FC2ブログ
滝川クリステル、名家・小泉家の“厳しい洗礼”…純一郎元首相の元妻は追放の仕打ち


カネの管理も含めて小泉家を事実上取り仕切ってきたのは、純一郎の姉で秘書も務めてきた信子さんです。信子さんは純一郎が首相時代は首相公邸に同居し、純一郎の折々の政治決断に大きな影響を与えました。また、純一郎の元妻のAさんにかなり厳しく当たり、離婚後に進次郎たちと会うことを許さなかったのも信子さんだといわれています。


小泉進次郎にはやはり興味無い訳だ
 小泉純一郎は色々考えさせられて面白い


独身の総理大臣など初めてだった



≪小泉純一郎元首相が”財界”シンクタンク顧問辞任≫<大したことじゃない、そもそも日本の財界など>【今後、やはり気になる勢力だ】


≪小泉純一郎元総理の脱原発は良い、しかしなぜそれだけか?≫<背後勢力はいったい何者?>【特別会計・天下り法人・政府資産解体を叫べないか】


≪あの巨大団体票の影響力が№1だ!≫<特に安倍自民党の基盤を支える>【情けない時代になったが。。日本の政治・選挙はあそこの動向がカギ!!】


小泉元総理が脱原発叫ぶ
 しかし、何故それだけなのか


小泉純一郎元総理
 政党政治が存在しない21世紀
  最初の総理大臣として長期内閣


しかし、前半は議席も増えず
 苦しい政権だったのであるから

政府の長を辞め、国会議員も辞め
 罪滅ぼしは良いが、総理大臣など
  官僚の操り人形をお役御免になった
   後。。その無力感が際立つ役職

派閥が絶滅して久しい今
 元総理など何の力も無いのである




≪安倍総理のトップダウンではない、この体制≫<改憲団体と影の総理が手を組んで出来た>【その淵源は、民主党内閣で完成!野田内閣の不自然な延命は安倍総裁誕生を待っていたのだ!!】


今ですら完全100%御輿
 の安倍は、総理辞めれば悲惨だ




≪そうか、小泉純一郎元総理とスポンサーの標的は影の総理今井尚哉か!≫<以前からなぜ脱原発だけかと不思議だった>【安倍主導の体制でないことを見抜いた言動、辻褄が合う】


一瞬期待したのだが
 後継者進次郎が内閣官房
  内調の恫喝の軍門に下った




≪内閣官房と財務省他官僚機構各省が弱い総理安倍を担いだ内閣≫<何のことはない!脇甘い政権でやりたい放題>【日本会議の夢を乗せた安倍内閣がピンチに!!】


≪特定カルトが「政府=内閣官房」の《影の総理はじめ各省》と手を組んだ安倍政権≫<その御輿安倍総理に不利な勢力はパージ>【カルトと官と大手マスコミの翼賛体制】


野党がダラシナイ、かも知れんが
 支持率落さない、選挙で負けない

あの程度の総理でそうなっている
 不自然さに少しは疑いの目を向けろ




≪安倍晋三を生み出した小泉純一郎が批判する安倍政権≫<こんなデタラメ政権、《外交・災害・戦争時》には目も当てられない>【元はポンコツ党、『協力票選挙』で《無理やり多数派に水膨れ》の結果】


≪小泉純一郎元総理と小沢一郎が異例のタッグ!≫<『内閣官房』主導と『協力票』選挙と『特別会計』>【日本の政治にタブーは無い!透けて見えているのに誰も言わない救い難さ!!】


≪《小泉純一郎と小沢一郎の連携》に案外恐れ戦く『安倍御用メディア』と『安倍信者』≫<老害とか言いながら、ダラシナイ連中!この二人が組んでも議席がどうこうはならんよ>【有権者がシッカリ気付いて投票行動に生かす!それこそが民主主義!!】


結局は、公明党・創価学会が
 離れた時が決定的瞬間迎える

しかし、今や鈍感一般世論が独り歩き
 恐れていたことが起こっている感がある




≪あの疑惑の逆転総裁選2012年よりも症状が進んでいる≫<各カルト勢力と結託した内閣官房はどうせ『安倍』でガチガチに固めて来る>【期待は無いが、自民党地方票には存在感見せて欲しい】


米欧ジャーナリズムやメディアから
 バカにされても、
構わず翼賛体制
  構築するには安倍のような鈍感総理が


必要だった!と今頃気付いてももう遅い

関連記事
スポンサーサイト



TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/2448-0ab4a172