FC2ブログ
経産省若手キャリア官僚、大量退職の〝怪〟


経済産業省の若手官僚(キャリア職)がこの1年間に23人もの大量退職していたことが明らかになった。同省ではこれまでに15人程度辞めたことはあったが、これほどの大量退職したことは過去に例がないそうで、その理由が何なのか問題視されている。

辞めたのは入省して20年以内の若手キャリアで、採用を担当する同省秘書課では「新規分野が広がっている民間から、経産省のキャリアのある人材を求める動きが強まっているため、転職する人が増えたのではないか」と分析、若手キャリアを引き留めることに苦労している。産業界では、IT、バイオ、情報通信など次々と新しい分野でのベンチャー企業も増えており、こうした分野からの引き合いもあるようだ。転職先の多くは職場の環境面でも同省での待遇よりも恵まれているケースが多い。

入省20年。。40代
 課長クラスまで若手に含むか。。



キャリア職の中途退職が多いことについては、2014年に設置された内閣人事局の存在を指摘する見方もある。各省庁の幹部人事を同人事局が決めるようになり、政策決定についても政治主導が目立っている。


またもや内閣人事局。。
 各省に緩く網を掛けては
  いるが、これだけで霞が関が
   軍門に下るとは思っていない


内閣人事局が属する内閣官房
 それを恫喝部門で補佐する内調


経産省は、その内閣官房政権の
 手足となってきた感がある訳だ




≪柳瀬元総理秘書官が『首相案件』と。。やはり内閣官房が!≫<安倍総理の職務権限を経産省出向者《秘書官・補佐官》が>【内閣総理大臣権力を御輿に悪辣官僚群】


加計問題では、経産省№2
 柳瀬元総理秘書官が注目され


同時に総理秘書官という役職
 に改めて照準を合わせたのである


「首相案件」しかし官僚は
 首相案件とは言わず『総理案件』


実に興味深かった件である




≪日本会議と内閣官房が手を握った安倍政権≫<天皇・皇室とは相容れないカルト宗教政権>【霞が関=官僚機構は内閣官房の意のまま、日本が危機である】


西村康稔官房副長官(当時)
 彼も経産省出身の議員だが

但し官房副長官といっても
 政務副長官であり中堅どころ


彼も経産省のイメージダウン
 に実に貢献したといえるのだ




《財務省権力から安倍晋三内閣官房内閣に》≪厚労省のデタラメ毎月勤労統計だけではない、霞が関全省で共有されていなかったか≫<2005年以来日本は圧倒的多数派与党が続く>【つまり多数派政権を盾に霞が関がヤリタイ放題ではなかったのか】


そして記事にもあったように
 内閣官房首脳からの指示で

  
突然政策変更もあったに違いない




《統計不正でとうとう安倍総理が白状した!!》≪秘書官が見識で判断。でなければ『政府は回らない』≫<総理や大臣が居てなぜ回らないのか>【内閣官房に集う『総理業代行者』たちの存在】


「秘書官がそれぞれの見識で判断
 していく。それでなければ政府は回らない」


安倍は答弁カンニングペーパー
 読むだけか、それだけなのか!


安倍総理は「政治家」などではなく
 単なる総理大臣役職の議員というだけ


彼が日本の舵取りなどしていない
 ことだけは押さえておかねばならない




《そうかやっぱり!》≪安倍晋三のリベンジを実現すべく『現内閣官房・内調の面々』が≫<ひょんなことから耳に入った菅直人の”東電海水注入中止フェイク”裁判>【『安倍を御輿に翼賛体制構築』準備の一環だったのか】


内閣官房に安倍総理と昵懇
 総理夫人と縁戚関係にある
  超大物がいるのであるから


彼が
『安倍にもう人旗揚げさせたい』と
 考えたことも悪辣政権原動力の1つ




《霞が関官界覚せい剤汚染!》≪これ、もしかしたら。。5年前の『仁風林特殊接待』の余波ではないのか!≫<安倍政権を吹き飛ばすはずだったが大手マスコミ一切報道せず>【政権どころか政府が吹き飛ぶ大スキャンダルになるはずだった】


パソナ特殊接待館「仁風林」
 各省課長以上が通い詰めた

アレに象徴されるように緩み
 薬物使用の官僚も出た経産省


嫌気さし大量に辞めていく
 人間が出ても不思議ではない




《安倍が福島第一原発事故の戦犯らしい》≪サヨクの言い分は解るが、日本は官僚内閣制ということを思い出せ≫<総理大臣秘書官を通じて総理を操縦>【第一次安倍での無様な失敗➡第二次以降の超翼賛体制へ】


原子力マフィア中核経産省
 時代に合わなくなってきてないか


原発推進マフィアの中核が
 経産省出身の内閣官房大幹部




《第二次安倍政権以降の特徴『内閣官房の「影の総理」達がのさばる』》≪霞が関官僚機構に異変!≫<自民党派閥は絶滅していた>【各省事務次官があまり意味を為さなくなっている】


原発マフィアと財務省増税推進
 旧内務省に親近感持つ警察組

彼らが内閣官房内に集った
 それが特に酷いのが第二次安倍




《安倍が歴代最長総理になろうが、それは意味の無いこと》≪与党が国会圧倒的多数派を占めれば野党は存在しないも同然≫<日本では国政多数派を後押しする勢力が支配者>【問題は内閣官房が擁立の御輿が安倍だということ】


御輿がポンコツなので
 官邸=内閣官房も時には

いや常時強引なことをヤル
 それに適した人間が集まったのか




《関電原発還流マネー》≪世耕や稲田に行っていたらしいが≫<これ、内閣官房と経産省が原子力マフィアの黒幕>【昭和のようにカネではなく「省益」「影響力」「思想成就」なのでタチが悪い】


ポンコツ総理の栄達のため
 各省がある意味犠牲になった


しかし元々霞が関官庁は
 やった仕事がスムーズであれば
  それで良いというやつが多い?


総理の”天の声”時には
 声にならない声もあっただろうが


それを各省に捻じ込んだヤツがいる



関連記事
スポンサーサイト



TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/2537-945735d7