(現金を返さず)心に隙があった」と釈明した。

地検の聴取に対し、2人を含む元スタッフのほか、複数の議員や首長らも現金を受け取ったと認めているという。公選法では票の取りまとめなど選挙運動の対価としての資金提供を買収行為として禁じている。



広島 安芸太田町長 河井前法相から20万円受け取る


前法務大臣だった河井克行
 が自ら広島県町長に現ナマ!


とまぁ、一見河井案里当選に
 陣営が火の玉となって公選法違反


しかし、それだけではないようなのだ




案里氏秘書の役回り焦点 20日「百日裁判」初公判、連座制適用に影響


公選法違反(買収)の罪に問われた案里氏の公設第2秘書立道浩被告(54)=広島市安佐南区=の公判が20日、広島地裁で始まる。

▽夫妻関与の有無も

 案里氏陣営の複数の関係者が地検の任意聴取に「陣営の仕切り役は克行氏」「金に関しては全て克行氏が握っている」と証言したことが分かっている。公判では、検察側が立道被告の役割を立証する中で、河井夫妻の関与の有無に踏み込むかも焦点となりそうだ。


”百日裁判”公判は明日から


河井夫妻の買収疑惑 平本県議が家宅捜索認める


関係者によりますと参院選で案里議員を支援していた他県の地方議員の関係先でも家宅捜索が行われていて検察は河井陣営の資金の流れの解明を進めているものとみられます。

映像の宇田自民党県連幹事長
 はどうやら溝手派の番頭らしい




“仁義なき戦い” 敗者は誰か


安倍総理大臣や菅官房長官ら政権幹部の意向をくんだ党本部から県連に対し、2人目を擁立することが打診されたのだ。

2人目として、白羽の矢がたったのは、県議会議員の河井案里だった。


彼女の夫は、衆議院広島3区選出で、安倍総理大臣に近いとされる河井克行・総裁外交特別補佐だ。

自民党が政権に復帰する前の平成24年、消費増税の関連法案への賛成と引き換えに、衆議院選挙を迫る、話し合い解散を主張した安倍を「過去の人」だと発言し、波紋を呼んだ。

総理は、これを忘れていないとされ、「河井は、総理が溝手に差し向けた“刺客”だ」と勘ぐる向きもあった。


こうした引き締めの効果もあって選挙戦当初は地元組織に支えられた溝手優位の見方が大勢を占めていた。
「崩されるはずがない」県連幹部の多くはそう考えていた。

しかし、党本部は、本気だった。
党本部OBや総理の秘書らを河井陣営に送り込み、支持団体の切り崩しが始まった。


農協や医師会など、県内に200近くあるとされる自民党の支持団体の多くは、「溝手支持」をすでに決めていたが、河井本人や総理秘書らが、1団体1団体、総理名の推薦依頼書をたずさえて回り、翻るよう求めた。

勝敗のカギを握ったのが連立与党の公明党だ。
公明党は、溝手、河井の双方を推薦していたが内実は違った。
取材のなかで「公明党は、河井を支援する」との1報が飛び込んできた。


そして迎えた投票日。
野党が結集して支援した森本が33万票近くを獲得してトップ当選。
次いで自民党の河井が、29万票余りで2議席目に滑り込んだ。
現職の溝手は、前回のほぼ半分のおよそ27万まで票を減らし、議席を失った。




「20万票」各陣営注視 広島選挙区、公明支援先「調整中」


旗色をハッキリさせず
 最後に河井に傾く公明党


安倍総理の強い恨みがあった
 そしてそこには内閣官房の関与
  この構図は間違いないと考える




広島県選挙区


河井案里当選の背景として
 広島県参院選挙の数字を掲げる


当選圏内に入り、それだけでなく
 公明に河井支持に傾かせ、さらに


広島県政界にも触手を伸ばし
 河井当選だけでなく溝手落選狙う


広島参院選、自民党選挙に
 公明党支持母体が大きく関与
  したのは第二次安倍以降の


2013年の選挙からである。納得!




《自民党にはもう人が居ない!》≪かつての副総理級ポストは何処へ≫<河井克行や菅原一秀が内閣中枢に、のポンコツ安倍内閣>【日本政府が腐った原因は、霞が関が『翼賛体制の恫喝に落ちた』こと】


《急展開!河井克行・案里両議員夫妻への捜査》≪妻の河井案里が注目されがちだが、本星は前法相河井克行≫<どうやら逮捕の芽が出てきた>【『内閣官房系』議員河井克行が逮捕なら面白い】


《河井克行・案里両議院は逃げ切ったのか》≪圧倒的多数派自公を内閣官房が操縦する国政≫<不逮捕特権の壁、今日が限度>【しかし、逮捕許諾の道がある。。しかし】


《もしかしたら。。ではあるが『河井克行・案里夫妻逮捕』有るんじゃないのか?》≪広島地検によるパフォーマンスだけではない気がする≫<楽観的見方かも知れんが>【これは高検・最高検も了承済みでは?】


《前法相河井克行・案里議員夫妻を追い込め》≪内閣官房系クズ議員が挙げられたら面白くなる≫<2012年総裁選での河井は「貢献ではなく使いっパシリ」だった>【やはり2012年総裁選には重大な”何か”がある】


《河井克行が主犯》≪河井案里に同じ選挙区の自民党候補の10倍1億5000万投入≫<これを安倍総理単独犯に矮小化>【違う!政府『内閣官房機密費』が使われた可能性を考える】


《河井克行・案里立件か》≪実は中々ハードルが高い≫<それも河井夫妻で打ち止めになる可能性>【安倍に手が掛かるのはどうだろうか。。】


《河井克行・案里立件に向けて》≪政権・内閣官房はそんなに困るのか≫<広島地検はじめ検察は本気なのか>【内閣官房・内調人脈の河井克行のクビを獲れ】


子飼いの東京高検検事長に
 定年延長までさせて検事総長
  人事に関与してまで必死になる


安倍総理・内閣官房であるが
 これこそは河井克行・案里を護るため


広島地検は実に長い時間
 掛けて入念な捜査をしているようだ


あの甘利以上の慎重さ・執念深さ

それもそのはず、相手は安倍と親しく
 内閣官房・内調の金魚のフン河井だ


捜査に失敗!立件出来なければ
 国民からの不信は一気に膨張する


だけでなく、政権・官邸からの報復も

東京地検・大阪地検そして広島地検
 検察の生き延びる道は立件だけである


それにしても恨みのドス黒いこと
 こんなヤツが総理であり官邸なのか

仁義なき戦い。。敗者は総理、貴方だ

 

関連記事
スポンサーサイト



TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/2564-cc3c16aa